日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森山直特集

森山直太朗もお気に入り ハンバーガーの人気店「ARMS」


ユーモアのセンスも抜群で、バラエティーでも活躍中のシンガー・ソングライター、森山直太朗(39)。地元のお気に入りの店としてテレビ番組で紹介していたのが、代々木にあるハンバーガーレストラン「ARMS(アームズ)」だ。 場所は地下鉄代々木公園駅、小田急代々木八幡駅から歩いて5分ほど。代々木公園のすぐそばに店があり、木のぬくもりあふれる空間で手作りのハンバーガーを堪能できる。 オーダーを受けてから一つ…

None

カレー好きの森山直太朗も納得!インドカレーの隠れた名店「ライオンシェア」


軽快なトークがうけて、バラエティー番組にもたびたび出演しているシンガー・ソングライターの森山直太朗(37)。カレーが大好物で、ある番組で紹介したのが代々木にあるインドカレーの店「ライオンシェア」だ。 場所は代々木駅から徒歩10分ほどのマンションの1階。カレーはかつて長野県松本市に店を構えていたインドカレーの名店「シュプラ」の味をそのまま受け継いだもので、作り方も食べ方もオリジナリティーにあふれて…

田中照久さん(KWCのHPから)

「さだまさし」でカラオケ世界王者 早大職員の底知れぬ実力


森山直太朗バリの裏声が欧米人にも受けたのでしょう。スポンサーや各国の審査員も、感動していたのが印象的です」(現地リポーター) それもそのはず。実は田中さん、10年前の「カラオケ日本一決定戦」(文化庁後援)で優勝。文部科学大臣奨励賞を受賞している。国内ののど自慢大会では常連サンだ。 「日本一受賞曲が、森山直太朗の『さくら(独唱)』。そのころから高音は聞かせましたね。今大会の歌声を聞くと、さらにレベ…

石川さゆり(左)と市村正親

いまや絶滅の危機に瀕した「中高生向け歌番組」の惨憺


森山直太朗「夏の終わり」、平浩二「バス・ストップ」と持ち歌を熱唱すれば、杜このみ(だから誰?)が西川(現・仁支川)峰子の「あなたにあげる」……。「大人のラブソング」でこの歌が出てくるかと首をひねるばかり。 ほかにも「若くして大人っぽい!? 早熟歌手の懐かしいVTR!」と題して、西川や浅野ゆう子のデビュー当時の映像を見せる、民放で散々やっているようなコーナーまでぶっこみ、何をやりたいんだか、わから…

この駅では武道館をモチーフにしたあの曲を使用

電車発着メロディーに異変 なぜJポップが急増している?


曲のイメージなどで選ばれているのは、東京メトロの銀座線・上野駅(「さくら」森山直太朗)、東西線・九段下駅(「大きな玉ねぎの下で」爆風スランプ)、千代田線・乃木坂駅(「君の名は希望」乃木坂46)、日比谷線・秋葉原駅(「恋するフォーチュンクッキー」AKB48)など。 JR西日本は昨年3月、「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として大阪環状線の全駅で発車メロディーを改変。天満駅の「花火」(aiko)…

None

連載9901回 昭和歌謡は生きている


そういえば今年は森山直太朗のサクラの歌も、あまり耳にしなかった。卒業期のテーマソングのように、ずっとうたわれ続けていたロングセラーだったのだが。 はやりすたれがあるから「流行歌」という。どんな超ヒット作でも、いつかは忘れ去られる時がくる。流行歌はサクラの花のようなものかもしれない。満開の桜も、やがて散るのだ。 とはいうものの、その桜を見た人びとの記憶は歳月が過ぎても残る。あの日、あの時、こんな歌…

日本音楽会への影響力を再認識


菊池桃子とデュエットしようが森山直太朗をカバーしようが、彼が歌うとどんな曲でも一気にソウルフルに変身した。声の出し方。息づかい。すべてに地元である東京・大森のストリートで鍛え上げられた独自の黒さがみなぎっていた。 そんな歩みを集大成したデビュー35周年記念ベスト盤「ALL TIME BEST~Martini Dictionary~」。彼の極上の“歌謡ソウル”感覚が、現在の日本の音楽界にどれほど大…

街中でじゃんじゃん宣伝/(C)日刊ゲンダイ

視聴率大幅ダウンの「HERO」 ゲスト出演者もSMAP頼み?


毎回登場が予定されているというゲスト出演者は、初回が『若者たち2014』の主題歌を歌う森山直太朗で、半分は番宣目的。第2話は谷原章介で、第3話は前田吟……。視聴率のV字回復は見込めません」(放送担当記者) そんな窮地のフジがすがるのはやはりSMAPだという。 「今年の『27時間テレビ』で司会を務めるのがSMAP。もちろん、司会はキムタクが『HERO』に主演していることを見越してのことだが、ドラマ…

長女の結婚でおぎやはぎ小木の義母に

森山良子 家出から4年を要した“ドロ沼離婚”と2度目の結婚


歌手として活躍する森山直太朗である。会見で「今度こそ、死ぬまで一緒に頑張りたい」と語っていた森山だが、結局、相良氏とも離婚。男運にはあまり恵まれなかったようだ。 ◇1975年3月 6日、石原慎太郎が都知事選立候補を正式表明。翌月行われた選挙で現職の美濃部亮吉に敗北。15日、ギリシャの大富豪アリストテレス・オナシスが69歳で死去。23日、大相撲春場所で大関貴ノ花が初優勝。元横綱若乃花との兄弟優勝(…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事