日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大西英男特集

問題の会合で発言する百田尚樹氏(左)

木原氏更迭では済まない 安倍政権は「勉強会発言」が命取りに


問題の発言を行ったのは大西英男(東京16区)、井上貴博(福岡1区)、長尾敬(比例近畿ブロック)の各衆院議員(いずれも当選2回)だとして、3人を厳重注意とするなど火消しに躍起なのだが、これで一件落着になると思ったら大間違いだ。 問題の会合に出席していたのは加藤勝信官房副長官(岡山5区・当選5回)をはじめ、約40人。「マスコミを懲らしめるには……」以外にも「不買運動を働きかけてほしい」などの暴言が相…

15日午前、登庁した舛添都知事

ようやく辞表提出 “史上サイテー知事”が辞めた後を分析


「巫女さんのくせに」と女性蔑視発言を放った大西英男衆院議員、JA関係者をぶん殴った山田俊男参院議員と、枚挙にいとまがない。 中でも究極のゲスは、“口利きワイロ”疑惑で揺れる甘利明前大臣だ。1月28日の辞任会見では、第三者委による調査を早期に報告すると約束したが、いまだになし。今月6日には急に記者会見を開き、調査報告を棚に上げシレッと「政治活動を再開する」と言ってのけたのだから、開いた口が塞がらな…

付けるクスリがない大西英男議員

「巫女のくせに」は作り話 自民・大西議員なぜ暴走続く?


自民党の大西英男衆院議員といえば、3月に巫女さん発言で顰蹙を買った政治家。所属する細田派の総会で「自民党はあまり好きじゃないと言うとは、巫女のくせに何だ」と発言。女性と職業への蔑視と受け取られかねないとして、自民党幹部から猛反発を受け、ブログで「申し訳ございません」と謝罪した。 ところが今月4日、この発言内容がウソだったことが明らかに。巫女さんに文句をつけたのはウケを狙った作り話だったというの…

現場の気持ちが分かってない

差し入れ要求で対策本部長“解任” 松本副大臣は妄言だらけ


そういえば「巫女さんのくせに」発言の大西英男・衆院議員も都議出身。都議はロクなのがいないのか。…

北海道5区補選でも安倍を追い詰める(中央が“統一候補”の池田真紀氏)

乙武騒動が追い打ち 安倍自民を襲う「女性の怒り」の連鎖


参院選で自民党からの出馬が固まっていた乙武洋匡氏の不倫騒動、大西英男衆院議員の「巫女さんのくせに」発言――。今週も安倍自民党がらみの「女性を敵に回す言動」が相次いだ。自民党内からはこんな嘆き節が聞こえてくる。 「いやな流れだ。政局においてこういうことが、ままあるんだ。誰かが仕組んだわけでもなく、一つ一つは別々の無関係な出来事なのに、結果的につながってくる。次から次へと『女性の怒り』を招いている現…

「マスコミ懲らしめ」発言の反省なし

自民・大西議員 今度は反原発コメンテーターを「個別撃破」


「マスコミ懲らしめ」発言の大西英男衆院議員(68)が、今度は、反原発コメンテーターらを「個別撃破」するよう求めていたことが分かった。 大西議員は30日、自民党本部で開かれた原子力政策に関する会合で、「安保法制が一段落つけば、九州電力川内原発が再稼働になるが、この問題にマスコミの攻勢が行われる」と指摘。原発に批判的なテレビコメンテーターらに関し、「個別にどんどん正確な知識を知らせていくべきだ。各個…

大西議員(右)と長尾議員

野党は「マスコミ懲らしめ」発言3人を政倫審に呼ばないのか


自民党の勉強会「文化芸術懇話会」で飛び出した大西英男議員(68)ら3人の「マスコミ懲らしめ」発言への批判は、収まる気配がない。 大西は厳重注意を受けた翌28日、自身のブログで「心より反省」と釈明しながら、30日には「誤った報道をするマスコミは、懲らしめなければいけないんじゃないか」と、再び国民をバカにした発言をしている。 長尾敬議員(52)も30日に「処分は謹んで受ける」と話す一方で、「沖縄メデ…

反省ゼロの大西議員

また“マスコミ恫喝” 懲りない自民・大西議員のアタマの中


自民党の勉強会で「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番」と発言し、党執行部から厳重注意を受けた大西英男衆院議員(東京16区)。少しは反省しているかと思ったら、とんでもなかった。6月30日も記者団に向かって性懲りもなく「(マスコミを)懲らしめる気はある」と再度、発言したのだ。 大西議員は国会内で、安保法制が徴兵制につながる恐れがあると指摘する報道に対し、「そう報道している一部マス…

自民党「1年生議員」の当確は25人/(C)日刊ゲンダイ

首都圏や愛知で大苦戦…安倍チルドレン「90人落選」も


確実に勝ち上がってきそうなのは、千葉2区の小林鷹之、神奈川17区の牧島かれん、東京16区の大西英男の3人くらい。たとえば、東京2区の辻清人は厳しいでしょう。前回、敗北した民主の中山義活は、もともと有権者の評判がいい。さすがに、今回は落とさないと思う。首都圏でドミノのような現象が起きれば、全体のムードも変わってきますよ」(政界関係者) 「民主王国」だった愛知と北海道もチルドレンは厳しい。愛知は全員…

大西議員は筋金入りのヤジ将軍(左は上西議員)/(C)日刊ゲンダイ

記者クラブの怠慢で…2カ月も黙殺された国会セクハラやじ


4月の衆院総務委員会で、日本維新の会の上西小百合議員(31)に「子供を産まないとダメだ」とセクハラやじを飛ばした大西英男議員(67)。 当初はマスコミの取材に「覚えていない」とスットボケていたが、4日、自分の発言と認め、上西に電話で謝罪、自身の公式サイトにも謝罪文を掲載した。 大西は東京16区(江戸川区)選出。区議4期、都議4期の経験がある。都議時代には自民党幹事長も務めた。地元を回ると、意外…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事