日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小林悠特集

TBS小林悠アナウンサー

真相は藪の中 デート報道のTBS小林悠アナ“電撃退社”の波紋


「健康上の理由」のため、4日にTBSを依願退職したと、同局からのファクスで発表された小林悠アナウンサー(30)。電撃退社の引き金は、今年2月、六本木の高級ホテルなどでの実業家の男とのデートを報じた「週刊ポスト」の記事とみられている。 4日のスポーツ紙は、知人の話として、「周りから結婚するの? と聞かれる。詮索されるのがつらい」と漏らしていたという。また、デートを報じられた相手の男に「少なくとも別…

5日の練習で明るい表情の代表の面々

本田抜き奏功 ブルガリア戦勝利を呼んだ選手間の“流動性”


トップの岡崎、トップ下の香川、右の小林悠、左の清武は、流動的に動きながらワンタッチ、ツータッチでボールを素早く回した。そういったシーンが繰り返されるたびに、「左膝痛でベンチを温めていた彼がピッチにいたらどうなったのだろうか?」と思わないでいられなかった。 本田がいたら、彼のところでボールが止まってしまう。本田が足元でボールを受けた瞬間、日本の攻撃からスピード、アジリティー(俊敏性)が失われ、選…

セレブ企業家と交際中

NEWS23抜擢の小林悠アナ デート報道で蘇る山本モナの記憶


入社8年目のTBSの小林悠アナウンサーが、「週刊ポスト」にデート写真をキャッチされた。小林アナは30歳、独身。デートは自由にしても構わないのだが、例の岸井降板騒動を受けてこの3月からTBSの看板報道番組「NEWS23」のメーンキャスターを担当する星浩氏のサポート役に抜擢されただけに、関係者は気をもんでいるだろう。 小林アナがホテルデートを撮られたのは、六本木の高級ホテル。高層階のバーラウンジの夜…

川崎フロンターレの小林悠

10代の新顔も ハリル日本代表「サプライズ招集」候補の名前


14年10月、アギーレ前監督に初めて代表に招集された小林悠(27)。機敏な動きで相手DFの背後を陥れ、シュートに持ち込むプレーが持ち味だが、開幕戦(横浜M戦)の1ゴール・1アシストがハリルホジッチの目に留まったともっぱらだ。 「プレー自体の幅が広がり、サイドアタッカー以外にワントップもこなせる。昨年の代表招集に刺激を受け、意識の面でも向上した。川崎の風間監督に聞くと『苦手のトラップをどうやってレ…

手倉森“次期”監督の青写真も

ハリル消沈…代表合宿はさながら“手倉森新党”旗揚げ前夜


3組に分かれてボール回しが始まり、リオ五輪組に柏木と永木、そしてイングランド・サウサンプトンDF吉田麻也(28)、フランス・メッスGK川島永嗣(33)、川崎FW小林悠(29)が同じボール回しの輪に入り、まるで手倉森新党の構成メンバーのようでした。ちなみにボール回しの最中、手倉森コーチはキャプテンを務めるフランクフルトMF長谷部誠(32)と話し込んでいた。その間、ハリルはピッチの脇で日本人通訳と一…

今季セリエA3戦目で初プレー

伊メディア提案 「本田ボランチ」は日本代表でこそ生きる


「日本代表にはW杯最終予選メンバーに選ばれたFW原口元気(25)、FW武藤嘉紀(24)、FW宇佐美貴史(24)、FW小林悠(28)などチャンスメークし、シュートに絡める選手が多い。だからといって本田をベンチに下げるのは得策ではない。本田のメンタルの強さ、勝負強さ、試合の流れを読む力などはまだまだ必要です。ボランチでテストしてみる価値は十分にあると思います」 ハリルホジッチ監督、いかがでしょう?…

岡崎がヘッドで先制点

本田のいない日本代表はすぐ “後釜”に求められる素質とは


ブルガリア戦に先発した攻撃系の選手はトップにFW岡崎慎司(レスター)、トップ下にMF香川真司(ドルトムント)、左サイドにMF清武弘嗣(ハノーバー)が入り、本田の定位置の右サイドには、代表4試合目のFW小林悠(川崎)が起用された。 試合は前半4分、岡崎がヘッド一発。27分に香川がヘディングシュート。香川は35分にも反転左足シュートを決め、その3分後にはDF吉田麻也(サウサンプトン)が4点目。相手…

膳場アナの現場リポートに期待

TBS「報道特集」が示す ニュースに向き合う“報道の基本”


4月から小林悠に代わり「NEWS23」の膳場貴子が加わったTBS系「報道特集」(土)。新たな番組に移っても金平茂紀をはじめとするレギュラーや記者と的確にやりとりし、中身を多角的に掘り下げる姿勢、滑舌の良さは相変わらずだ。 7日は36年ぶりに開かれた北朝鮮の朝鮮労働党大会取材のため平壌入りした日下部正樹が現地からリポート。肝心の党大会の取材はNGで、街並みや市民の暮らしにフォーカス。膳場はトランプ…

Jリーグ史上初の「3年連続得点王」の大久保

J最多G大久保嘉人が見た“点取り屋”のライバルたち


「Jリーグでゴールを量産していたら、呼ばれる可能性はゼロじゃないと思うし、少なくとも心構えをしておくことは、非常に大事だと思います」 ――川崎のチームメートで35歳のMF中村憲剛選手、2トップを組んでいる現役日本代表FW小林悠選手(28)の3人が日の丸をつけて競演して欲しい。そう期待しているサポーターは、少なくないと思います。 「憲剛さんは(いつ呼ばれてもやれる)自信はあると思いますよ。オレで…

Jリーグ史上初の「3年連続J1得点王」の大久保 

「代表に呼んでほしい!」 J最多ゴール大久保嘉人が直言


(FC東京は)中盤に(川崎の)選手がフリーでいてもDFラインを上げてくるので(DFラインの裏を)突くことを考えながらプレーしました」 ――81分に日本代表FW小林悠選手(28)が勝ち越し点となるチーム3点目を決めましたが、その前に2度ほど決定機を外しました。 「試合中に『大丈夫?』と声を掛け、試合が終わってからは『なぜ外したの?』と冗談交じりに言っておきました。外した時、チームメートが唖然として…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事