日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

朱美特集

左から橋本小雪(30)と中野聡子(31)/(C)日刊ゲンダイ

流行語大賞に なぜ「ダメよ~ダメダメ」は大ヒットしたのか


白塗りメークの朱美ちゃん3号というキャラクターが何度も繰り返す「ダメよ~、ダメダメ」のフレーズは流行語になった。今年のハロウィーンでは、渋谷の街に朱美ちゃんのコスプレをする若者が大勢集まっていた。年末にもあちこちの忘年会でこのネタを披露する人が出没しそうだ。 大ヒットした理由は、決めフレーズの面白さと見た目のインパクトだ。日本エレキテル連合は、衣装、小道具、メークなどのディテールに徹底的にこだわ…

このままじゃダメよ~ダメダメ

TV露出激減 エレキテル連合の首絞める強気のギャラ交渉


「彼女たちが評価されたのは“ダメよ~”の朱美ちゃんコントだけではないネタの豊富さもあった。それが証拠にDVDも売れているし、彼女らがアップしているユーチューブの月間動画再生回数は今でも400万回に迫る勢いで、決して人気が衰えたわけではない」(テレビ局関係者)というが、ではなぜ、テレビ出演が減ったのか。 別の関係者がこう解説する。 「所属事務所がテレビ局にギャラアップを申し入れてきたんです。ブレ…

流行語大賞を狙う「日本エレキテル連合」/(C)日刊ゲンダイ

「ダメよ~ダメダメ!」大人気 ブレークの秘訣はテレビ戦略


このメークで「だめよ~、ダメ、ダメ」と色っぽい声を繰り返す朱美ちゃんと、細貝じいさんのコントが話題の日本エレキテル連合に大ブレークの可能性が出てきた。 所属事務所は爆笑問題のタイタン。太田光夫人で事務所の社長の太田光代が猛烈にテレビ局に売り込んでいるのだ。 「秋以降、日本エレキテル連合の2人を見る機会が一気に増えそう。2人は『だめよ~、ダメ、ダメ』で流行語大賞を狙うと宣言しています」(マスコミ関…

「一発屋」で終わるのか…/(C)日刊ゲンダイ

そろそろ賞味期限? 日本エレキテル連合「一生白塗り」宣言


MCが「見に来なきゃ?」と呼びかけると、「おしゃべりワイフシリーズ 未亡人朱美ちゃん3号」こと橋本小雪(29)が観客1100人と共に「ダメよ~ダメダメ」と言うと、イルミネーションが点灯。その後も、「ダメよ~ダメダメ」と連発すると、「小平市の細貝さん」こと中野聡子(30)は「そればっかり。飽きた。他に何か言え!」とツッコむも、橋本は「ダメよ~」を言い続けていた。 子供が真似するなどブレークした2人…

金井克子とふなっしーが共演?/(C)日刊ゲンダイ

紅白サプライズ案に急浮上「井ノ原」「ふなっしー」「金井克子」


<いいじゃ~ないの~>と迫る高齢男性・細貝さんと<ダメよ~ダメダメ!>と断るダッチワイフの朱美ちゃん3号のコントが大晦日に実現するかどうか調整中。もちろんキワモノなので、視聴者からの批判も想定しています」(別の関係者) ■「アナ雪」は当確 3つ目は他局のドラマや映画に便乗するプラン。 「『アナと雪の女王』のテーマ曲でお馴染み『ありのままで』のメドレーは当確です。意外なのは、ドラマ『昼顔』(フジテ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事