日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

和田誠特集

「ほんの数行」和田誠著


(七つ森書館 2000円)…

三十路目前でゴールインの可能性も

料理挑戦は花嫁修業か? 上野樹里がトライセラ和田と熱愛


11日の日刊スポーツが報じたもので、上野は料理研究家の平野レミ(69)とイラストレーターの和田誠氏(80)の長男で、ロックバンド「TRICERATOPS(トライセラトップス)」ではボーカル兼ギターとして活躍する和田唱(40)と交際して約半年。 上野は同バンドのライブ会場にも度々足を運び、互いの家を行き来するなどオープンな交際を続けているという。すでに結婚を考えているという音楽関係者の証言もある…

「年下の女芸人と飲むときは乱れない」と清水さん

清水ミチコ 三谷幸喜の誕生会で酔って呼び捨てにした相手


和田誠さん、平野レミさん、南伸坊さん、阿川佐和子さん、檀ふみさんたちがいらして酔った私は、文化人の方に「阿川!」とか、男みたいに呼び捨てにしてしまったらしい。 翌日、三谷さんから電話をいただいて目が覚め、「大丈夫でしたか?」と言われてビックリ。乱れっぷりがひどかったみたい。突然、歌い始めたり、寝たかと思うと、起きて悪態をついたり、笑い出したり……。 まったく覚えてないし、なぜそうなるのかもわから…

「ホームランバー」の当たりの焼き印(右)

くじ付きアイス「ホームランバー」は長嶋茂雄の活躍が生んだ


そこで名称を『ホームランバー』に変更し、銀紙の包装紙には和田誠さん(イラストレーター)にホームラン坊やを描いていただき、1960年に新発売。キャンペーンポスターは、巨人に入団し、国民的ヒーローになっていた長嶋茂雄さんでした。発売当初からものすごい売れ行きだったそうです。本来なら商品は弊社の製造工場からお得意先へ配送するはずなのに、売り切れて納品が待ち切れないからと、東京・日本橋の工場の外にトラッ…

【うおがし銘茶】誰が淹れてもおいしいお茶


伊勢丹やキッコーマンなどの企業広告を手がけたグラフィックデザイナーの小島良平氏を筆頭に、同社の企業理念に賛同したデザインのプロたち――「週刊文春」の表紙で知られる和田誠氏や、水墨画家の伊藤方也氏のエスプリに富んだデザインが彩りを添えます。商品名も斬新で、2枚看板は「しゃん」と「にゅう」。「こんにち葉」という商品もあり。ここぞの挨拶の時、名刺と一緒に手渡ししたらインパクト大では。 1階から5階まで…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事