日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

土方歳三特集

「土方歳三」(上・下) 富樫倫太郎著


幕末きってのイケメンで、めっぽう剣術の腕が立ち、新選組の「鬼の副長」と恐れられた土方歳三の生涯を描く歴史小説。 歳三は武蔵国多摩郡石田村(現在の日野市)の豪農の六男。顔に似合わず負けん気が強く、触れるとトゲが刺さりそうだというので、「バラガキ」のあだ名がつくほどの乱暴者だった。11歳で上野の大店、松坂屋呉服店に奉公に上がったが、理不尽な手代や番頭に歯向かって店を飛び出す。 すきっ腹を抱えて上野か…

洋式城郭

西洋と日本が見事に融合 「函館」を見て歩く


「100万ドルの夜景」を楽しめる夜の函館山は、鈴なりの見物客でごった返し、戊辰戦争をまったく知らないであろう人たちも、五稜郭で土方歳三の無念に心を打たれるのだ。 確かに函館は、不思議な魅力にあふれた街だ。あちこちで西洋と日本が融合している。この五稜郭も、西洋式の築城術を取り入れ、星形の土塁を完成させたものだ。 もっとも、城郭内に建設された箱館奉行所は、戊辰戦争の最後の戦いとなった箱館戦争が終わっ…

「新選組と刀」伊東成郎著


他に土方歳三が愛した会津の銘刀・和泉守兼定など、新選組ゆかりの刀について検証した一冊。(河出書房新社 1600円+税)…

連ドラ女優たちの夢の共演なるか

絶好調「あさが来た」 綾瀬&吉高“サプライズ出演”の現実味


「『あさが来た』の最初の頃、04年の大河『新選組!』に土方歳三役で出ていた山本耕史をわざわざ登場させるなど、今回のスタッフは遊び心満点なので、今後のサプライズも十分あり得ると思います。特に綾瀬さんは紅白司会を務めたり、今年3月から3年がかりで放送される『精霊の守り人』に出演するなどNHKとの関係が近い。スタッフがオファーすれば一発OKでしょう。また、吉高さん……というよりあさのモデル・広岡浅子…

「花子とアン」でヒロイン

吉高由里子が「あさが来た」に登場? 新旧ヒロイン共演に期待


まだ決定ではありませんが、『あさが来た』に新選組の土方歳三が登場した際は、11年前の大河『新選組!』で土方を演じた山本耕史を起用していた。しかも『新選組!』の中での決めゼリフ“待たせたな”まで言わせていました」(テレビ誌記者) 今後、「あさが来た」では九州の炭鉱経営者の妻として木村佳乃、炭鉱夫の妻として富田靖子、納屋頭に長塚圭史など新キャストが続々登場する。だったら吉高登場もまったくありえない話…

山本耕史

「待たせたな!」by 山本耕史


朝ドラ「あさが来た」で土方歳三役を演じた山本耕史(39)の決めゼリフが今週の言葉だ。そう発した瞬間、多くのNHK大河ファンは「待ってました!」と快哉を叫んだに違いない。なぜなら、そのセリフは04年の大河「新選組!」の土方そのものだったからだ。山本は10年余り前に土方役を演じ、ファンの心をワシづかみにした。実は「あさが来た」での土方登場シーンは「新選組!」の脚本家だった三谷幸喜が、わざわざ書き下ろ…

None

「薬で読み解く江戸の事件史」山崎光夫著


その家康が愛用した胃腸薬「萬病圓」や、土方歳三が新選組を結成する前に行商していた家伝薬「石田散薬」の復元をはじめ、開明大名として高く評価されながら突然死した島津斉彬の死を蘭方医が残した克明な「容態書」から検証するなど、日本史の裏話が満載。(東洋経済新報社 1500円+税)…

「ラ・ミッション」佐藤賢一著


新選組の土方歳三が会津藩にも頼らずに「てめえが抱える了見に、てめえの命をかけて殉じる。その潔さが士道ってもんだ」と言うのを聞いて感銘を受ける。なるほど、士道(エスプリ)か。やがてブリュネは軍事顧問団を率いて、エゾ共和国独立を目指す土方や榎本釜次郎(武揚)らとともに函館の五稜郭に立てこもった。そんな彼にフランスから帰国命令が出されるが、それに反して戦いを続けようとする。 映画「ラストサムライ」の主…

「池田屋乱刃」伊東潤著


新選組副長の土方歳三にスパイとして尊攘志士の中枢に送り込まれたものの次第に志士たちの熱に取り込まれていく福岡祐次郎。坂本龍馬と共に神戸海軍操練所に参加し国防・北方開拓を志すも、志士たちの情念にほだされあえて死地に赴く北添佶摩。吉田松陰と東北地方を旅し、松陰死後はその遺志を引き継ぎ若き志士たちを束ねていく宮部鼎蔵。 そして松下村塾四天王のひとりとして将来を嘱望されていながら無念の死を遂げる吉田稔…

「歴史に学ぶな」鈴木邦男著


織田信長や坂本龍馬、土方歳三など、現代人に愛される偉人たちは、司馬遼太郎の小説などがつくり上げたイメージに共感をしているだけで、その実像とはかけ離れ、多くの人は、歴史に学ぶと言いながら実は虚構に学んでいると指摘。右翼活動に人生をかけていた自らの体験を語りながら、歴史に学ぶという大義名分を振りかざし、戦争や暴力を肯定する歴史観を抱くことの危険性や、真の愛国者とはどういうことかなどを説く。時代の風…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事