日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松本薫特集

準決勝で一本負けし、へたり込む松本

柔道女子57キロ級 松本薫は連覇ならず「銅」…野獣引退へ


8日(日本時間9日)、リオ五輪柔道女子57キロ級の松本薫(28)が準決勝で敗退。3位決定戦で有効を奪い、銅メダルに終わった。試合後、スタンドからの声援に目を潤ませ手を振った松本は「金メダルを目指していたので、どう切り替えようかと思ったけど、何も持たないで日本に帰れないと思いました」とうつむいた。 前回大会のロンドン五輪では金メダルを獲得。獣を彷彿させる試合前の鋭い目つき、畳の上で相手に猛然と向か…

実は極度の偏食だった松本薫

婚約者は料理人 松本薫の食事管理は父からバトンタッチ


26日、リオ五輪柔道女子57キロ級銅メダリストの松本薫(29)が結婚することが分かった。早ければ11月にも入籍するという。 9月に出演したバラエティー番組では彼氏の存在を公に。「大学時代から8年間付き合っています」と明かした。結婚相手は松本と同じ帝京大学柔道部に所属していた一般男性。現在は料理人をしている。 料理といえば、極度の偏食だった松本の乱れた食生活を改善させたのは父親の賢二さんだった。元…

帝京大時代からの恋愛を実らせた

“野獣”松本薫が結婚へ 8年間交際した料理人の一般男性と


リオ五輪柔道女子57キロ級銅メダルの松本薫(29)が結婚することが分かった。 「野獣」「アサシン」などコワイあだ名で知られる松本のお相手は料理人の一般男性。先月、テレビのバラエティー番組に出演した際に、帝京大時代から8年間交際している相手がいると告白していた。鳥の「ツバメ」に似ているそうだ。 早ければ11月上旬にも婚姻届を提出する。…

None

世界柔道4大会ぶり金なのに 松本薫なぜリオ五輪内定せず?


26日は男女2階級を行い女子57キロ級はロンドン五輪金メダルの松本薫(27)が10年東京大会以来4大会ぶりの優勝。男子73キロ級では大野将平(23)が中矢力(26)との日本人対決を制し、13年大会以来の王者に返り咲いた。これで女子は52キロ級を制した中村美里(26)の他、48キロ級で浅見八瑠奈(27)が銀、近藤亜美(20)が銅と開幕から3階級続けてメダルを獲得。来年のリオ五輪に向けて弾みがついた…

中村美里(左)と海老沼匡も銅メダルに終わった

新興国の台頭で金遠く 日本柔道によぎる“ロンドンの悪夢”


男女14階級で金メダルは女子57キロ級の松本薫だけ。男子は64年の東京五輪で柔道競技が採用されて以来、初めて金メダルなしという屈辱にまみれた。 抜本的な改革の必要性に迫られながら、全日本柔道連盟の山下泰裕強化委員長は今五輪を前に、「金メダルを最低でも男女で4つ。できれば6個取りたい」と大風呂敷。昨年の世界選手権で男子73キロ級の大野将平、81キロ級の永瀬貴規、100キロ級の羽賀龍之介、女子52キ…

畠山愛理(左)と吉田沙保里

吉田沙保里、福原愛…4年後は“リオ世代タレント”大混戦


ほかにも、ロンドン五輪で金メダル獲得後、天然発言が注目された柔道57キロ級の松本薫(28=リオは銅)や父子で活躍してきたウエートリフティング48キロ級の銅メダリスト、三宅宏美(30)なども有力候補だ。 さらに、22日に現役引退を発表した新体操「フェアリージャパン」の畠山愛理(22)は身長170センチ、49キロと抜群のプロポーションの持ち主。ファッションブランドの広告や雑誌で、モデルとしての活躍…

井上康生は全日程終了後に号泣したという

リオ五輪メダル量産12個 日本柔道“お家芸V字回復”の軌跡


金メダルは女子57キロ級の松本薫だけに終わり、特に男子は柔道が競技採用された64年以来初となる「金メダルなし」という惨敗を喫した。パワーに勝る外国勢の「JUDO」に屈し、世界との差を露呈。柔道発祥国の威信を完全に失った。 再生不能ともいわれたニッポン柔道が、わずか4年でまさかの金3、銀1、銅8のメダルラッシュ。なにがあったのか。 ■井上康生監督は前体制を“反面教師”に ロンドン後に、一度はどん底…

選手たちも大迷惑…

リオ五輪でも大ヒンシュク 日本インタビュアーの低レベル


これは8日(日本時間9日)、女子柔道57キロ級の松本薫(28)が銅メダルを獲得した直後のインタビュアーの質問だ。ロンドン五輪に続き連覇を目指していた松本にとって、第1目標はもちろん金メダル。メダルへの思いは強いに決まっている。 こんなこともあった。女子400メートルリレーの決勝に出場した日本チームは8位でフィニッシュ。レース直後、内田美希(21)、池江璃花子(16)に続いて第3泳者を務めた山口美…

None

中村の金1号も深夜にひっそり 世界柔道「録画中継」の裏事情


08年の北京は男女合わせても4個に終わり、12年ロンドンは女子57キロ級の松本薫(27)ただ一人だった。16年リオ五輪の「金メダルなし」も現実味を帯びている。 今回の世界柔道でも、初日から金メダル候補だった女子48キロ級の浅見八瑠奈(27)が銀メダル、大会2連覇を狙った同級の近藤亜美(20)も銅メダルに終わった。2日目(25日)も、女子52キロ級で中村美里(26)が日本勢で初の金メダルを獲得した…

練習を公開した松本薫

合宿公開のドン底日本女子柔道 「指導体制変更」は吉と出るか


12年のロンドン五輪ではメダル量産が期待されながら、金メダルは57キロ級の松本薫の1個に終わった。13年には園田隆二前監督によるパワハラ指導など不祥事が相次いで発覚し、女子代表チームは崩壊寸前になった。 そこで、リオ五輪での復権を目指す女子代表チームは世界選手権(カザフスタン)に向けて、指導体制の見直しを図った。これまで階級別に区切っていたコーチ陣を廃止。階級の垣根をなくし、新たに選手の所属企…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事