日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田邊昭特集

朝4時起きで築地に買い出し/(C)日刊ゲンダイ

元「ザ・スパイダース」前田富雄さん 解散後は鮮魚店で40年


今回登場の前田富雄さん(65)は田邊昭知を継ぎ、70年から解散まで1年、2代目ドラマーとして活躍した。今どうしているのか――。 ■スティックを包丁に持ちかえて 「いらっしゃい。きょうは北海道根室のいいサンマが入ってるよ。三浦半島のコチに、千葉は上総湊のマコガレイがお薦めかな。三重は志摩産の真ダイもいいね」 京王線下高井戸駅北口から10メートルの鮮魚店「前田商店」の店先をのぞくと、白い調理服姿の前…

ジャニーズ事務所

表面化した時点で“SMAP独立”は既定路線だった


独立後の受け入れ先として田辺エージェンシー・田邊昭知社長の名前が挙がっていたのも、それだけの条件が整っていたからです」(ジャニーズと親しい芸能プロ関係者) メンバー全員が独立に合意し、ジャニーズ側もそれを容認したからこそ、飯島氏はSMAPの独立に向けて動き出したのだ。 しかし10月に入ったころ、この独立計画はほころびを見せ始める。メンバーの中でただ一人、キムタクが曖昧な態度を取りはじめ、ついに独…

田邊昭知社長(右)と有吉弘行・夏目三久

夏目&有吉騒動で知れ渡った“芸能界のドン”の権力と素顔


所属タレントである夏目三久(32)と有吉弘行(42)の結婚&妊娠報道で、図らずも“表舞台”にその名をとどろかせることとなったのが「田辺エージェンシー」社長の田邊昭知氏(77)。 第一報を報じた日刊スポーツの記事(8月24日付)には“一秒たりとも触れるな”とテレビ各局に圧力をかけるだけにとどまらず、有吉との交際そのものをひねり潰したなどなど……。真偽はともかく、聞こえてくるのは虚飾の芸能界を牛耳る…

夏目三久はいつか真実を語るのか

何が事務所社長の逆鱗に 夏目三久“交際妊娠報道”激怒の核


この、夏目の所属する田辺エージェンシー社長、田邊昭知氏(77)について、妻は元歌手の小林麻美と報道され、一体どうして、ドンはそこまで交際妊娠報道に激怒したのかという核心部分についての臆測や情報が、一部マスコミや関係者の間で出回りはじめている。 「夏目アナが田邊氏の事務所に入ったきっかけは、コンドーム写真流出などによるスキャンダルで日テレを退社したことでした。フリーになったものの、低迷していた夏目…

事実無根か妊娠か…

報道真っ二つ 夏目&有吉“結婚説”の真相明かされるXデー


何事もなかったように他の芸能ネタを取り上げていたが、1日発売の「週刊文春」と「週刊新潮」が足並みを揃えるように「交際は事実であるにもかかわらず、夏目が所属する田辺エージェンシーの田邊昭知社長にひねり潰された」と報じたのである。 特に「文春」は、有吉の所属事務所が当初「出ちゃったらしょうがない」という態度だったのに、田辺エージェンシーから猛抗議が入り、「事実無根」に態度を変えた“内情”まで暴露して…

双方とも交際報道を完全否定

有吉は毒舌芸ピンチ…夏目三久“結婚・妊娠報道”の後始末


■毒舌キャラが腫れ物扱いに 今週の「文春」「新潮」はそんな夏目が所属する事務所「田辺エージェンシー」田邊昭知社長(77)の夏目に対する寵愛ぶりや業界を牛耳ってきた実情を詳報。 報道が先行して「“ドン”のお気に入り」に手をつけた形となった有吉は、業界内で一気に腫れ物扱いに転じたというわけだ。 「有吉は人をイジったりツッコんだりする芸風なのに、自分が最も歯切れの悪い状態。こっちが『狐につままれた気…

国民的グループの解散は芸能界総ぐるみの暗闘へ?

キムタク除く4人と独立か SMAP元マネ“逆襲”へ虎視眈々


「独立騒動が発覚した1月以降、もともと独立の相談をしていた芸能界のドンとも天皇ともいわれる田辺エージェンシーの田邊昭知社長と懇談している姿が都内のホテルで目撃されている。芸能の仕事はしないという飯島氏がなぜ田邊氏と会っていたのか。単なる世間話のワケがない。答えはひとつしかないでしょう」(ジャニーズ事情に詳しい芸能関係者) さらに発売中の「フライデー」では飯島氏が電通と関係の深い有力キャスティン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事