日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

野村謙二郎特集

黒田は優勝に自信があった

広島25年ぶりVの立役者 鈴木清明球団本部長を直撃


この結果は予想していましたか? 「この数年間、野村謙二郎前監督と緒方監督が若手を起用して、だんだん力をつけてきたとは思っていたけど、誰か引っ張るベテランがいるのかと見た時、チームにいなかった。若い選手はリズムがいい時はいいが、苦しい時、ここという時に沈んでしまう。経験のなさを含めてね。ずっとレギュラーを張れるベテランが欲しいという思いの中で、14年オフに黒田が帰り、新井も戻った。確かにマエケンは…

今季34セーブはリーグ2位

中崎翔太 「おかめ」が「コワモテ」に変貌した一大転機


ある日、当時の監督だった野村謙二郎さんが監督室に呼び出し、「弱気を見せるな! マウンドでもっと気迫を出せ!」と強い口調で叱咤したことを思い出します。 中崎は14年途中からマウンドで打者を鋭く睨みつけるような表情を見せるようになりました。昨年、本人に話を聞くと「自然にそうなっていると思います」と話していました。当初は意識してやっていた部分もあったと思いますが、経験しながら闘争心が湧き出るようになっ…

「破天荒」と称される守備

当時の野村監督が驚愕 菊池涼介の吸収力と柔軟性


当時の監督だった野村謙二郎さんがコーチミーティングでこう言って、驚いていたことを思い出します。 同期の野村祐輔らとともに一軍キャンプスタートとなった菊池には、スポンジのような吸収力と柔軟性がありました。中京学院大からドラフト2位で入団した当初は、ショートを守っていました。現役時代に同ポジションだった野村さんは特守で「捕るのも投げるのも足を使え」と教えると、翌日には実践できたというのです。 開幕こ…

8日の中日戦で今季14勝目をマーク

野村祐輔の躍動はマウンドでのちょっとした余裕


試合でもそういうそぶりを見せるケースがあり、当時の監督だった野村謙二郎さんから、「打者は投手のマウンドでの振る舞いを見れば、心理がわかる。注意しておいてほしい」と言われた経験もありました。 こうした経緯もあって私は、野村を食事に誘い、こんな話をしました。 「投手は打たれることは嫌なものだけど、打者と勝負をしないと前には進めない。しかも自分の球に自信がないと、逃げる投球になってしまう。ボールの威力…

黒田の勇姿は見納めなのか

200勝とカープ優勝が花道…黒田“今季限り引退”に現実味


これでチームが優勝を果たせば、おそらくユニホームを脱ぐという決断を下すとみています」 ■コーチや監督には興味なし それを見越した上で気の早い地元関係者の間では、「広島の監督人事は野村謙二郎、緒方孝市と来て、次は佐々岡真司、前田智徳が既定路線ともっぱらだが、歴代選手の中でトップ級の人気と実力を兼ね備えた男気エースの黒田が、近い将来、彼らをごぼう抜きして監督になっても誰も文句は言わない」との声まで出…

「広島に拾ってもらった」と新井は言う

プロ入りも周囲の熱意で 広島新井2000安打に“人の縁”あり


駒大の先輩の野村謙二郎氏の自宅にジャージー姿で押しかけ、素振りをしてアピールをしたこともある。周囲が広島の球団幹部に新井を取ってくれと働きかけた。新井の父親は渡辺スカウトに『契約金はいりません。息子の夢をかなえてください』と頭を下げた。広島はドラフト10日前くらいに駒大を訪れ、指名する旨を伝えた。広島に入団したいという熱意が周囲を動かした」(駒大関係者) 広島には6位で入団。父親が「いらない」と…

日本一に挑んだが…(広島監督時代の山本浩二)

91年日本シリーズで露呈した捕手出身監督との大差


相手投手の出来次第」 むしろ、広島の遊撃手、野村謙二郎が2回もエラーしたことをほくそ笑んだ。 「日本シリーズはペナントレースの延長、縮図なんだよ」 野村はシーズンで14個のエラーを記録し、“失策王”になっていた。 第2戦、今度は広島の川口和久が熱投を見せ、4対2で快勝すると、山本は喜色満面だった。 第3戦は西武の渡辺久信が虎の子の1点を守り抜いた。 続く第4戦は、広島の佐々岡真司がノーヒットノー…

昨年の流行語にも選ばれたカープ女子(右)と新井貴浩

赤ヘル研究第一人者に聞いた 広島カープなぜ女性にモテる?


1970年代後半から80年代の“赤ヘル黄金時代”を支えた高橋慶彦に始まり、その後の野村謙二郎が確立した“走る野球”だ。とにかく走って走って走り回り、ヘッドスライディングで泥まみれになる。そのひたむきな姿は、「女性の胸を打ちます。高校野球のスタンドで応援する女子学生のよう」(迫氏)。 (2)の「カネにものを言わせない」というのは、球団経営について。某球団のように外国の長距離砲や、他球団のスター選手…

カープ女子は阿鼻叫喚/(C)日刊ゲンダイ

広島・堂林と結婚も…TBS枡田アナ「勝ち組」への険しい道


12年にリーグ最高の150三振を喫しても一軍にいられたのは、野村謙二郎前監督が後継者として背番号『7』を譲り、しぶとく起用していたから。その野村も今シーズンで退任し、来季から緒方新監督体制がスタート。プロ6年目となる来シーズンからは求められる水準が厳しくなるのは必至です。『カープ女子』からは絶大な人気を誇っていたため、グッズ売り上げもダントツ。昨年はそのボーナスでシーズン中にケガで離脱したにもか…

来季はさらなる飛躍を!/(C)日刊ゲンダイ

広島の「カピバオセラ」ちゃんこそ全国最強のご当地キャラにならん!


監督も緒方に代わったが、ちと野村謙二郎監督の辞任発表が早漏気味だった。選手、ファン共に一気にCSを勝ち上がる勢いがそがれたのは否めない。カピバラさんを撫で撫でするように、じっくりファンがついた今年のカープ。これからは、その手の上意下達、一刀両断、即日発表はいかんよ。カピバラファンはがっかりしているぞ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事