日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小塚かおる特集

仏文学者で翻訳家の堀茂樹氏

堀茂樹氏 トランプ支持者が求めたのは“差別”による一体感


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽ほり・しげき 1952年滋賀県生まれ。慶応義塾大学文学研究科修士課程修了後、仏政府給付留学生としてソルボンヌ大に学ぶ。現在、慶大総合政策学部教授(専門は仏文学・思想史)。アゴタ・クリストフ著「悪童日記」などの名訳者として知られる。近著に「今だから小沢一郎と政治の話をしよう」(祥伝社)、近訳に「カンディード」(晶文社)がある。…

都知事選では小池氏を支援して話題に

東京10区出馬の若狭勝氏語る 都連との仲介役にはならない


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽わかさ・まさる 1956年東京都葛飾区生まれ。80年中大法卒。同年、司法試験に合格し、83年から検察官。東京地検特捜部勤務は長く、副部長まで務めた。09年東京地検公安部長を最後に退官し、弁護士登録。13年参院選で自民党から比例代表で出馬するも次点で落選。14年衆院選で自民党の比例東京ブロック初当選。水月会(石破派)所属。…

言うべきことは言わないといけない

ポスト安倍睨む石破茂氏 「政策論争を避けるのは無責任」


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽いしば・しげる 1957年生まれ。鳥取県出身。慶大法卒。79年三井銀行(現三井住友銀行)入行。86年衆院選で全国最年少(28歳)初当選。防衛相、農相、政調会長、幹事長など要職を歴任。8月の内閣改造で地方創生相を退任した。鳥取1区選出。当選10回。水月会(石破派)会長。…

民進党代表選で現在“独走”状態

蓮舫・民進党代表代行 「衆院鞍替えは当然考えています」


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽れんほう 1967年、東京で台湾人の父と日本人の母の間に生まれる。幼稚園から大学まで青山学院(法学部卒)。大学在学中に「第14代クラリオンガール」に選ばれ芸能界デビュー。司会や報道キャスターを務めた後、04年参院選で初当選(東京選挙区)。現在、3期目。民主党政権時に行政刷新担当相、消費者及び食品安全担当相。…

現在2期目の鈴木直道氏

夕張市長・鈴木直道氏が断言「夕張の将来は日本の将来」


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽すずき・なおみち 1981年埼玉県三郷市出身。99年東京都庁入庁。2004年法政大法学部卒。08年夕張市へ派遣。10年内閣府地域主権戦略室へ出向。10年11月に都庁を退職し、11年4月の夕張市長選で初当選(30歳1カ月は当時全国最年少)。現在2期目。…

「言うべきことは言わなくては」と語る樋口氏

憲法学者・樋口陽一氏 「国民が求めるのは改憲ではない」


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽ひぐち・よういち 1934年宮城県生まれ。東京大学・東北大学名誉教授。法学博士。パリ大学名誉博士。国際憲法学会名誉会長。最新刊に小林節慶大名誉教授との対談「『憲法改正』の真実」(集英社新書)。…

参院選出馬について語る小林節氏

小林節氏が真意を語る 「残された選択肢は第3の旗のみ」


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽こばやし・せつ 慶応大名誉教授。弁護士、法学博士。1949年生まれ、67歳。都立新宿高、慶大法学部卒。慶大教授を経て、現職。改憲派の論客として自民党の改憲草案作成にも関わったが、立憲主義を踏みにじる内容のため反対に回った。…

「総理はいざ対等になってくると不安になる」

“安倍首相の天敵”山尾議員…無知な総理の改憲論議に異議


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽やまお・しおり 1974年、宮城県仙台市生まれの東京育ち。小6と中1の時、ミュージカル「アニー」で初代アニー役を務める。東大法卒。2002年司法試験合格、04年検察官任官。東京地検、名古屋地検などに勤務後、09年の衆院選で民主党から出馬し、初当選(愛知7区)。12年衆院選は落選するも、14年に政界復帰。現在2期目。…

猿田佐世氏「米下院の沖縄担当トップでも“辺野古”という単語を知らない」

国際弁護士・猿田佐世氏 予定調和の日米関係を打破すべき


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽さるた・さよ 1977年生まれ。早大法卒。コロンビア大で法学修士。アメリカン大で国際政治学修士。日米で弁護士登録。2013年に国境を超えて政策提言、情報発信するシンクタンク「新外交イニシアティブ」を創立し、事務局長として活躍中(会員募集中)。評議員には元内閣官房副長官補の柳沢協二氏やジョージ・ワシントン大教授のマイク・モチヅキ氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏がい…

現在も講演など精力的に活動する

100歳のジャーナリストむのたけじ氏「民衆は自ら声上げよ」


(聞き手=本紙・小塚かおる) ▽本名・武野武治 1915年、秋田県生まれ。東京外国語学校スペイン語科卒。朝日新聞記者として中国、東南アジア特派員。45年8月の敗戦を機に書いた戦争記事に責任を感じて退社。秋田で週刊新聞「たいまつ」を創刊。100歳の現在も現役記者として講演など精力的に活動。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事