日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

久保裕也特集

プロ14年目の久保投手

ベイで心機一転の久保裕也 「話が直接きたのはDeNAだけ」

昨オフに巨人を戦力外になった久保裕也(35)が復活を懸けて新天地で汗を流している。02年に自由枠で巨人に入団。新人年の03年に6勝を挙げるなど9年間で43勝(31敗)をマーク。先発やリリーフ、抑えで活躍するも、11年オフに右股関節、翌12年にはトミー・ジョン手術を受けた。14年に4勝4敗11ホールドと復活したが、昨季は一軍登板ゼロで13年間在籍した巨人を去った。4日…

決勝点のヘントMFペルベ

【欧州EL速報】日本代表FW久保所属のヘントが大金星

日本代表FW久保裕也(23)がプレーするヘント(ベルギー)が、日本時間17日に再開された欧州リーグ(EL)決勝トーナメント1回戦に登場し、英プレミアの強豪トッテナムを迎え撃った(同午前3時開始)。 前半0―0から後半14分に均衡が破れた。ヘントのMFペルベが左足でゴール。地元サポーターに格上相手の無失点金星をプレゼントした。 ちなみに久保の姿はベンチにも見て取れなか…

阪神の福原は?

プロ野球 総収入から見る「成功組」「失敗組」の人生設計

<成功組> ■久保裕也 36歳・東海大=02年巨人自由枠 主にセットアッパーと抑えで活躍。巨人時代の14年には優勝の美酒にも酔った。15年オフに自由契約。今季はDeNAで再起を目指したが、9試合の登板で終わった。14年間のプロ野球生活で優勝も経験。8億2200万円(契約金1億円含む、出来高除く)を手にした。 ■福原忍 39歳・東洋大=98年阪神3位 野村、星野、岡…

格下相手の敗戦にガッカリの長友(左はインテルMFバネガ)

欧州リーグの洗礼…長友、武藤は見せ場なく“不完全燃焼”

この南野と五輪代表の僚友だったスイス・ヤングボーイズ所属のFW久保裕也(22)が、オリンピアコス(ギリシャ)戦に先発出場。しかしゴールに絡めず、チームも0─1の完敗に終わった。 今季ELに日本人7人が参戦中だが、思うような成績は挙げられなかった。…

独特の投球フォーム

「ザトペック投法」が武器のDeNAドラ2熊原は“全力少年”

キャンプ序盤に早速、先輩の久保裕也(35)に教えを請うた。自身が課題とするフィールディングを向上させるためだ。 捕球からスローイングまで一連の動作でスムーズに送球できるようになるにはどうすべきか、熱心に耳を傾けたという。 マジメで練習熱心な一方で、「天然系愛されキャラ」としてチームの輪に溶け込んでいる。 第2クール初日の練習前、グラウンドでの投手ミーティングが終わ…

先制点のFW久保と抱き合う手倉森監督

抜擢の原川が劇的弾 U-23手倉森監督に「A代表任せろ」の声

前半26分、カウンターからFW鈴木武蔵(21)が左サイドを抜け出し、ゴール前に送ったクロスをFW久保裕也(22)が、スライディングしながら押し込んだ。 しかし、前半終了間際に同点に追い付かれ、後半はイラクのペースのままアディショナルタイムに突入した。 ここでボランチで先発出場のMF原川が大仕事だ。渾身の左足ボレーシュートをゴールネットに突き刺したのである。 「MF原…

久保と南野には期待が集まるが…

U-23日本 “欧州コンビ”久保&南野だけが波に乗れない理由

チームに2人しかいない欧州組のFW久保裕也(22=スイス・ヤングボーイズ)、MF南野拓実(21=オーストリア・ザルツブルク)の攻撃系二枚看板に期待が集まるが、2人とも「いまひとつ波に乗り切れていない」(現地取材記者)ともっぱらだ。 「思惑が外れてしまったから」とマスコミ関係者がこう続ける。 「スイス、オーストリアは欧州サッカー界の3番手グループ。1シーズンで結果を残…

エースFWのはずの武蔵はノーゴール

U-22はリオ五輪1次予選突破も 代表“底上げ”の役目果たせず

前半41分、久保裕也(21=スイス・ヤングボーイズ)が左クロスを頭で合わせて先制ゴール。格下相手になんとか奪ったこの1点を守り切り、同予選I組を首位通過。来年1月にカタールで開催される最終予選(出場16カ国)に駒を進めた。 とりあえずは第一関門突破というワケだが、最終予選には1次予選で戦ったような弱小国は皆無。本大会出場枠3をめぐって苦戦は免れず、96年アトランタ…

ベトナム戦はMF中島が2得点も“辛勝”

低迷する年代別代表 サッカー協会に漂う“暗黒時代”突入不安

ベトナム戦にFW久保裕也(21=ヤングボーイズ)、FW南野拓実(20=ザルツブルク)が公式戦で初の同時先発。しかし、ふたりとも欧州組の貫禄を見せられず、試合自体は格下相手に辛勝だった。 最終予選で「16分の3」に入れるか? 心もとないというしかない。…

硬い表情で会見した相川/(C)日刊ゲンダイ

昨季の教訓生かされず FA相川獲得で巨人が払う大きな代償

投手では実績のある久保裕也(34)、有望株ながら「28人」には入れそうにない江柄子裕樹(28)らが狙われる。 野手ならゴールデングラブ賞の経験もある松本哲也(30)。原監督は「外野の守備力は12球団一」と言うが、今季は同タイプの橋本到(24)の台頭もあって出番が激減。ヤクルトの真中新監督は「センターライン」の守備力強化を掲げている。 ■捕手なら小林以外は選び放題 …

原監督も絶賛/(C)日刊ゲンダイ

相次ぐ故障で…巨人・久保、「人的補償」候補から救世主へ

3番手で登板した久保裕也(33)は1回を無安打で2奪三振無失点の好投。11年に股関節、12年に右ヒジを相次いで手術し、ここ2年間で2試合しか投げていない久保は 「今は野球をやれるのが楽しい」と笑顔。原監督も「相手にスイングをさせていない。光っていた」と復活を喜んだ。 6年連続60試合登板の絶対的セットアッパー山口と、昨季終盤に中継ぎで結果を出した沢村がともに肩の不…

None

片岡FA流出の西武が「人的補償」で狙う巨人投手の名前

巨人の元守護神の久保裕也(33)がリストから漏れると読んでいます」とこう続ける。 「久保は股関節と右ヒジを手術して今季は一軍での登板はなかった。年俸も1億円から5000万円に半減。28人には入らないでしょう。ただ、ウチは後ろの投手がいない。故障は治っているようだし、もしリストから漏れていたら、抑えは当確と言ってもいいくらいです」 新たに2年契約を結んだマシソン、山口…

None

巨人FA補償 「55」から「44」の大田に放出危機

広島と西武が目を光らせているのは久保裕也(33)だ。 この日、5000万円ダウンの5000万円で更改。「頑張れなかった分下がった。そういう世界」と話した。一昨年に股関節、昨年は右ヒジを手術。今季は一軍での登板はなかったが、すでに投球練習を再開するまでに回復している。川口投手総合コーチが先日、「久保は股関節がまだ痛いらしい。だから来年はどうなるか分からないよ」と話した…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事