日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

芝千八特集

先週はディープ産駒ゼーヴィントが重賞を制したが…

雨が降ったらディープを疑ってかかれ!


土曜メーンの阿武隈S(千六百万、芝千八)に使うフェルメッツァは昨秋、このコースの重馬場で五百万を勝利。母の父がトニービンで、道悪の適性は比較的高い。 函館は現地の木津記者によると、水曜に大雨。週末はまた馬場が悪くなりそうだ。 これまで函館の芝で稍重以上に悪化したケースでは〈311335〉。3勝のうち2勝は昨年のGⅢ函館2歳S馬ブランボヌールによるもの。この馬はこなすが、一般的にはかなり割引とい…

堀調教師

堀厩舎 2歳新馬を中心に有力馬ばかり


特にここ2週は新馬戦で3勝を挙げており、先々週のダート千六=フォギーナイト、先週も芝千八=サーベラージュ、芝千六=ハナレイムーンと次代のエース候補が続々と勝ち上がった。 勝ち星上積みを狙う今週も新馬戦に2頭の(外)馬がスタンバイ。土曜5R芝千六のバリングラは「まだ性格は子供っぽいですが、スピードに乗って動けるタイプですよ」(森助手)。そして、日曜4R芝千八のナイルストーリーは「しっかり乗り込んで…

後味の悪いレースに

マイルCS“価値あり”の③⑦着馬


芝では日曜12R3歳上一千万、芝千八に注目した。前半半マイルが51秒5のドスロー。後半5Fは全て11秒台で57秒9である。こんな差しづらい流れで4角10番手から④着したのがアドマイヤコリン。もう8歳で上がり目はないが、9戦連続で勝ち馬から1秒以内にいるだけに、ひょっとしたら一度ぐらいはまるのではないか。…

二ノ宮調教師

ディーマジェスティの前祝い? 二ノ宮厩舎 固め打ちの気配


さらに、13年GⅢ中山金杯の勝ち馬タッチミーノットの半弟グラブザゴールド(土曜5R・芝千八)も仕上がり上々。 デビュー戦で1番人気ながら⑫着と期待を裏切ってしまったクレッシェンドラヴは日曜4R(芝二千)。担当の斉藤助手は「レースでは調教の良さが全く出ませんでしたね。あんな馬ではないはずですよ」と巻き返しに力が入っていた。 今週の二ノ宮厩舎は固め打ちの気配だ。…

ジュンヴァリアスは相当にキレる

2歳未勝利で極上の記録が


同じく、早いうちに2勝目を期待できるのが土曜1R2歳未勝利、芝千八(写真)を勝ったジュンヴァリアスだ。残り400~200メートルが10秒3の速さながらも、ここで動いて最後は豪快に2馬身半突き放したレースぶりは圧巻だ。ちなみに、前記した「10秒3」はこのコースにおける最速タイのラップ。この馬、相当に切れる。 直線競馬での勝利とあって評価は微妙でも、記録は極上なのが日曜2R2歳未勝利、芝千メートル…

None

トーホウエース、ネコビッチなど


〈小倉〉 土曜日(27日) エスピリトゥオーゾ 2R2歳未勝利 芝二〇〇〇メートル ④着6人 前回が芝千八を後方でもまれ込んで⑪着惨敗だったことを踏まえて、今回は「積極的に走らせました」と藤岡佑。好位3番手から4角も手応え十分に回ってきた。それだけに直線でゴチャついてしまったのがもったいない。「他馬に寄られた時に一瞬、ひるむところがありました。スムーズに割っていけてたら違ったと思うだけに……」…

None

札幌記念①~③着をジャッジする


ダイワスキャンプが勝った日曜8R3歳上五百万、芝千八は2、3、8F目が10秒台のラップを刻み、先行馬は壊滅。5番手から残り200メートルで先頭をうかがった③着アウェイクは、前走に続いて1番人気を裏切ったことになるが、これまでの中で最も強い競馬をしているのは間違いない。次こそは順番だ。…

None

【日曜福島11R・ラジオNIKKEI賞】出走全馬の厩舎情報


⑧トモトモリバー 高山調教助手 芝千八はやってみないと何とも言えないね。ただ、折り合い的には心配ないし、バランスのいい馬だから芝もこなせそう。能力はある馬だから、試してみるのもいいかも。 ⑨カープストリーマー 清水久調教師 この前はゴチャついたりして、リズムが悪くなってしまいましたね。中間は放牧へ。ここを目標に逆算して戻しました。今週も併せ馬でしっかりやり、万全に仕上がってます。通用しても。 …

None

【日曜東京12R】出走全馬の厩舎情報


⑩ファーストオーサー 勢司調教師 もともと芝千八で勝っているように、条件的には悪くないですよ。やめちゃう面があるので、最後まで集中力が続くかが鍵。その辺は、ジョッキーも手の内に入れてると思うので。…

ロゴタイプ逃げ切りの要因


時計が優秀なのは土曜6R、牝馬限定の3歳未勝利、芝千八だ。スマートルビーの勝ち時計は1分46秒8。今の未勝利のレベルでは極めて速い。 前半3Fが34秒9で、5Fが58秒6。当然、先行勢が粘れるようなペースではなく、最後は後方にいた勝ち馬と②着フィールザオーロラの叩き合い。休み明けのスマートに軍配が上がったのは、2月に新馬で③着しているように力が上だったことと、兄にステラウインドがいる血統か。3…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事