日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東貴博特集

東貴博さん(左)が目標とするのは三宅裕司さん

“天然妻”に悩んだ東貴博 相談した三宅裕司が放った一言とは


テレビ番組のリポーターからラジオパーソナリティー、さらに舞台と幅広く活躍中の東貴博(45)さん。すでに芸歴は21年、師匠と仰ぐのは萩本欽一さん(74)だが、目標とするのはタレントの三宅裕司さん(64)だ。 三宅さんは僕が芸能界にデビューする前から憧れの方です。小倉久寛さんらと結成された「劇団スーパー・エキセントリック・シアター」の舞台は何度も見に行ってましたし、伊東四朗さんや小倉さんとコントをさ…

(C)日刊ゲンダイ

東貴博プロデュース! ボリューム満点のもんじゃ焼き店「浅草MJ」


昭和を代表するコメディアン・東八郎の次男で“下町のプリンス”として人気のアズマックスこと東貴博(44)。“もんじゃ焼き発祥の地”ともいわれる浅草で育ち、地元でもんじゃ焼き店「浅草MJ」を経営している。 場所はつくばエクスプレス浅草駅を降りてすぐの国際通り沿い。料理はもんじゃ焼きの店にしては珍しいコースが主体で、特徴は何といっても圧倒的なボリューム。名物料理のひとつ、国産牛のステーキは5センチは軽…

東貴博さん

東貴博さん(46)アナフィラキシーショック


年下妻にメロメロ…

32歳差婚のラサール石井 「家のローン80歳まで払わないと…」


10日、新橋演舞場6月公演「プリティウーマンの勝手にボディガード」の製作発表会が都内で行われ、座長・三宅裕司(63)のほか、小倉久寛(60)、渡辺正行(59)、ラサール石井(59)、東貴博(45)、大地真央(59)ら豪華出演陣が出席した。 舞台となるキャバレーの社長を演じるラサール石井は、2012年に32歳差の当時女子大生だった一般女性と結婚し、3年目になる。 「今年で還暦を迎えるのですが、嫁…

「熱海五郎一座」で共演している渡辺正行

渡辺正行さんの芝居を見て“体重の掛け方”を知った


アズマックスこと東貴博はともにニッポン放送の「ラジオビバリー昼ズ」でパーソナリティーを務める(東が火曜、昇太は水曜)間柄だ。人気芸人だったトリオ・スカイラインの東八郎の息子というだけあって、若旦那の雰囲気を持つ。 そして、特筆すべきは三宅と同じ劇団、スーパー・エキセントリック・シアターの小倉久寛。 「なんでなんでしょう。あの人は我々と違う種類の生き物ですね。出てきただけで、立っているだけでおか…

近年は演出家としても注目されるラサール石井

ラサール石井を通じて数多くの役者と知り合った


伊東、三宅の他、小倉久寛、コント赤信号の渡辺正行、東貴博といった面々である。 「とっても勉強になりました。たとえば三宅さんは、セリフを一言だけ変えたり、言葉の順序を入れ替えたり、相手役に言葉を挟ませるとか、ちょこっと台本を修正する。それだけで驚くほど笑いの量が増幅するんです。この手法を落語で使ったら、笑いの量が格段に増えました」 芝居がいかに緻密につくられていくかを認識し、落語に生かしたわけだ。…

幸せいっぱい

安めぐみ&東MAX “2億円豪邸”からにじむ本当の夫婦仲


タレントの東貴博(46)が29日放送の「ナイナイアンサー」(日本テレビ系)で、都内に新築したばかりの“2億円豪邸”ともされる新居をテレビ初公開した。 金持ちキャラでおなじみの東らしく、VTRで紹介された邸宅は玄関のタイルが金色に輝く“黄金ハウス”。「亭主関白」のテロップと同時に、妻でタレントの安めぐみ(34)にも相談せず自分で決めたと豪語する東に、スタジオは騒然とした。 が、実のところは、台所か…

左から藤本敏史、安めぐみ、佐々木健介

2億円豪邸も妻のおかげ? 東MAX支える安めぐみの“内助”


今年3月、「東MAX」こと「Take2」東貴博(45)との間に第1子となる女児を出産した新米ママは、「結婚した頃は家事も遅くて、東MAXさんに『日が暮れるよ』と言われてたけど、娘が生まれてからは機敏に動けるようになった」と語った。 芸人の妻である安は、同席した「FUJIWARA」藤本敏史(44)が、活用しているベビー用品について「お尻拭きが便利。お尻だけじゃなくて、ちょっと何かをこぼしたときにも…

妊娠6カ月の安めぐみ/(C)日刊ゲンダイ

妊娠6カ月の安めぐみ 萩本欽一の「命名」に一抹の不安吐露


11年に「Take2」東貴博(44)と結婚した安は、今年10月の妊娠発表後、公の場が初めてだ。 現在は妊娠6カ月、予定日は来年3月だという。最近は食べ物の好みが変わったり「母親学級」デビューを果たしたりと、妊婦らしい環境の変化を実感しているそうだが、東の接し方にも変化があったそうで、「妊娠してから『こんなに優しかったかしら』と思うぐらい優しい。つわりがヒドかったときは簡単な鍋を作ってくれたりしま…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事