日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

三井環特集

猪瀬前知事みたいになってきた

加速する「舛添降ろし」 “天敵”の都議会自民党が虎視眈々


収支報告書を精査し、不正金額が100万円単位まで積み上がりそうだったら、東京地検特捜部も重い腰を上げるかもしれません」(元大阪高検公安部長の三井環氏) もっとも、検察が動く前に都議会で“舛添降ろし”が加速する可能性がある。6年前、自民党を離党して除名処分となった舛添知事は、もともと都議会自民党と折り合いが悪い。14年2月の都知事選で自民党が舛添知事を担いだのは、脱原発を訴えた細川護煕を勝たせたく…

野党はこれで安倍政権を倒せなければオシマイだ

何が「ワナ」だ! ハレンチ“甘利疑惑”の謎と裏側の全貌


検察の裏金を告発しようとして突然、逮捕された元大阪高検公安部長の三井環氏はこう言う。 「あり得ないとは思うが、私の場合はそうだった。今の政権は何を仕掛けてくるのか分からない。ただ、口封じ逮捕なんて事態になれば、それこそ、とんでもない話です」 中国や北朝鮮と変わらなくなってきた。 ■大臣辞任は当然として本人逮捕まであるか 甘利の疑惑をスクープした「週刊文春」は、第2弾だけでなく、第3弾、第4弾も用…

検察庁は信用できない

容疑者の妻を検事総長に引き合わせたヤメ検弁護士の"素性"


元大阪高検公安部長の三井環氏はこう言う。 「元検察幹部の弁護士が検察官と会うこと自体、圧力をかけたということになる。倫理上、ありえません。大先輩の頼みだからと、後輩の検察官たちも面会を断れなかったんでしょう。本当に情けない。中津川氏としては、検察幹部に会わせることによって、弁護士としての自分の力を誇示したかったのだと思う。だが、国民から見れば、検察と弁護士が“グル”になっているように見える。絶…

頭脳優秀な「データ班」が二松学舎大付のスタメンをすべて的中

センバツに衝撃 文武両道“偏差値70”松山東のユニーク教育


野球部OBで元大阪高検公安部長の三井環氏(70)は同校出身の元愛媛県警の仙波敏郎氏(66)らと、25日の試合をアルプスで熱狂観戦した。 「僕らのころは、部員が15人しかいない弱小チームで県大会は1回戦敗退が当たり前でした。まさか、生きてる間に甲子園で観戦する日が来るとは思わなかった。思わず涙が出ました。もちろん、2回戦も観戦します」 藩校「明教館」の流れをくむ東校は、創立127年。漱石が教壇に…

笑っていられるのも今のうち…/(C)日刊ゲンダイ

小渕氏も立件? 小沢冤罪事件“主導”した新特捜部長の過去


そんな人物が特捜部長に昇進する人事はおかしい」(元大阪高検公安部長の三井環氏) かつて小沢強制起訴に並々ならぬ意欲を燃やしていた斎藤検事。あらゆる手を尽くして小沢氏を法廷に縛り付けた執念を今こそ発揮すべきだろう。 小沢秘書が起訴された政治資金規正法違反事件は、4億円の不動産購入の不記載だったが、「ドリル優子事件」で消えた裏金は10億円とも20億円ともいわれている。立件する「巨悪」としては申し分な…

いよいよ更迭秒読み/(C)日刊ゲンダイ

ついに刑事告発…松島「法相」が捜査される異常事態の行方


元大阪高検公安部長の三井環氏はこう話す。 「起訴されるか否かは、うちわが1本いくらで、合計何本配ったかが大きなポイントになります。この場合だと、公職選挙法が禁止する『寄付行為』に当たる可能性はあり得るでしょう」 松島大臣の選挙区である東京・荒川区の選管事務局長が都に確認したところ、「(うちわは)一般論としてビラとは言い難くて、公選法に抵触する可能性がある」と回答があった、と話している。 松島大…

None

有権者に寄付行為 市民団体が舛添氏を選挙違反で刑事告発


「市民連帯の会」(代表・三井環元大阪高検公安部長)は、個人演説会で来場者に「五輪バッジ」を配っていたとして、舛添本人と演説会の受付スタッフを、公職選挙法違反(寄付の禁止)の容疑で、8日警視庁に告発状を送付したという。 告発状によると、今月5日、東京都町田市のホテルで開催された個人演説会で、舛添本人と受付スタッフ数人は約500人の来場者に対し、選挙用の法定ビラと一緒に東京五輪の特製バッジ(時価3…

とうとう「都落ち」/(C)日刊ゲンダイ

特捜部に証言も 辞職した猪瀬知事を追い詰める4人の“刺客”


「おそらく特捜部は毅議員を囲い込んでいる」(元大阪高検公安部長の三井環氏)という見方もあるから、既に調書が作られているかも知れない。となれば、次に聴取されそうなのは、猪瀬の特別秘書だった鈴木重雄氏だ。 「都の公用車を使って徳洲会に5000万円を返しに行ったり、政治資金収支報告書をめぐる架空領収書の問題で『事務局長』を務めたりしている。猪瀬自身も都の総務委で『鈴木に聞いて』と名前を挙げていました。…

借用書を公開/(C)日刊ゲンダイ

後釜は小池か舛添か…猪瀬知事 辞職までのカウントダウン


告発状を提出した市民団体代表で、元大阪高検公安部長の三井環氏はこう言う。 「やりとりされたカネは選挙の買収資金だと思うが、他にも何か出てくるかもしれない。<借りた>なんてバカな言い訳が通用するはずがない。これを許したら何でもあり。すでに証拠は見つかっているのだから、特捜部は猪瀬知事を公選法違反容疑ですぐに逮捕するべきです」 ■石破幹事長や菅官房長官がソッポを向けば終わり 29日に開会する都議会も…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事