日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊藤利特集

生野アナ(右上)と椿原アナの関係もビミョー (C)日刊ゲンダイ

午後の番組に大ナタも フジ伊藤利尋アナが抱える“不安材料”


この改編の目玉は「みんな」のMCを担当する伊藤利尋(42)。“フジのエース”を投入しての背水の陣で臨む。伊藤を支えるのは現在「スーパー」の生野陽子、椿原慶子で、生野とは「めざましテレビ」で長年、コンビを組んだ仲だ。 しかし、意気込みが空回りする可能性が高いというのだ。 「伊藤は『めざまし』と掛け持ちでMCを担当した午後の情報番組『知りたがり』が見事にズッコケて、今はバラエティー専門の局アナ。こ…

「誘いはあった」/(C)日刊ゲンダイ

「誘いはあった」…フジ伊藤利尋アナ“フリー転身”の可能性


8日放送のフジテレビ系のトーク番組「ボクらの時代」に同局の伊藤利尋アナ(42)、佐野瑞樹アナ(43)、フリーの羽鳥慎一アナ(43)が出演した。親交の深い同世代の3人が、テレビ界のあれこれについてざっくばらんに語り合った。 話題は多岐にわたり、羽鳥アナが若い頃から元フジの木佐彩子アナ(43)にぞっこんで日テレの社員食堂のカードの暗証番号が16年間も木佐の誕生日の「0526」だったというエピソードや…

他人事のように笑っていた班目氏

班目春樹氏のニヤつき弁明でハッキリした“原発事故は人災”


これには、インタビューしたフジの伊藤利尋アナも「福島の方はこのVTRをどうご覧になったのかなと思う」と唖然とした様子だった。 原発問題に取り組む「たんぽぽ舎」共同代表の柳田真氏はこう言う。 「まずは専門家として『水素爆発はしない』と言ったことを恥じないといけない。今ごろ、どんな弁解をしても全く信用できません。人間の品性を疑うだけです」 こんな男は被災者の感情を逆なでするだけ。もう表に出てこないほ…

本当に専門家だったの?

原発事故は「運命」…元原子力安全委トップが笑顔で大放言


3回目となる8日は、VTRに登場した班目氏が番組司会の伊藤利尋アナウンサー(43)に対し、福島第1原発事故の対応と問題点を振り返る内容だった。 インタビューで班目氏は、当時の菅直人首相(69)から「水素爆発はあるのか?」と尋ねられたことを明かし、格納容器の中に酸素はないため爆発はしない、と回答したと説明。しかし、その数時間後に1号機建屋で水素爆発が発生した。 このことについて班目氏は、格納容器か…

主婦に付き合う気なし?

フジ「グッディ!」惨敗は安藤優子の“昼の場違い感”が原因か


夕方の顔だった安藤優子キャスターを昼に回して裏番組の宮根誠司にぶつける一方で、夕方のメーンに伊藤利尋アナウンサーを起用。背水の陣で臨んだ。 もっともアテは完全に外れた。宮根の「情報ライブ ミヤネ屋」は2ケタの視聴率を記録するなど相変わらず好調だが、安藤の「直撃LIVE グッディ!」は視聴率1%(!)台も記録。似ているのは、番組のタイトルだけである。 上智大教授の碓井広義氏(メディア論)は、「宮根…

竹内アナには“ミラクル由恵”の異名が

夕方ニュース戦争に竹内由恵アナ投入するテレ朝の“本気度”


代わって竹内の“敵”となるのは局アナの伊藤利尋(42)。安藤と比べると“軽量感”は否めない。竹内の起用は現在『Jチャン』とトップ争いをしている日テレの『news every』を意識した人選です」(編成関係者) 竹内に不安材料があるとすれば、「男の噂」ぐらい。過去に同局のディレクターやプロ野球選手、同い年の広告代理店マンなどとの熱愛を報じられてきた。 「代理店マンとは昨年夏には“結婚秒読み”などと…

上層部の信任も厚いらしい/(C)日刊ゲンダイ

食事会は女子で大盛況 「バツ2」フジ佐野アナがモテる理由


「めちゃイケ」「THE MANZAI」といったバラエティー番組でお茶の間にも顔が売れていて、男性アナのエースといわれる伊藤利尋アナウンサー(41)と並ぶ同局の大黒柱。上層部の信任も厚いという。 「女子アナからも人気です。バラエティーで場数を踏んでいるから座持ちもよく、カネ払いもいい。サラリーマン社会では、なんだかんだと理由をつけて上司の誘いを断るなんて当たり前ですが、佐野の食事会に限っては、い…

夏までが勝負/(C)日刊ゲンダイ

“フジ昼の顔”任された「タモリの後釜」伊藤アナが抱える不安


「笑っていいとも!」の後番組として、4月にスタートする情報バラエティーで進行役を務めるフジテレビの伊藤利尋アナ(41)だ。 雨上がり決死隊など、日替わりで司会を務めるお笑いタレントを進行役として支えつつ、番組を盛り上げなければならない。 タモリの後釜として、フジの昼の顔になるが、果たして伊藤アナはこなせるか、どうか、というのである。 「彼はニュースも読めるオールラウンドプレーヤーですから、競馬…

女性人気断トツ/(C)日刊ゲンダイ

いいとも後継MC 最後は主婦キラーTAKAHIRO内定


12日現在、フジテレビはサポート役として伊藤利尋アナの起用のみを公式発表しているが、系列のスポーツ紙が「決定した」と報じた3組――雨上がり決死隊、フットボールアワー、おぎやはぎに加え、自ら「出る」としゃべっちゃった坂上忍、それに「役員会で名前が発表された」(フジ関係者)というTAKAHIROでようやく駒が揃ったようだ。 「『めざましテレビ』のような情報エンターテインメントが必要」 5日の定例会…

くりぃむしちゅー(上)とネプチューン(下)/(C)日刊ゲンダイ

「いいとも」タモリの後番組司会 くりぃむ&ネプに決定情報


そこに局アナの伊藤利尋(41)が加わり、5日間通しで進行役を務めるスタイル。ほかにも日替わりのゲストを加えたバラエティー番組になる予定です」(フジ関係者) 以前から有力視されていた「SMAP」の中居正広(41)の名前はない。タモリとの親交が厚く、事前に打ち切り情報を知っていた数少ない出演者とも報じられたが――。 「来年はSMAPのコンサートイヤーでもあり、事務所の方から多忙を理由に断ったと聞きま…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事