日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宮内義彦特集

オリックスの宮内元会長は断トツ

報酬54億円 “政商”オリックス宮内元会長がやってきたこと

オリックスの宮内義彦元会長(79)の巨額の役員報酬には、ただただ驚くしかない。東京商工リサーチの役員報酬調査によると、宮内氏の15年3月期の役員報酬は実に54億7000万円だ。ソフトバンクのロナルド・フィッシャー取締役や日産自動車のカルロス・ゴーン社長らを抑え、15年3月期でトップだった。 宮内氏は昨年6月に役員を退任し、シニア・チェアマンに就任。54億のうち8割は…

アローラ前ソフトバンク副社長は64億円!

格差どこまで…「役員報酬トップ30」凄まじい“富の集中”

昨年のオリックスの宮内義彦元会長(54億7000万円)を抜いて、歴代最高となった。 2位は同じくソフトバンクのロナルド・フィッシャー取締役で20億9600万円。3位はアオイ電子の創業者で6月末で会長を退任した大西通義名誉会長で11億6800万円。特徴的なのはトップ10のうち、ナント6人が外国人だったことだ。東京商工リサーチ情報本部・坂田芳博氏はこう言う。 「昨年の大…

週末オススメ本ミシュラン

やっぱり郵政民営化は郵政私物化であり、郵政米営化だった

オリックスグループ議長の宮内義彦氏、三井住友銀行頭取の西川善文氏、ザ・アール社長の奥谷禮子氏(いずれも当時)は、小泉構造改革推進の立役者だ。彼らが、郵政の利権を貪ったというのが「私物化」だ。 そして、「米営化」というのは、ゆうちょマネーを米国の資金繰りに使いたいという米国の思惑だ。米国は、90年代から、ゆうちょと簡保の民営化を強く要求してきた。すでに、郵政は、リス…

竹中平蔵

必要なのかこの人 社外取締役名鑑

オリックス【竹中平蔵】政治絡む利権漁り 名人芸か天才か

オリックスの宮内義彦・シニアチェアマン(80)は小泉構造改革の同志だった。ここで言うところの構造改革とは新自由主義に基づく規制緩和と民営化、市場重視の競争原理の導入である。 小泉政権時代、オリックス会長(当時)の宮内義彦が規制改革推進会議議長で、竹中平蔵は経済財政政策担当相。推進会議がまとめた規制緩和の重点項目を経済財政諮問会議で検討。政策に積極的に取り入れた。経…

改革を大筋で受け入れたJA全中の万歳会長/(C)日刊ゲンダイ

独禁法適用でトドメ 安倍政権が狙う「農協潰し」次の一手

第1次小泉政権時代の01年に内閣府に置かれた首相の諮問機関「総合規制改革会議」(当時の議長は宮内義彦・オリックス会長)が02年にまとめた「第2次答申」が発端だ。この中で改革会議は、経済活性化のために重点的に推進すべき策として「農協の事業運営の見直し」「農協系統事業の見直し」などを提言。これが今回の「農協改革案」のベースになっている。 ちなみに同じ答申で「労働者派遣制…

12月の主なIPO銘柄/(C)日刊ゲンダイ

来年90社前後が新規上場も…IPOラッシュの“落とし穴”

オリックス元会長の宮内義彦氏の息子のベンチャー「ビーロット」は一時、高値が公開価格の9倍を超え、USENの宇野康秀会長の「U―NEXT」はストップ高続きで絶好調。が、この2社はレアケースで、初値こそ公開価格を上回ったものの、その後ストップ安に沈んだり、初値が公開価格を下回って低迷する銘柄の方が目立つ。 アマゾンのフルーツを輸入販売する「フルッタフルッタ」は公開価格…

ビーロット公式ホームページ

謎のベンチャー「ビーロット」株急騰 裏に“平成の政商”あり?

■「宮内氏の息子が手掛けるビジネス」との思惑 「実は社長の宮内誠氏(45)の父親は、オリックスグループの元会長・宮内義彦氏(79)なのです。義彦氏は“平成の政商”と呼ばれ、規制緩和を旗印に濡れ手で粟のビジネスを展開してきた。一線を退いたとはいえ、今でも政財界に太いパイプを持っている。その息子が手掛けるビジネスなのだから、『何かある』『損はしない』と人気が集まったの…

メジャーでの評価はガタ落ちのイチロー/(C)AP

37億円補強のオリックス企むイチロー獲得の“ウルトラC”

宮内義彦オーナー(79)は今年6月、30年あまり率いたオリックスグループの会長兼CEOを退任した。もともと大の野球好きで知られる人が球団オーナーに専念、本体の規模や業績も以前とは比較にならないほど膨れ上がり、本気で19年ぶりの優勝を狙うだけの状況が整ったのだ。 ■メジャーではレギュラー保証するチームはなし メジャーはいま、ウインターミーティングの最中。スポーツ紙に…

オリ残留か、国内移籍か?/(C)日刊ゲンダイ

金子メジャー先送り 球団が「入札金」より固執するリーグ優勝

キーマンは宮内義彦オーナー(79)だった。宮内オーナーは去る4日、今回の金子の問題に関して、「FA資格は尊重するが、引き続き我がチームの一員と思っている。引き留めるのも球団の仕事。球団が努力するに限る」と発言。入札制度(ポスティングシステム)を利用してのメジャー挑戦に否定的なスタンスを明らかにした。 オリックスは2000年オフ、イチローの入札制度によるメジャー挑戦…

「規律は守る」と原監督(左)/(C)日刊ゲンダイ

オリ金子で場外乱闘勃発 ソフトB企む“荒業”に巨人が嫌悪感

そのオリックスは宮内義彦オーナーが『絶対に必要な戦力』と引き留めを厳命していて、破格の年俸5億円の3年契約を用意した。球界では、宮内オーナーが最警戒するソフトバンクが果たして金子にいくら用意するのか、が注目されています」(マスコミ関係者) ソフトバンクは4年28億円以上の破格条件で金子を迎え入れたうえで、本人が望んだ場合は来オフのポスティング移籍を認める意向もあると…

大阪本社にも接待施設(右は南部代表)/(C)日刊ゲンダイ

ASKA事件が暴く 安倍首相と派遣規制緩和の闇(上)

オリックスの宮内義彦会長ら大物財界人の名前を何人か聞いたことがあります」(在阪マスコミ関係者) 大阪といえば橋下維新だが、08年に橋下徹が府知事選に出馬した際、堺屋太一氏らとともに南部代表が応援団のひとりだったのは知られた話だ。 「南部が出た兵庫県立星陵高の1学年上には、『過労死は自己責任』発言で物議を醸した人材派遣会社『ザ・アール』の奥谷禮子社長がいる。70年代に…

六回ダメ押し点に盛り上がるベンチ/(C)日刊ゲンダイ

オリックス 首位争いよりナインが気にする「ドン」の去就

原因は5月初めに明らかになった宮内義彦会長兼グループ最高経営責任者(78)の経営トップからの退任だ。 89年の球団買収以来、当然のことながら球団にも絶大な影響力を保持してきた。そんな球団の後ろ盾でもあった総帥が6月に退任する。しかも、ここ数年Bクラス続きの球団に厳しい目を向けているといわれる井上亮社長(61)が本社トップに就任する。球団全体に緊迫ムードが漂うのも当然…

None

NHK松本会長“白旗”退任でウワサされる後任の名前

これまでに、オリックスの宮内義彦会長や元経営委員長の古森重隆・富士フイルムHD会長らの名前が浮上しているほか、政治部出身でNHKエンタープライズ社長の今井環氏、海老沢元NHK会長の側近だった諸星衛NHKインターナショナル経営特別主幹などの名前が取り沙汰されています。しかし、松本降ろしの後では財界人は尻込みする。引き受け手が誰もいなくなって、最後は政治部OBに落ち着く…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事