日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中野美奈子特集

元ミス慶応の面々(左から)中野美奈子、青木裕子、竹内由恵アナ

不祥事で中止 なぜミス慶応から局アナが輩出されるのか?


局アナの登竜門とされていて、95年に與芝由三栄(NHK)、99年は中野美奈子(フジ)、00年は鈴江奈々(日テレ)、01年が青木裕子(TBS)、06年が竹内由恵(テレビ朝日)、12年が小沢陽子(フジ)、13年が宇内梨沙(TBS)といった具合。 局アナの競争率は「1万人に1人」ともいわれるが、ミス慶応の中には医師になったり、そのままタレントとして芸能界入りした人もいるから、女子アナ志望者に限ってみれ…

フジ女子アナの出世コースに乗ったか!

フジ宮司愛海アナは早大卒の“不吉ジンクス”打破できるか


過去には中野美奈子アナや生野陽子アナ、加藤綾子アナが歴任。そのポストを用意したということは、局がそれだけ期待している証拠といってもいいだろう。 宮司アナの魅力は、物おじしない明るいキャラクター。深夜番組「さまぁ~ずの神ギ問」では、三村マサカズのセクハラ的なツッコミにもユーモアをまじえてリアクションしているのだ。 アナウンス部の“おっぱい事情”を聞かれたときは、「同期のおっぱいを見たことがないんで…

日テレ時代はどちらかというと地味な印象

なぜタレントに? 元日テレ・上田まりえアナ転身の勝算


フジのエース級だった内田恭子、中野美奈子も最近は画面で見かけないし、同じく日テレのエースだった西尾由佳理も週刊誌に「ヒマ」などと書かれている。それでも大丈夫か。 「松竹芸能というところがいいですね。特に関西に強い事務所で、笑福亭鶴瓶らの大物も抱えていますから、活動の場を東京にこだわらなければ、案外イケるかもしれません」(前出の肥留間氏) 実はマツコ・デラックスの贔屓という強みもある上田。案外、大…

None

SMAP独身メンバーが相次ぎ公開し始めた「結婚しない理由」


中居といえばかつて、モー娘OGの中澤裕子(41)やフリーアナの中野美奈子(35)、歌手の倖田來未(32)、最近ではモデルでタレントのローラ(25)など、数々の美女との交際がうわさされたが、いずれもゴールに至りそうな気配はなかった。 5月10日に放送された情報番組「ワイドなショー」(フジテレビ系)では、松本人志(51)から「SMAPは5人中4人が独身者。全員が結婚していたら(日本の少子化が)何か…

交際4カ月でゴール/(C)日刊ゲンダイ

元CAと交際4カ月で結婚 伊藤英明の華麗なる「女の履歴書」


名前が取り沙汰された有名人だけでも、元フジテレビの中野美奈子アナ、加藤あい、米倉涼子、黒木メイサ、水野美紀、山田優、あびる優……。 その他にもモデルやホステス、某アイドルグループのメンバーなどが入れ代わり立ち代わり。もはや男の敵というしかないモテぶりである。 「伊藤の場合、その手の証言は枚挙にいとまがない。海老蔵とは散々、乱痴気騒ぎを起こしてきた盟友です。ともに女、酒、競馬が大好き。それでも海…

実はマイペースな不思議ちゃん/(C)日刊ゲンダイ

小保方さん効果でブーム到来 “リケジョ”菊川怜の業界評


「夫の海外勤務に同行するためフジテレビを退社した中野美奈子に代わって、12年7月から司会を務めていますが、当初は『半年と持たない』なんて言われていたんです。メーンキャスターの小倉(智昭)さんが難物ですからね。中野も、皮肉屋の小倉さんとソリが合わずにやめたともっぱらでした。めげずに続いている菊川は大したもんですよ」(同局関係者) リケジョは芯が強いのかと思いきや、そういうわけではないらしい。 「…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事