日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

渡辺謙特集

完成披露試写会に登場した出演者たち

初ドラマ化「沈まぬ太陽」 上川隆也は渡辺謙を超えるか


09年に渡辺謙(56)主演で映画化された際も各方面に物議を醸し、空港シーンは海外で撮影するなどロケ現場ひとつとっても難航したのだった。 今回のWOWOW版は同局開局25周年イヤーを記念した作品。来月8日22時~の初回(無料放送)を含め、全20話にわたって描く。タンザニアやドバイでの海外ロケも行う大プロジェクトで、その制作費は「ドラマW枠で最大規模」(関係者)という力の入れようだ。 初回から空港や…

原発再稼働も批判した渡辺謙

渡辺謙もツイッターで新国立批判「お金かかり続ける体育館」


新国立競技場の2520億円という巨額の工事費に批判が噴出しているが、俳優の渡辺謙までもが苦言だ。滞在中のニューヨークからツイッターでこうつぶやいた。 〈不思議なニュース、一杯国に借金があって建て直さなくちゃいけないのに、ずーっとお金がかかり続ける体育館を建てて世界に驚いて貰おうとする〉 新国立については、9日、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が業者と初の契約を結んだ。スタンド部分を建…

渡辺謙の夢はかなわなかった/(C)日刊ゲンダイ

熱烈虎党の渡辺謙 悔しさ滲ませ「阪神は優勝する資格ない」


阪神ファンで知られる俳優の渡辺謙(55)は甲子園を皮切りに、このヤフオクドームでも試合を観戦し続けた。 30日の試合後、自身のツイッターで「終戦。夢は終わり」と短くつぶやいた渡辺。試合前には「もう無くすものも恐れるものも何もない。今日を生きる。明日に向かって撃て!」と、映画のタイトルをもじったコメントで阪神の奮闘を祈っていたものの、かなわぬ夢に終わった。 日刊ゲンダイは、ヤフオクドームでの観戦を…

渡辺謙&南果歩夫妻と気仙沼のカフェ

被災地に寄り添う渡辺謙 NYから毎日“直筆FAX”の心意気


そんな中、他とは一線を画した復興支援をひっそりと続けているのが渡辺謙(56)だ。 宮城県気仙沼市の港にある「気仙沼復興商店街」。そこに自身がオーナーを務めるカフェ「K-port」をオープンさせたのは震災から2年半後の2013年11月のことだった。設計は渡辺が親交のある建築家・伊東豊雄氏にオファーし、芝居小屋をイメージしたデザインに。時にイベントスペースとして使用されることもあるそうで、カフェの存…

妻のアドバイスで救われた

【渡辺謙さんのケース】白血病治療が新たな胃がん“誘発”か


先日、早期胃がんで手術を受けたことを公表した俳優・渡辺謙さん(56)のことです。これまで報道されたことからの推察で断定はできませんが、ひょっとするとピロリ菌感染ではない可能性が考えられるのです。 渡辺さんは1989年に急性骨髄性白血病との診断を受けています。私が「ひょっとして」と思ったのは、この白血病の治療との関連です。 血液には、酸素を運ぶ赤血球、細菌やウイルスから身を守る白血球、止血作用を持…

がんについて告白した樹木希林(左)と渡辺謙

がん告白相次ぐ 渡辺謙は早期で療養、樹木希林は治療再開


早期の胃がんであることを公表したのは渡辺謙(56)。妻、南果歩(52)の勧めで人間ドックを受けたところ胃がんを発見。 幸い、早期だったため内視鏡手術を受けて現在は療養中だ。再演予定だったブロードウェーミュージカル「王様と私」はスタートが延期になるという。渡辺は89年に急性骨髄性白血病を患い、再発するも現在は克服している。 ■「クロ現」で“国谷推し”発言 9日のNHK「クローズアップ現代」の生出…

None

「王様と私」渡辺謙が逃したトニー賞はどのくらいスゴイのか


渡辺謙(55)が王様役を演じた主演ミュージカル「王様と私」でトニー賞主演男優賞を逃し、芸能マスコミが騒いでいる。「米演劇界で最も権威のある賞」だそうで、マスコミは落胆一色だが、そもそもトニー賞ってどれくらい偉いの? 「演劇の世界では『トニー賞』は“アメリカで”どころか世界で最も権威のある賞です。ほかにイギリスのオリヴィエ賞、フランスのモリエール賞などがありますが、比べものになりません。権威でいえ…

舞台人としての真価が問われる

「聞き取れず」の酷評も 渡辺謙にブロードウェーのシビアな目


よっしやぁ!」 ツイッターでこう吠えたのは俳優の渡辺謙(55)。大の虎キチだけに、74年ぶりの開幕戦サヨナラ勝利に黙っていられなかったのだろう。 しかし、その渡辺、現在は米ブロードウェーでミュージカル「王様と私」のプレビュー公演に出演中だが、ひいきチームほどの勢いは感じられないという。12日のプレビュー初日から一夜明けた13日の会見を報じた日本のマスコミは「満員の大盛況」「カーテンコールは総立ち…

(C)日刊ゲンダイ

杏と半同棲 東出昌大が“お義父さん”渡辺謙と初共演の期待


息子」で、杏の実父である渡辺謙(54)と初共演することが発表された。しかも、配役は“義理の父子になるかもしれない”という実生活を先取りしたような関係性。渡辺は見合いの末にフラれる男役。諦めきれず、せめて彼女の息子に会いにアルバイト先のコンビニへ行くのだが、この息子役が東出なのだ。東出が「尊敬する大先輩の胸に飛び込み、食らいつく勢いで、お芝居に臨んでいます」と言えば、渡辺は「東出君は僕の胸を借りる…

渡辺謙

東北の現状を伝えるのは役者の責務


「冷酷な忘却の自覚」と渡辺謙は言った。東日本大震災から5年、度重なる災害と被災地の現状を聞いたときだ。 「ことしの春、熊本の皆さんが大地震に見舞われましたよね。震災被災という観点で、それまで東北に向けられていた世間の目は熊本に移行していった。良い悪いじゃなく、そういうものなんだって東北の人たちは自覚していました。実際にそうなっていくんで、自覚せざるを得なかったと思う。あの大震災のこと、いまだ復興…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事