日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

北見けんいち特集

北見けんいちさん

北見けんいちさん(漫画家)


北見けんいちさんは1998年、本紙で金谷多一郎プロ指導の下、「北見けんいちついにゴルフにハマる堂々の100切り宣言」、翌年は「北見けんいち大胆不敵90切りに挑戦」を連載した。 「あの時はレッスンで聞いたことを帰ってきてすぐ漫画にした。連載終了後、文庫化されたんだけど、いまだに3000部くらい売れているみたい。半年に1回、何万円か印税が入ってくる。100切りはゴルフ入門の人にとっては魅力的なスコア…

北見けんいちさん

北見けんいちさん(漫画家)


代表作「釣りバカ日誌」でお馴染みの北見けんいちさん。1998年には、本紙で金谷多一郎プロ指導のもと「北見けんいちついにゴルフにハマる 堂々の100切り宣言」、翌年は「北見けんいち大胆不敵90切りに挑戦」を連載した。 昨年75歳になった北見さんがゴルフを始めたのは、今から38年前、37歳の時。当時、西新宿のスタジオ・ゼロという事務所で赤塚不二夫さんのアシスタントをしていた。 「ゴルフをやる人などそ…

北見けんいちさん

北見けんいちさん(漫画家)


大ヒットマンガの作画を担当する北見けんいちさん(75)の事務所は、まさに資料の山だった。 ◇ ◇ ◇ ホント、こんな汚いところでいいの?ごめんね。取材に来られるということで、一応、掃除したんだけど、まだ汚いよね。出版社から送られてきた掲載誌やらゲラやらで、足の踏み場もなくてさぁ。 机を三方囲んでいる棚にあるのは、ほとんどが資料。動植物の図鑑や年鑑、全国各地を紹介した街の本が多いかな。オレの部屋を…

イージー会の豪華メンバー。後列1番左が北見さん

北見けんいちさん(漫画家)


北見けんいちさん

北見けんいちさん(漫画家)


北見けんいち氏の別荘がある与論島

「オランジーナ」CMで評判 島旅の魅力を旅行のプロが語る


与論島に別荘を持つ漫画家の北見けんいち氏が言う。 「“世界一美しい海”と評判のビーチ人気のせいか、与論で30代、40代の旅行客をよく見かけるようになりました。自然が自然のままあるのがいいんだろうね。都会の風はアスファルトや室外機でモワッとして、ビルの谷間だと突風が吹く。でも、与論の海から木の間を抜けてくる風はさわやかで気持ちいい。海の青さも空の白さも都会じゃ感じられないしね」 「気持ちがよくなる…

故・赤塚不二夫氏

タモリも「おそ松さん」も 脈々と受け継がれる赤塚イズム


赤塚氏は弟子の出世を手伝い、北見けんいち氏のように名を成すことを自分のこと以上に喜んだ。それはタモリの「わたしもあなたの数多くの作品のひとつです」という名弔辞につながっている。赤塚氏とキャラクターは、弟子や仲間たちの間で脈々と受け継がれている。 (ジャーナリスト・二田一比古)…

濱田岳(左)と初代・ハマちゃんの西田敏行

「釣りバカ」2代目ハマちゃんに 濱田岳は西田敏行を超えるか


「釣りバカ日誌」は漫画が原作で、松竹が西田敏行主演で22本も映画化したので“ハマちゃん=西田”のイメージが強いが、原作を描いた北見けんいちは、濱田岳(27)を「まさにハマリ役!!」と絶賛。濱田自身も、「大きな喜びと責任を胸に平成のハマちゃんを新たに作り上げていきたい」と意欲満々だ。 しかし、「濱田岳って誰?」と首をかしげる向きも少なくないだろう。 「KDDIの日本昔話シリーズのCMで金太郎を演…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事