日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高木勇特集

ハーラー単独トップの6勝目を挙げた高木(左)

ハーラー単独首位の巨人・高木勇 早くも気になる「来季年俸」


三重県出身で三菱重工名古屋からドラフト3位で入団した巨人のルーキー高木勇人(25=写真左)が、24日の中日戦で七回途中2失点。両親もかけつけたナゴヤドームでハーラー単独トップの6勝目(2敗)を挙げた。原監督は「全体的に安定感がある。家族も安心しているでしょう」と称賛。チームが貧打にあえぐ中、開幕から孤軍奮闘している。新人の評価は、当然のことながらうなぎ上りだ。田畑投手コーチはこう話している。 …

新人の3、4月度の月間MVPは球団史上初

ハーラートップの5勝 巨人・高木勇人「天然男」の“裏の顔”


プロに入って一番驚いたのはこれなんです」(高木勇) ■同僚になったライバル 海星のエースだった高校時代、3年夏の三重大会準決勝で、こちらもエースで現巨人の中井を擁する宇治山田商と激突。高木勇は3番の中井に4安打され1-6で敗退。この試合で登板しなかった高卒8年目の中井は当時の高木勇の印象を「今よりは球が速くなくて142キロほど。変化球もスライダーだけ。そこまで難敵だったイメージはありません。ボク…

球宴に初出場する高木勇だが…

4連敗中の巨人・高木勇 「勝てない理由」を敵スコアラー語る


17日からの球宴に出場する巨人の高木勇人(26)がチーム休養日の16日、菅野とともにジャイアンツ球場で練習を行った。 新人ながら「監督推薦」で選出された。この日、「楽しみ」と腕まくりしたが、5月24日の中日戦で6勝目(6敗)を挙げて以来、約2カ月も勝ち星から遠ざかり、現在4連敗中と苦しんでいる。なぜ勝てなくなったのか。セ・リーグのあるスコアラーがこう言った。 「ひと言で言えば制球でしょうね。うち…

プロ最短KOで6敗目

2カ月未勝利のG高木勇 球宴「監督推薦」で休養なしの皮肉


巨人の高木勇人(26)がDeNA打線にボコボコにされた。26歳の誕生日だった13日の試合で、初回の先頭打者から2者連続本塁打を浴びるなど、3回5失点でプロ最短KO。6敗目(6勝)となった。 5月24日の中日戦で6勝目を挙げてから7試合の登板で4連敗。2カ月近くも白星から遠ざかっている。昨年のドラフト3位で入団し、抜擢された一軍キャンプから飛ばしてきた。今、まさに未経験の疲れを感じているのかもしれ…

「(捕手の)阿部さんと野手の方のおかげ」と謙虚だった高木勇

5度「指名漏れ」の巨人・高木勇が完封 他球団が見逃した成長


「正直、ここまでのピッチャーとは……」 巨人のドラフト3位新人・高木勇人(25=三菱重工名古屋)が、5日の阪神戦でプロ初完封勝利。9回2安打7奪三振の快投で、巨人では15年ぶりの新人開幕ローテ2連勝を飾った右腕を見て、パ某球団の東海地区担当スカウトが笑顔を引きつらせるのである。 「直球が良く、変化球も多彩。対策? 分からない」と阪神4番のゴメスに白旗を揚げさせた高木勇は、三重・海星高時代から名の…

先発は内海(手前)か高木勇(右)か

調整に四苦八苦…原監督の“陽動作戦”に巨人先発陣が辟易


先発が予想される内海は高木勇と同じ調整を行った。ファーストステージ前の練習期間同様、ブルペン周辺の通路を封鎖し、報道陣の取材を規制。先発隠しに躍起である。他にも大竹、田口らが候補に挙がる中、今季2勝1敗、防御率5・01で二軍暮らしが続いた内海について原監督は「弱音を吐かない。キャリアがあると先を見たがる選手がいるが、彼はファームで投げますと言う。絶対に(一軍に)戻したいと思っていた」とベタ褒め…

山口は最も敏感に

ポレダはヤクルトが丸裸 巨人投手陣に「クセバレ恐怖症」拡散


他に菅野、マイコラス、高木勇の先発4本柱全員。救援陣では山口、マシソンなどの主力級に軒並み「クセバレ」がささやかれているのだから穏やかではない。 エースの菅野はヤクルトに0勝3敗、防御率6.89。マイコラスは広島に0勝2敗、同7.71。高木勇はDeNAに1勝3敗、同6.14。なぜか1球団にだけ集中的に打たれているのだ。 「勝利の方程式」の一角、山口は広島に同4.05、中日に同5.68。マシソンは…

菅野も夏場はフル回転させられる

深刻貧打の巨人 苦肉の打開策は昨年失敗の「先発5人制」


1勝3敗、防御率3・26の大竹を外して菅野、杉内、高木勇、ポレダ、マイコラスの5人で回す。中5日で投げることになる先発陣の負担を減らすため、しわ寄せは中継ぎ陣にもきそうですが」 ■原監督は「5人制」を推奨 巨人のチーム防御率2.67は12球団トップ。順位はブービーでも、交流戦の防御率2.95は12チーム中4位だった。開幕から投手陣におんぶに抱っこだったのに、これからさらに負荷がかかることになる。…

原監督がマウンドに行った後にサヨナラ負け

悪夢のシーズン再び 交流戦11位の巨人は「リーグV逸」100%


先発の高木勇は八回まで無失点の好投も九回に暗転した。 三ゴロ失策から1点を失い降板すると、守護神の沢村も1点を失い、なおも2死満塁から吉田にサヨナラ左前適時打を浴びてまさかの逆転サヨナラ負け。原監督は「いい投球をした。2点を守れなかったというところ」と高木勇は責めなかったが、「打線があとひと押ししたかった? そりゃそうだろうけどね」とムッツリ。得点は亀井のバウンドが変わった幸運な適時打とアンダー…

高木はハーラー単独トップの4勝目

開幕4連勝の巨人・高木勇 凡打の山築いた2種類の“魔球”


巨人の高木勇人(25)が球団の新人では07年の金刃(現楽天)以来、8年ぶりの開幕4連勝を飾った。26日のヤクルト戦で7回3安打1失点の好投。リーグ単独トップの4勝目を挙げ、新人ながら月間MVPも見えてきた。 「素直にうれしいけど、野手の皆さんに打ってもらって何とか勝てているんで」と謙虚。防御率は1.50。抜群の安定感でチームを引っ張っている。 武器は大きく横に滑るカットボール。春季キャンプ中に「…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事