日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

権藤博特集

和田のような実績投手に余計な言葉は不要

SB工藤監督「和田特別扱い発言」の真意を権藤博氏が解説


コラム【権藤博の流儀】 「ボクの中で『横一線』はない。力の世界では当然のことです」 ソフトバンク工藤公康監督(52)の言葉だ。 12年にメジャー挑戦した和田毅(34)が5年ぶりに古巣ソフトバンクに復帰。その入団会見に同席した工藤監督が「彼ぐらい実績のある投手が実績のない投手と一緒のラインで戦うことはない」と早くも来季の開幕先発ローテ入りを確約し、冒頭のセリフを続けた。 ホークス時代に9年間で10…

新監督は誕生間近か?

高橋由に「原野球の継承」を押しつける巨人に権藤博氏が苦言


コラム【権藤博の流儀】 巨人が来季の監督として高橋由伸(40)に白羽の矢を立てた。 理由はいろいろとあるのだろうが、球団幹部が盛んに強調しているのは「原野球を継承してくれること」である。 確かに、退任の決まった原監督(57)が残した功績は、これはもう素晴らしいの一言に尽きる。 計12年の監督生活でリーグ優勝7度、日本一が3度。Bクラスが1度だけという成績は、過去の大監督と比べても決して見劣りせず…

ともに引退する和田(右)と握手する谷繁監督

「谷繁の兼任が中途半端に」 権藤博氏が今季低迷の中日を斬る


コラム【権藤博の流儀】 彼が選手兼任監督に就任した2年前から、私は本人と顔を合わすたびにこう言っていた。 「中日が勝つも負けるも『捕手谷繁』次第だよ。お前が100試合以上スタメンマスクをかぶればAクラス、それができなければBクラス。中日投手陣にはまだ上位を狙える力がある。ただし、それを生かすのは、『監督谷繁』ではなく、『捕手谷繁』だぞ」 中日の谷繁選手兼任監督(44)に、余計なお世話を承知でしつ…

球団経営にもタッチするというが…

権藤博氏が星野氏に提言 「楽天再建には監督復帰するべき」


コラム【権藤博の流儀】 楽天の星野仙一シニアアドバイザー(68)が球団の取締役副会長に就任した。立花球団社長によれば、その役割はメジャーで流行中の、「プレジデント・オブ・ベースボール・オペレーション」だそうである。長ったらしいだけでピンとはこないが、要するに「編成統括責任者」。監督人事を含め、チームづくりの全ての権限を与えられるというから、実質的に「GM」を兼ねることになる。 現在、日本の12球…

トリプルスリーは確実

4冠射程ヤクルト山田の抑え方 権藤博氏が“奥の手”語る


コラム【権藤博の流儀】 山田哲人(23)の勢いが止まらない。 いや、勢いなどと書いたら失礼だ。100試合以上を消化して本塁打数でトップに立ち、打率と打点は僅差の2位。3冠王を射程圏内とし、そのうえ盗塁王もひた走る。4冠なら史上初。3割、30本、30盗塁のトリプルスリーはほぼ確実なものにするのだから、実力以外の何物でもない。 普通、これだけ打つと投手の攻め方は厳しくなる。ライバル球団の中には、「当…

None

「緩急より強弱で」 権藤博氏がマー君の“一発病”克服に処方箋


コラム【権藤博の流儀】 ヤンキースの田中将大(26)が「一発病」に苦しんでいる。 5敗目(8勝)を喫した日本時間10日のブルージェイズ戦でも、2発を浴びた。今季は16試合で18被弾。確かに多い。昨年は20試合で被本塁打は「15」だった。 ブルージェイズ戦で打たれた2発がそうだったように、速球系の球をスタンドに運ばれるケースが多い。本人は「こっち(米国)ではボクのような真っすぐは並。といって、(速…

ソフトバンクは交流戦最高勝率を残した

権藤博氏が交流戦総括 「セの采配は“緻密”ではなく“怯懦”」


権藤博/野球評論家)…

None

「男気ではなくクールな決断」 高知入団の藤川を権藤博氏評価


権藤博/野球評論家)…

今の浅尾には往時の面影なし

元コーチ権藤博氏も指摘 中日・浅尾「先発転向」へ待ったなし


12年に中日で投手コーチを務めた評論家の権藤博氏も、当時浅尾に先発転向を勧めていた。権藤氏は182センチ、75キロと細身の浅尾が剛速球を投げられることについて、日刊ゲンダイの連載でこう語っていた。 「リリースの瞬間に上半身と下半身の力を爆発させる瞬発力のたまものである。だが、瞬発力は年齢とともにいずれ衰える。その前に、瞬間的なパワーに頼らないバランスのいい投球フォーム、力で押すだけではない投球…

None

マー君の中4日先発に権藤博氏が理解も「日本は甘い」と苦言


権藤博/野球評論家)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事