日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高橋聡特集

ナゴヤドームから甲子園へ

左肩にリスクも…高橋聡「3年1億5000万円」虎入りの舞台裏


「取りに行くしかないでしょ」 阪神は23日、中日からFA宣言した高橋聡文投手(32)との入団交渉で契約合意したことを発表。通算401試合で17勝14敗1セーブ、99ホールド、防御率3.38の左腕は、3年総額1億5000万円の条件で来季からタテジマを着ることになった。冒頭は、その一報を聞いた中日OBのコメントだ。 阪神はすでに、三塁起用が濃厚のマット・ヘイグ(30=ブルージェイズ3A)と基本合意し…

オフも先頭に立ちそうな金本監督

球団社長は野球の素人 金本監督は“GM兼任”で補強陣頭指揮


FA補強も中日から中継ぎ左腕の高橋聡だけ。6月に獲得した中継ぎ右腕のサターホワイトも含めて、大物は皆無だった。 シーズン中、やたらと選手の力不足、能力の低さを責めたのは、現有戦力への不満の裏返し。このオフは金本監督の陣頭指揮で、FA糸井、大砲のテイムズ、先発、抑えと、戦力をかき集め、来季は05年以来のペナントを目指すことになるというわけだ。 ■掛布二軍監督は複数年契約 だがしかし、GM兼任の、い…

「いい準備」と笑顔の藤川

先発5回ピシャリも 阪神・藤川「リリーフ再転向」に現実味


中継ぎが揃って不調な場合は、経験、実績のある藤川に頼らざるを得なくなるだろう」 香田投手コーチは先日、八回のセットアッパーについて、「いろんな人で補うという考え方もある」と話し、榎田、高橋聡らを調子や対戦相手などを考慮して日替わりで起用することを示唆する。 藤川が先発で結果を出し続けるためにも、中継ぎの奮闘が欠かせない。…

台湾戦で存在感をアピール

侍J台湾戦で大暴れ 中日主将・平田良介に他球団が熱視線


「中日では一昨年オフに中田がソフトバンクに、昨オフに高橋聡が阪神にFA移籍した。金銭面で高い評価を得たいということが大きかった。平田は昨年、2300万円増の7000万円でサインしたが、全体的に低い査定に『今の状況では(アマ選手が)なかなか中日に喜んで入ってもらえない』と球団と徹底抗戦する構えを見せた。今オフの交渉次第では、他球団に流出する可能性がある。各球団はすでに、平田の『FA宣言』を想定し…

平田の来季は?

名古屋で最後の年俸更改? 中日・平田あっさり陥落のウラ


今オフは左腕の高橋聡が阪神にFA移籍し、外野の藤井も一度は行使を検討した。落合GMが13年オフに就任してから、井端、中田賢が他球団に流出し、和田に山本昌、谷繁と多くの選手がユニホームを脱いだからね」(中日OB) 給料は上がらず、選手がどんどんいなくなる一方で、今オフの目立った補強といえば、新助っ人のビシエドを年俸1億7000万円で獲得したくらい。前出のOBは「来年も苦戦は必至」とみている。 平田…

藤川は2年4億円で契約

藤川、高橋に大盤振る舞い 拙速補強が金本阪神のクビしめる


阪神が今オフ、藤川球児(35)を「2年4億円」、元中日の高橋聡(32)を「3年1億5000万円」で獲得したことだ。 藤川は球団の功労者とはいえ、最多セーブを記録(41)した4年前同様のパフォーマンスが、果たして期待できるのかどうか。メジャー3年間で29試合1勝1敗2セーブ。一昨年にトミー・ジョン手術を受け、回復具合も気になる。 高橋にしても最も活躍したのは5年前(63試合4勝1敗31H、防御率…

藤川の復帰は決まったが…

呉の去就待ちで“停滞”…阪神「JFK」再結成に早くも暗雲漂う


加えて同日、FA宣言した高橋聡文とも交渉。金本監督は「ジェフ・ウィリアムスのようだ」と00年代に活躍した優良助っ人左腕を引き合いに出して高く評価しており、入団は決定的となっている。 藤川に「ジェフ」とくれば思い起こされるのは「JFK」トリオ。藤川、ウィリアムス、久保田の鉄壁リリーフ陣は05年の優勝に大きく貢献した。 しかし、来季の阪神は「K」の不在に悩まされるかもしれない。 抑えだった呉昇桓はメ…

早くも方針転換か

若手育成重視からFA補強視野…金本阪神に早くも“ブレ”懸念


中日中継ぎの高橋聡文(32)がFA宣言すると、早速、獲得に動き出す構えを見せている。 このオフは、球団社長と監督、つまりフロントと現場のトップが交代したのだから、外国人補強もFAもトレードも一切せずに現有戦力で戦ってみたらどうか。ファンもそれを望んでいるはずだ。…

今年は山口(左から2人目)を囲むシーンが目立つ

山口、マシソンに“勤続疲労”見え…巨人が中継ぎ集めに血眼


FA権を取得し、それなりの実績があって所属球団との複数年契約に縛られていないリリーフ投手には、オリックスの馬原(33)、中日の高橋聡(32)、広島の永川(34)らがいる。いずれも今季は目覚ましい成績を残してはいないものの、巨人は昨年、ヤクルトから2番手捕手として39歳の相川、DeNAの構想から外れていた39歳の金城をFAで獲得している。巨人のFA補強の網が、他球団の中継ぎ投手にも伸びる可能性は…

ルナのヒットでDeNAにサヨナラ勝ち

サヨナラ勝ちで首位浮上の中日に「リリーフ陣不安」の声


5.06の又吉、3.00の高橋聡ともども、リリーフ陣がどこまで状態を上げていけるか。まだまだ安心はできない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事