日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高岡早紀特集

高岡早紀

魔性から献身へ 高岡早紀が語った“アンビバレント”な恋愛観


高岡早紀(42)が昨年4月から交際を報じられている外食産業「ダイヤモンドダイニング」の松村厚久社長(48)の出版記念パーティーに出席したというので話題だ。発売中の「女性自身」によれば、今月8日、都内ホテルで開かれた松村社長のノンフィクション「熱狂宣言」の出版パーティーには600人以上の関係者が出席。最後の最後で高岡が花束を抱えて登場したという。松村社長は5年前からパーキンソン病を患っていることを…

41歳、3児の母/(C)日刊ゲンダイ

“魔性の女”高岡早紀に新恋人 「46歳上場社長」の資産価値


“恋多き女優”高岡早紀(41)の新恋人は、上場企業の社長サンなんだとか。発売中の「女性セブン」は、コンセプトレストランを展開する「ダイヤモンドダイニング」社長の松村厚久氏(46)と報じている。 高岡といえば、事実上のバツ2で、3~16歳の3人の子どもを持つシングルマザーでアラフォーと、決して“条件”はよろしくない。が、松村氏はたぶん、これまで高岡とウワサになった男をすべてひっくるめても、一番の“…

41歳、2男1女の母/(C)日刊ゲンダイ

離婚で価値観に変化…高岡早紀「頑張り過ぎなくてもいい」


1月5日から放送される大河ドラマ「軍師官兵衛」(NHK)で小寺政職(片岡鶴太郎)の正室・お紺を演じる女優の高岡早紀(41)。政職は官兵衛を可愛がる一方、周囲の意見に左右されやすく、やがて織田方についた官兵衛を裏切ることに。お紺は、官兵衛を悩ませる政職を生来の聡明さでしっかりと支え、主従の橋渡し役を果たす。 優柔不断な夫を操縦した感触は? 「政職とお紺はお互いの関係性が出来上がっているからこそ、殿…

深作欣二監督

深作欣二監督 がんと闘いながら女にも溺れて…


多岐川裕美、藤真利子、いしだあゆみ、原田美枝子、高岡早紀など。特に松坂慶子と荻野目慶子は、それぞれ10年近く愛人関係にあった。 松坂との出会いは81年「青春の門」。翌年から松坂を一貫して起用する。「蒲田行進曲」「道頓堀川」「人生劇場」「上海バンスキング」「火宅の人」「華の乱」。仕事上だけでなく、私生活でも2人は、ほとんど同棲生活といっても過言ではない。京都の撮影中は旅館「U」で暮らし、東京では新…

またまた金持ちをゲットか

資産2000億円の会社社長と熱愛 紗栄子の「魔性」を多角分析


同じ星の有名人には黒木瞳、真木よう子、高岡早紀らがいる。 ▽紗栄子のプロフィール 【生年月日】1986年11月16日 【出身】宮崎県宮崎市 【学歴】堀越高校卒、早大人間科学部通信教育課程3年時中退 【職歴】モデル、女優(活動期間2001年~) 【結婚歴】バツイチ(07年11月~12年1月離婚成立)、2児の母 【身長】157センチ【血液型】O型…

芸能人にとっては必要経費

北川景子は「カフェカー」で話題 芸能人の“太っ腹”差し入れ伝


女優の高岡早紀(42)が29日のブログで、ドラマ「探偵の探偵」(フジテレビ系)のロケ現場に北川景子(28)から「移動式カフェ」が差し入れられたことを明かした。 コメント欄には<スゴいですね! ハリウッドですね!><北川さん太っ腹ですね!>と驚きの声が寄せられたが、北川が手配した移動式カフェの価格は、基本料金がコーヒー100杯で5万円からと意外にリーズナブル。芸能界には、さらに上を行くゴージャスな…

None

業界騒然 キムタクが「ドラマ番宣」に駆けずり回る“深刻事情”


ほかにも、第1話には高級クラブのママ役で高岡早紀、第2話には西岡徳馬、そして第3話には寺田農らが脇を固める。一話の総制作費は7000万円オーバーとも言われている」(テレビ関係者=前出) お膳立ては完璧。あとは放送を待つばかりだが、木村が“身銭”を切ってでもこのドラマを成功させたい背景には、SMAP自体の凋落があるという。 「一部週刊誌上でジャニーズ事務所の“女帝”と呼ばれるメリー喜多川副社長が、…

年齢を感じさせない(写真は40歳当時)/(C)日刊ゲンダイ

本当に40代? 元「ジュディマリ」YUKIの美貌に絶賛の嵐


女優では梅宮アンナ、寺島しのぶ、石田ひかり、鈴木砂羽、高岡早紀らそうそうたる名前がズラリだが、<年を追う毎にかわいくなる>と絶賛されるのは、やはりYUKIくらいだろう。 YUKIはかつてインタビューで、「いつまでも輝き続けるためにも、人前に出て、どんなに年齢を重ねても、私は歌っていくと決めました」と語っている。 何か“秘訣”でもあるのか……教えてほしいと願う同年代の女性は多いはずだ。…

“育ての親”を裏切った代償は?/(C)日刊ゲンダイ

業界は冷ややか…安室奈美恵“エイベックス移籍”の全舞台裏


浜崎あゆみ、倖田來未らのアーティスト、沢尻エリカ、高岡早紀、中村獅童、小雪らの役者陣、大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有らはいずれも同じマネジメント専門の子会社に所属している。ところが、安室だけはレーベルが窓口という前例のない形態。こうなったのも、絶対に他の事務所への移籍を認めないライジング側と、コンサートとグッズ収入も含めて莫大な利益を上げる安室が仕事もできず“飼い殺し”状態のままでは困る…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事