日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

今いくよ特集

B&B

B&Bの東京進出で漫才ブームが始まった


巨人 当時の大阪は松竹にも春やすこ・けいことかもおったし、もちろん僕らや紳竜のほかにも太平サブロー・シローがいて、少し先輩ではザ・ぼんちさんに西川のりお・上方よしおさん、今いくよ・くるよさんもいた。 阪神 いくよ姉さんは先日、残念ながら亡くなられてしまったけど、15年くらい前には、坂田利夫師匠と「独身同士でどうや」って、みんなでくっつけようとしたこともあったな。あの頃、踏ん切りがついていたら結…

オール阪神・巨人

漫才ブームでも東京に行けず関西の舞台に“出ずっぱり”


ザ・ぼんち、紳助・竜介、今いくよ・くるよと全国的にはまだ無名だった仲間たちが次々と人気者に。だが、2人は微妙なポジションに立たされていた――。 巨人 漫才ブームの中心からはちょっと置いていかれた感じでした。ブーム前は劇場でも、もうトリの2つ、3つ前の出番になるくらいの人気はあったんです。ところが、この時の吉本は「阪神・巨人はもう名前も売れてるし、まだええがな。だいたい、おまえらがおらんかったら、…

オール阪神・巨人

岡八朗師匠に弟子入り 「絶対続けへん」と言われたけど…


ところが、当時の島田師匠には一の介さん、今いくよ・くるよさんがいて、紳助や洋七さんもおったし、とにかくお弟子さんがたくさんいて、もうこれ以上、弟子は取れへんって言われたんです。 今のNSC(吉本総合芸能学院)みたいな学校もないし、芸人になるには誰かの弟子になるしかない時代です。ほんで、もうどこでもいいですわってなったところ、ちょうど岡八朗さんが弟子に逃げられて、身の回りの世話をしてくれる人を探し…

会見で号泣する今くるよ(右)

急逝の今いくよさん スポーツ紙「訃報独占スクープ」の“裏側”


漫才コンビ「今いくよ・くるよ」のいくよ(本名・里谷正子)さんが亡くなり、29日、相方のくるよが涙の会見を開いた。ずっと付き添っていた相方くるよさんの憔悴ぶりは痛々しいほど。 ところで、この訃報では「なぜ?」「どういうことだ!」と関係者が騒然としたという。理由は訃報をスポニチ一紙が独占で伝えたからだ。 横並び、一斉報道が主流の昨今の芸能マスコミで訃報の一紙抜きは極めて珍しい。所属の吉本興業は、てん…

漫才コンビ「今いくよ・くるよ」、右がいくよさん

女性漫才師の今いくよさん急死 67歳…今月も舞台に出演


ベテラン漫才コンビ「今いくよ・くるよ」の今いくよさんが28日午後、大阪府内の病院で亡くなった。67歳だった。 昨年9月8日に胃がんが見つかり、17日に入院。手術はせずに、抗がん剤治療などで回復。12月3日には祇園花月の舞台で復帰した。その後も闘病しながらステージに立ち、今月11日までは舞台に出演していた。 京都府出身で高校卒業後に会社勤めをしたあと、73年にくるよとともにコンビを結成。太めのくる…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事