日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

堺屋太一特集

「団塊の秋」堺屋太一著


(祥伝社 1700円)…

石村賢一さん

【Eストアー】 石村賢一社長 購入後iPadにデータ保存


30歳を過ぎて速読法をマスターしたので、今でも1日2冊は読みますね」 お気に入りの作家は、堺屋太一、大前研一、船橋洋一。3人の作品は、iPadに全部入っている。 「経済系で未来予測している人たちで、その予測が的確でワクワクします。堺屋さんの本とのお付き合いがいちばん長く、20代半ばに米国に留学していた時、偶然、読んで以来。私が当時いた米国の一部の様子は将来の日本の姿と予測していて衝撃的でした。1…

京都大学大学院教授の藤井聡氏

京大大学院・藤井教授が警告「橋下維新が暗示する日本の危機」


唯一の賛成派学者にカウントしたのは、「専門的大学人」でなく「特任教授の経験あり」という経歴の堺屋太一さんです。 ――堺屋さんは「経済人・大阪維新の会」の最高顧問や維新政治塾の名誉塾長に就任されているから、利害関係者というか、維新の“身内”ですよね。有識者の多くが反対しているのに、その声が大きくならないのが不思議です。 皆、バッシングを受けることを恐れているのだと思います。橋下市長の意にそぐわない…

大阪本社にも接待施設(右は南部代表)/(C)日刊ゲンダイ

ASKA事件が暴く 安倍首相と派遣規制緩和の闇(上)


オリックスの宮内義彦会長ら大物財界人の名前を何人か聞いたことがあります」(在阪マスコミ関係者) 大阪といえば橋下維新だが、08年に橋下徹が府知事選に出馬した際、堺屋太一氏らとともに南部代表が応援団のひとりだったのは知られた話だ。 「南部が出た兵庫県立星陵高の1学年上には、『過労死は自己責任』発言で物議を醸した人材派遣会社『ザ・アール』の奥谷禮子社長がいる。70年代に『ベンチャー三銃士』と称された…

議員会館の会議室で話す古賀茂明氏/(C)日刊ゲンダイ

骨抜きにされた「公務員改革」 “脱藩官僚”らが怒りの緊急提言


現在内閣官房参与に就いている元経企庁長官の堺屋太一氏も加わる予定だったが、「官邸からストップがかかった」(関係者)という。 現役の内閣参与までが反旗を翻そうとした公務員制度改革法案は何がヒドいのか。 「問題は主に3点あります。まず天下りの拡大策になっていること。現役出向という名の天下りがすでに行われていますが、『民間交流を拡大する』という名の下に、出向先を『公共政策大学院大学』などの民間大学にも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事