日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

斎藤隆特集

「田中の武器は制球力」/(C)日刊ゲンダイ

メジャー7年、楽天1年の斎藤隆がマー君に語った「1年目の心得」

「メジャーの話は斎藤隆さんとダルビッシュさんから聞きました。ダルさんからは球団の特徴とか聞きました。斎藤さんからのアドバイスは言えません」 7年総額160億円でヤンキース入りする田中将大(25)は、入団が決まった直後の会見でこう言った。 斎藤隆(44)はドジャースで抑えを務めるなど、メジャー通算7年で21勝15敗84セーブ。昨年1年間は楽天でプレーし、田中とは接点が…

今後はサンディエゴを拠点に活動

入社早々渡米 元楽天・斎藤隆「吉本興業」でのワークスタイル

18日、少年野球教室に参加した元楽天の斎藤隆(45)。今季限りで現役を引退した斎藤はイベント終了後、アメリカ大リーグのサンディエゴ・パドレスに“フロント入り”することを発表。 「コーチとしてではなくフロントオフィス、球団の中で勉強させていただくことになりました。時代の流れの中で、どういう変化があっても必要とされる人間であるため、このタイミングで行くことが重要だった」…

人格者ゆえ…

故郷で引退の“幹部候補”斎藤隆は楽天の指導者になるのか

いろいろな意味で引き際ではないかと感じた」 17日、楽天の斎藤隆(45)がこう言って今季限りの引退を発表した。 宮城県仙台市出身。91年に東北福祉大からドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団し、日米を股にかけたプロ24年間の通算成績は112勝96敗、139セーブ。その実績もさることながら、豊富な経験値が人望を生んだ。 横浜を自由契約になった05年オフにメジャー希望を…

「侍ジャパン」の小久保監督/(C)日刊ゲンダイ

「戦力外」まで物色 メジャー球団と代理人が日米野球で大攻勢

斎藤隆がモデルケース それならメジャーのビンボー球団は、わざわざ来日して有力選手や将来のメジャー候補を指をくわえて見ているだけかといえば、そうではない。 去る9日、草薙球場で行われた12球団トライアウトには、ネット裏にメジャー関係者の姿もチラホラ。今回の日米野球に合わせて来日、その前にわざわざ静岡まで足を延ばしたのだという。 「日本のプロ野球で戦力外通告を受けた…

どこに行く?/(C)日刊ゲンダイ

メジャー初心者でもわかる マー君「移籍先候補球団」徹底ガイド

(4)クレイトン・カーショー投手(25)、ザック・グリンキー投手(30)、柳賢振投手(26) (5)野茂英雄(95~98年、02~04年)、石井一久(02~04年)、斎藤隆(06~08年)、黒田博樹(08~11年) (6)09年からナ・リーグ西地区優勝(リーグ優勝決定シリーズ敗退)、4位、3位、2位、優勝(リーグ優勝決定シリーズ敗退) (7)約2億2400万ドル(…

ドジャースの主砲ゴンザレスと談笑した後、スカウトが…

大谷争奪戦から脱落か ドジャース不法交渉疑惑をMLB調査

かつては野茂、斎藤隆、石井一、黒田が在籍、現在は前田健太がプレーしていて日本での知名度は抜群。オーナーグループにはあのNBAのマジック・ジョンソンもいて、今季のチーム総年俸はヤンキースに次いで30球団中2位と財力もある。 加えて花巻東高時代から大谷を徹底マークしていたのがこのドジャースで、大谷の憧れの選手はドジャースのエース・カーショウだ。 現行の入札制度は、移籍金…

新垣はトライアウト後に引退

MLBスカウトの“逆襲”

トライアウトに10球団 “落ち穂拾い”にメジャーなぜ血眼

かつて横浜を自由契約になった斎藤隆が、ドジャースとマイナー契約を結ぶや、トントン拍子で結果を残してメジャーを代表する抑えに。斎藤はまれなケースにしても、中後や村田の成功例があるからこそ、メジャーのスカウトは目を皿のようにしてトライアウトをチェックする。 もっとも、トライアウトを見た同僚のひとりによれば、「今年は目に留まるような選手がひとりもいなかった」そうだが………

今オフでFAになる上原(右)と田沢

Rソックス上原&田沢 来季は何色のユニホームを着るか?

かつて斎藤隆は42歳でダイヤモンドバックスと年俸175万ドル(約1億8000万円)で契約した。投手には野手ほど年齢の壁があるわけではないのです。今季900万ドルだった年俸は300万~400万ドルまで下がるでしょうけど、再契約の可能性はあるとみています。田沢も再契約が見込めます。4、5月は戦力になるうえ、球威が衰えたわけでもありません。退団したとしても、フライアウトの…

上原が1回ピシャリも終戦

Rソックス終戦 上原ら日本人が世話になった“親分”も引退

09年には斎藤隆(現パドレス・フロント)が中継ぎとして56試合で、3勝3敗3ホールド、防御率2・43。ワイルドカードでのポストシーズン進出に貢献した。 レッドソックスで日本人選手がそこそこの働きができたのは、ビッグパピーの存在抜きに語れない。…

サンフランシスコで大ブーイング必至!?

ドジャース前田を待つ宿敵ジャイアンツの激ヤジと内角攻め

10年のサンフランシスコでのオールスターでは、ドジャース時代の斎藤隆が試合前の選手紹介で地元ファンの罵声を浴びた。 スタンドからのやじに加えて、打席では相手投手陣の厳しい内角攻めにさらされる可能性もある。ジャイアンツには昨季、リーグワーストの13死球のヘストンらデッドボールの多い投手が揃っている。前田は打撃もいいだけになおさらだ。 サンフランシスコでは覚悟してマウン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事