日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小倉久寛特集

浅草レビュー・虎姫一座

浅草レビュー「虎姫一座」懐かしの60年代を突っ走れ!


惜しむらくはMC(司会進行)役の小倉久寛が映像出演であること。無名の役者でもいいからナマのMCが欲しいところ。 浅草アミューズカフェシアターで7月31日まで。8月からは「復活!シャボン玉だよ!牛乳石鹸!!」がスタートする。★★★☆☆…

「熱海五郎一座」で共演している渡辺正行

渡辺正行さんの芝居を見て“体重の掛け方”を知った


そして、特筆すべきは三宅と同じ劇団、スーパー・エキセントリック・シアターの小倉久寛。 「なんでなんでしょう。あの人は我々と違う種類の生き物ですね。出てきただけで、立っているだけでおかしいんですから。落語家で言うフラ(独特の滑稽味)を持っている」 そんな小倉を三宅がまるで飼いならしているがごとくツッコミ、いじり倒して笑いを取るのが熱海五郎一座の定番になっている。 一座の芝居を見に、新橋演舞場には…

近年は演出家としても注目されるラサール石井

ラサール石井を通じて数多くの役者と知り合った


伊東、三宅の他、小倉久寛、コント赤信号の渡辺正行、東貴博といった面々である。 「とっても勉強になりました。たとえば三宅さんは、セリフを一言だけ変えたり、言葉の順序を入れ替えたり、相手役に言葉を挟ませるとか、ちょこっと台本を修正する。それだけで驚くほど笑いの量が増幅するんです。この手法を落語で使ったら、笑いの量が格段に増えました」 芝居がいかに緻密につくられていくかを認識し、落語に生かしたわけだ。…

東貴博さん(左)が目標とするのは三宅裕司さん

“天然妻”に悩んだ東貴博 相談した三宅裕司が放った一言とは


小倉久寛さんらと結成された「劇団スーパー・エキセントリック・シアター」の舞台は何度も見に行ってましたし、伊東四朗さんや小倉さんとコントをされてるのを拝見して、「凄いなぁ」「面白いなぁ」ってずっと思っていた。 その時は当然、お付き合いはありませんでしたし、芸能界にデビューしてからも10年ほどは一緒に舞台に出ることはありませんでした。 でも、11年ほど前でしたか、三宅さんが伊東さんらと古き良き東京の…

年下妻にメロメロ…

32歳差婚のラサール石井 「家のローン80歳まで払わないと…」


10日、新橋演舞場6月公演「プリティウーマンの勝手にボディガード」の製作発表会が都内で行われ、座長・三宅裕司(63)のほか、小倉久寛(60)、渡辺正行(59)、ラサール石井(59)、東貴博(45)、大地真央(59)ら豪華出演陣が出席した。 舞台となるキャバレーの社長を演じるラサール石井は、2012年に32歳差の当時女子大生だった一般女性と結婚し、3年目になる。 「今年で還暦を迎えるのですが、嫁…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事