日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高島恒雄特集

17年ぶりに古巣に出戻り

報道経験ほぼゼロでも 「NEWS23」が雨宮塔子にすがるワケ

たまたま進藤さんがTBSで『がっちりマンデー!!』に出ているので、“だったら雨宮さん”になったのだと思います」(女子アナ評論家の高島恒雄氏) 前述のとおり、雨宮はパリを拠点に活動していて、同じくフランス在住の元フジテレビの中村江里子同様、女性視聴者に一定の支持を得ている。ここらへんも狙いのひとつか。 「特に“女性”を意識したわけではないでしょうが、雨宮さんの持ってい…

結婚を発表した紺野アナとヤクルト・杉浦投手

紺野あさ美だけじゃない テレ東アナとヤクルトの濃密接点

女子アナ評論家の高島恒雄氏がこう言う。 「テレ東の中では“独自路線”をいっていて、タレント性があって華やかな印象です。一方で、家庭的な一面もあって、大好きなカボチャの煮物を弁当で持ってきたりしていたらしい。あるテレ東の女子アナから聞いたのですが、テレ東では取材対象と恋愛するのは“ご法度中のご法度”。そうしたリスクを知っているでしょうから、交際は結婚覚悟だったと思いま…

渦中の田中&加藤アナは出演見合わせ

テレ朝に激震 田中萌アナ“職場不倫”報道の深刻ダメージ

女子アナ評論家の高島恒雄氏がこう言う。 「朝番組の仕事は午前2時ごろに出社して、午前10時くらいに終わることが多い。普通の人と生活のサイクルが違っていて、出会いも少ないんです。そのため、どうしても“職場恋愛”になることが多い。テレ朝の田中アナは入社1年目から『グッド!モーニング』のレギュラーに抜擢された“期待の星”だっただけに非常に残念です」 もちろん先輩アナの加藤…

元ミス慶応の面々(左から)中野美奈子、青木裕子、竹内由恵アナ

不祥事で中止 なぜミス慶応から局アナが輩出されるのか?

女子アナ評論家の高島恒雄氏が言う。 「慶応大学に合格した時点で“成績優秀”、ミスになった時点で“容姿端麗”は約束されたも同然ですよね。それに加えて“人前慣れ”が重要な要素としてあげられると思います。ミス慶応は4月にファイナリストの6人を決定し、11月の本選までの半年間、各種のイベントや雑誌の取材など、さまざまな活動をしなければならない。まるでアメリカの大統領選みたい…

セクシー路線なら鷲見玲奈アナ?

笑点に学んだテレ東 「モヤさま」狩野アナ後任隠しの算段

女子アナ評論家の高島恒雄氏は期待を込めてこう言う。 「私としては鷲見玲奈アナに就任して欲しいですね。現在、担当する『ウイニング競馬』では“横乳”も辞さず、先日終了した『お肉吟じます』という番組では、まるで挑発するような舌づかいを見せつけたセクシーアナ。彼女が担当すれば、『モヤさま』はさらに盛り上がると思います。もうひとつ可能性があるとすれば、“この人は誰?”というよ…

日テレの徳島アナ、NHKの杉浦アナ

リオ五輪リポートに総勢11人 各局女子アナの注目株は誰?

女子アナ評論家の高島恒雄氏が言う。 「みなさん、それなりの実力が認められて選ばれているんでしょうが、あえて一人を選ぶとなると、私は青山さんに注目です。米国生まれで高校時に帰国、京都大学に入ってからも米国やフランスに留学するなど海外経験は豊富。『報道ステーション』時代はスポーツキャスターをやっていたこともあり、スポーツへの造詣も深い。さらに最近は『マツコ&有吉の怒り新…

(左上から時計回りに)永島優美、田中萌、宇垣美里、鷲見玲奈の4女子アナ

カトパンの後釜は誰? 民放若手女子アナ「春改編」の勝敗

女子アナ評論家の高島恒雄氏に注目の若手女子アナについて聞いてみた。 「注目度抜群なのはフジの永島優美アナ(24)でしょう。フリーになるカトパンに代わって、この4月から『めざましテレビ』でメーンキャスターに。文字通り“後釜”です。バラエティー系というよりも情報系で、実力も安定しています。近い将来、フジを代表する顔になるのは確実です」 フジテレビで次に期待されているのが…

各局とも絶賛発売中

カトパン残留確定? 民放「女子アナカレンダー」に透ける思惑

女子アナ評論家の高島恒雄氏が言う。 「入社4年目ながら大トリ、しかも、前年は『ニュース23』スポーツキャスターの古谷有美(27)ですから、局側の期待が伝わってきます。出演する『白熱ライブ・ビビット』では大食いキャラで売り出し中で“激太り”も噂されている。おそらく日テレの水トちゃんを意識したキャラづくりで、主婦層を取り込む作戦でしょう」 テレ東の紺野も注目だ。前年の鷲…

いいタイミング?/(C)日刊ゲンダイ

日テレ6月末退社の馬場典子アナ フリー転身の“成否”は?

女子アナ評論家の高島恒雄氏が言う。 「女子アナは30歳を越えると仕事が減るといわれていますが、馬場アナは40歳近くになっても幅広く活躍している。他局を含め、これほどのキャリアを重ねた人は少ないでしょう。ユーティリティーな能力も魅力。バラエティー番組では独身アラフォー女性の寂しさを自虐的に話し、報道番組ではニュース原稿をきっちりと読んでみせる。名前も実力もあるから、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事