日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宮里優作特集

宮里優作は大きく出遅れ

宮里優作は6オーバー141位 “郵便切手”パー3で7打が響く

2年ぶり2度目出場の宮里優作(36)は打ち下ろしのティーショットを曲げて、グリーン左サイドの小山のブッシュの中。アンプレアブルを宣言すると、3打目はグリーンをオーバーして、さらに傾斜で右サイドのバンカーへ転がり落ちた。脱出は目の前の壁に当たって失敗。5打目にピンそば2メートルに運ぶが、ドタバタ続きに冷静さを失っていたのか、パットも外してカドラプルボギー「7」。このホ…

「ぐったり疲れた」という宮里優作

宮里優作23位が最高…全米OPで露呈した「日本人の限界」

【全米オープン】 「要所要所で日本でやっていたことが通用することがわかった」 日本人トップの通算7オーバー23位に終わった宮里優作(36)がホールアウト後にこう胸を張ったが、果たしてそうか。 スコアを3つ落として迎えた14番パー4で、2打目をカップに放り込み、連日のチップインイーグルだったが、見せ場はこれだけ。直後の15番は左ラフに曲げ、16番では60センチのパーパ…

ついにトッププロの仲間入りをした宮里優作

賞金ランク2位の宮里優作 “藍の兄”の呪縛やっと解けた

タイランド選手権に出場している宮里優作(35)が6バーディー、2ボギーの「68」をマークし、4アンダー7位と好スタートを切った。 宮里は今季、自己最高の賞金ランク2位、日本人プロ唯一の賞金1億円超を稼ぎ、国内ツアーを終えた。 アマチュア時代、数々のタイトルを獲得し、鳴り物入りでプロデビューしたが、初優勝はプロ11年目の日本シリーズ(2013年)。16度目の最終日最終…

ダンロップVで世界ランク104位に上昇した宮里優作

グリーン黙示録

勝利の可能性を求めよ

先週の男子プロの試合で優勝した宮里優作は、アマチュアの時代からその才能を認められていた。妹の藍の方が先にスターダムに入ったが、優作が年末の日本シリーズにグリーンの外から放りこんで勝ったときには、応援にきていた藍が飛び上って喜んでいた。その能力からすれば、優作はもっと早くどんどん大試合に勝ってよかったはずなのである。妹は日本女子オープンにも勝っているし、アメリカに舞台…

挑戦プロは石川遼ほか5人

“お遊び”ニアピンコンテストに頼る男子ツアーの集客力

実際、2日目終了後、当初10人を見込んでいた挑戦プロは石川遼(24)、宮里優作(36)ら6人しか集まらなかった。なぜニアピンコンテストなのかをJGTOに聞いた。 「主催者から大会を盛り上げるためにニアピンコンテストを開催できないかと打診があり、選手側も快諾してくれました。人選に基準はなく、有名選手であるとか、第3ラウンドのスタート時間を加味して主催者が決めました。…

ひとたび風が吹けば選手に牙をむく(ロイヤルトゥルーンGC)

強風も難敵 全英OPのタフなリンクス攻略は“転がし”が鉄則

日本人選手は米ツアーで戦う松山英樹(24)はじめ、谷原秀人(37)、宮里優作(36)、小平智(26)、池田勇太(30)、今平周吾(23)、塚田陽亮(31)、市原弘大(34)の8選手が出場する。 会場は2004年以来、12年ぶり9度目の開催のロイヤルトゥルーンGCオールドC(スコットランド)だ。前回の04年大会は日本ツアーに参戦していたトッド・ハミルトンが優勝した。 …

15年全英オープンでの松山英樹

グリーン黙示録

ゴルフをテレビ観戦する意味

日本の松山英樹や宮里優作らがどこまで活躍してくれるか、見るつもりである。…

フェアウエーキープに徹して帝王と戦った青木

日本のゴルフを斬る

青木功が手本 日本人選手が世界と互角に戦うには「飛ばし」より「正確性」

松山とは対照的に、2オーバーで予選を通った宮里優作はゆったりと気負いのないスイングをしていた。しかし、それでも長いホールに来ると距離を出そうとしてバランスを崩してショットが曲がり、ボギーを叩いていた。 オークモントのような距離の長いコースで、あまり飛ばない日本の選手が好スコアを出すには決して飛ばそうとしないで、いくら距離が残ってもフェアウエーをとらえることが大事だ…

タフな会場に歯が立たなかった

プロ求道

全米OP予選落ち 松山の今後に向けた課題

日本ツアーからは4選手が出場して宮里優作が通算7オーバー23位、谷原秀人が通算12オーバー51位。池田勇太と谷口徹が予選落ちでした。同じようなタフな設定でプレーしていないので仕方ないといえます。 深いラフに負けないパワーをつけ、早めに会場に入るとか、オフに渡米して粘っこいラフに慣れるということも、必要になってきます。 大会はサスペンデッドの影響で進行が遅れ遅れにな…

圧倒的なドライバー飛距離を武器にメジャー初V狙うD・ジョンソン

全米OP 昨年のリベンジ狙うD・ジョンソンが暫定トップに

谷原秀人(37)、宮里優作(35)、池田勇太(30)も3日目午前スタートで第2ラウンドを行う。…

9年ぶり9回目の会場となるオークモントCC

コースは超難設定 きょう開幕の全米OPは我慢比べ大会確実

高速グリーンなら、平均パット数ランク1位のスピースに連覇のチャンスが出てきます」(前出・吉川氏) 日本選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人、宮里優作、谷口徹の5選手が出場する。FOXスポーツの優勝予想は1位J・デイ、2位D・ジョンソン、3位R・マキロイに次いで松山が4番手に挙げられ、5位J・スピース、8位A・スコット、10位B・ワトソンよりも上だ。日本人初のメジャー制…

最年少V記録更新のヘンダーソン

プロ求道

新鮮味があった全米女子プロ「10代2人」のプレーオフ

日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人、宮里優作、谷口徹の5選手が出場しますが、タフな米ツアーを主戦場にしている松山以外は苦戦を強いられると思う。日本から挑戦していきなり通用するほど甘くありません。粘っこいラフなど、日本にない設定に最初から負けてしまう。ピンはタフなところに切られており、逃げたら上位進出は不可能です。かといって狭いエリアを狙っていくだけの技がなけれ…

15年全英オープンでの松山英樹、彼だけが予選通過だった

5年連続8人出場 全英OPで日本人プロはなぜ優遇されるのか

すでに日本オープン覇者の小平智(26)、昨季の賞金ランク2位以内で宮里優作(35)、先月のミズノオープンで出場資格を得た今平周吾(23)、谷原秀人(37)、市原弘大(34)に加え、日本ツアー選手権終了時の賞金ランク2位以内で池田勇太(30)と塚田陽亮(31)が新たに出場権を獲得。米ツアーの松山英樹(24)と合わせて計8人が出場。これは5年連続のことである。ちなみに…

全英オープン出場が決まっている宮里優作

ミズノOP上位4人は全英出場…メジャー切符は外国人独占か

それでも昨季賞金ランク2位の宮里優作(35)、日本オープン覇者の小平智(26)の出場が決定しており、池田勇太(30)も6月上旬の時点で、現在の賞金ランク2位をキープすれば出場できる。しかし、昨年の全英オープンには日本人プロが8人出場したが、松山英樹を除く7人が予選落ちと、日本ツアーからの出場者は全滅。チャンスを生かすことができなかった。 作家でゴルフ評論家の早瀬利…

青木会長もサイン会に参加したが

男子ゴルフ「チャリティーサイン会」で“写真NG”への疑問

最終日、最初にサイン会に登場したのは、第1組でホールアウトした選手会長の宮里優作(35)。サインをもらった初老の男性が「一緒に写真を撮らせてもらってもいいですか」と声を掛けると、宮里は「写真撮影はお断りしてるんです」とすげなかった。その場に大勢が並んでいるわけでもなく、寄付した人にしたら写真の一枚ぐらいいいじゃないかという雰囲気だった。 なぜなのか。宮里を直撃した…

池田勇太

日本のゴルフを斬る

池田勇太は選手会長だったから賞金王に無縁だったのだ

これは池田の後を受け継いで会長になった宮里優作にもいえることだ。彼は大学を出て「いつ勝ってもおかしくない」といわれながら、13年の日本シリーズがツアー初優勝である。35歳になっているけれど、そういう意味ではこれからが楽しみな選手だ。しかし、彼の性格からすれば何をおいても選手会長の仕事を一生懸命やるに違いない。そうすると、自分のゴルフに没頭できないので、勝つことはむ…

選手会長の宮里優作プロ

アマと同ティー4Hだけ 男子プロは開幕前からサービス欠如

選手会長の宮里優作(35)は「アマと同じティーでもまったく問題ない。それで調子が乱れるようならプロじゃない」と胸を張ったが、はたしてそれが主催者へのサービスといえるのか。 「男子プロはまだ何もわかっちゃいない。4ホールじゃなくて、全ホールでゲストと同じティーから打てばいい」と指摘するのは評論家の菅野徳雄氏だ。 「だいたい男子プロの多くはプロアマ戦に出場するのを面倒だ…

現役出場にこだわりを持ち、いったんは選手会の要請を断った青木功

日本のゴルフを斬る

男子ツアーはトップの首すげ替えても変わらない

海老沢勝二会長がすでに辞任を表明しているので、選手会(宮里優作会長)は青木功に新会長の就任を強く要請している。 海老沢氏はNHKの会長時代はエビジョンイルとまでいわれ、強力なイニシアチブを発揮したことで知られている。 当時の選手会はNHK時代の広い人脈や手腕に期待して会長就任を要請したはずだった。 試合数を増やすため、海老沢会長自ら20社以上の企業を「営業」で回った…

池田勇太は通算13勝

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

池田勇太 芯でボールを打ち抜く再現性の高いスイング

今季は会長の座を宮里優作プロに譲り、肩の荷を下ろしただけに、さらなる活躍の予感がします。 オンプレーンに上げてオンプレーンに下ろす機械的なスイングが目立つ昨今の若手プロの中にあって、池田プロのスイングはとても個性的に見えます。 そして、その個性がスイングに躍動感を与えています。いわゆる“球さばき”に優れているのですが、インパクトの再現性が抜群に高いのが特徴です。 …

None

日本のゴルフを斬る

日本人プロが学ぶべき スピースの左ひじの使い方

主力選手は池田勇太23位、宮里優作と小平智が28位、小田孔明55位、リオ五輪代表を狙う片山晋呉は予選落ちだった。 欧州ツアーのアブダビから駆けつけた招待選手のジョーダン・スピースは優勝スコアに1打及ばなかったが、最後まで魅せてくれた。左利きで右打ちのスピースのスイングは変則打法だとよくいわれる。確かにグリップから変わっていて、ショットをするときも、パットをするときの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事