日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東山紀之特集

バラエティーでの活躍も話題に

絶好調の妻・木村佳乃を支える 東山紀之の“主夫力”加速中


放送後にはバラエティーのオファーが殺到したそうで、今年3月放送の「しゃべくり007」では芸人バリに体を張った仕事を受けた理由について「打ち合わせでNG項目についてアンケートを出されたので、主人に相談したら『全部やるんだよ! 自分から出たいと言っておいて、しかも新参者なのにアレができない、コレができないなんて言うな』と言われた」と、夫である東山紀之(49)の後押しで実現したことも明かしていた。 子…

None

帰ってきた必殺仕事人 東山紀之“後輩”に時代劇のイロハ指南


「女たちの晴らせぬ恨み、晴らします!」 こんな言葉を掲げて、今年も「必殺仕事人」が帰ってきます! 仕事人の顔ぶれは、町奉行所同心・渡辺小五郎(東山紀之)、経師屋の涼次(松岡昌宏)、前回から加わった元僧侶のリュウ(知念侑李)、常磐津の師匠・花御殿のお菊(和久井映見)。 物語の始まりは、女たちが駆け込む縁切り寺での惨殺事件です。事件の裏には、女たちを食い物にする恐ろしい存在が。そんな折、風来坊の仕事…

大原麗子(左)とのツーショット

最高齢プロデューサー 石井ふく子さんが語る名女優との時


7月に放映する、藤沢周平さんをモデルにした『ふつうが一番』っていうドラマは、東山紀之さんと松たか子さんの予定が空くのを3年待って実現したくらい。 母は“一番運のいい日”に産むために、帝王切開で予定日よりひと月も早く私を産みました。当時、帝王切開で命を落とすこともあり得るのにひとりで病院に行って、信じられないことをしてきたんです。『私は何もできないから、先払いしといたわよ』って言うのですが、こうし…

あの“ハンカチ王子”とのデートも報じられた

過去には亀梨和也の“先輩”と…深田恭子の肉食オトコ遍歴


過去に何度も共演者との熱愛がウワサされ、お相手はジャニーズの先輩で少年隊の東山紀之、脚本家の野島伸司、くりぃむしちゅーの有田哲平などの“大物”から、清水アキラの三男・清水良太郎、俳優の五十嵐麻朝までさまざま。日本ハムの“ハンカチ王子”斎藤佑樹投手との焼き肉デートを報じられたこともあった。 一方の亀梨も2006年に、女優の小泉今日子(50)との交際が発覚。当時は“20歳差カップル”として大きな話…

ジャニーズ事務所

近藤真彦にジャニー&メリーから家族同然の寵愛


「ベテランでは近藤のほかに少年隊の東山紀之、元男闘呼組の岡本健一らも出席していますが、このメンバーがタレントの幹部クラスとされています。将来的にジュリーさんが事務所を受け継いだ際は、彼らが若いタレントたちをまとめていく立場になるのでしょう」(スポーツ紙芸能担当記者) この中でもひときわ注目を集めたのが近藤だ。SMAP騒動のきっかけとなった「週刊文春」のメリー氏インタビューでも、メリー氏はSMA…

ジャニーズ事務所

帝国唯一の後継者「ジュリーさん」の来歴と評判


大学時代にスイスに留学させるなどして『海外のいい脚本も読むことができるように』と、特に語学には力を入れたようです」(ベテランの週刊誌記者) 一時期、メリー氏はジュリー氏をジャニーズのタレントと結婚させて事務所を引き継がせようと考えていたフシがあり、近藤真彦や少年隊の東山紀之といった名前が取り沙汰されていた。結局、ジュリー氏は小さな広告代理店を経営していた一般男性と結婚して子供も生まれているが、す…

片岡愛之助

「刑事7人」で影薄く…愛之助は出遅れの“借り”を返せるか


同じテレビ朝日系“水9”枠の「相棒」を超えると意気込んだにもかかわらず、不完全燃焼に終わった、東山紀之主演ドラマ「刑事7人」。捲土重来を期した第2シーズンも勢いがない。今クールは他のドラマが軒並み視聴率を落とす中、11%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をキープしているものの、「相棒」超えを目指すなら15%は欲しいところ。 そんな番組の課題を象徴するのが片岡愛之助の立場だろう。大ヒットドラマ「半…

バラエティーでの“キャラ変”も奏功

共演者も称賛 木村佳乃「ヤバイ妻」怪演で視聴率V字回復


演技者としてノリにノッている感じです」(テレビ関係者) 木村といえばかつて、清楚でお嬢さま的な役柄が多かったが、東山紀之(49)と結婚し子供を産んだ頃から「キャラ変」したようで、最近はバラエティーでも人間味あふれる姿をさらけ出している。 「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)ではバンジージャンプや熱湯風呂にまで入り、芸人顔負けのチャレンジぶりを見せた。それにつられるように、演じる役柄もどん…

10年にはジョン・F・ケネディー・センター芸術金賞を受賞した

罵声と灰皿と胃薬と 蜷川幸雄さん“強烈演出”の裏に深い愛


同時代に演劇活動をスタートさせた2人の不思議な因縁も感じます」(演劇ジャーナリスト・山田勝仁氏) 蜷川演出によって演技を開花させた役者は数え切れないほど多いが、東山紀之、木村拓哉、森田剛、岡田准一などジャニーズ事務所のタレントの多くをアイドルから俳優へと演技を開眼させたのも蜷川氏の功績のひとつだろう。 昨年12月に肺炎で入院してからも主治医が「普通ならとっくに死んでいる」と驚くほどの気力を見せ、…

元カノ相武紗季に先を越された

元カノ相武紗季ゴール 長瀬智也の結婚阻んだ“3つの条件”


その基準はいろいろあって、静香のように気に入られる、相手が芸能人ならイノッチ(井ノ原快彦)と瀬戸朝香、東山紀之と木村佳乃のようなカップリング、釣り合いの良さ、3つ目がTOKIOの国分太一や山口達也のように相手が一般女性であること。長瀬の場合、あゆは格上、相武は不釣り合いでダメだったようです。だから、今度こそと一般女性のバイオリニストを選んだのに、やっぱりOKが出ない。今回は長瀬はグループの顔だし…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事