日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

坂田藤十郎特集

梨園の妻として夫に尽くせるか

ドン欠席で広がる憶測 紀香&愛之助の船出に“逆風”やまず


式の内容について愛之助は8月の会見では「シンプルにコンパクト」と話していたが、招待客は坂田藤十郎、片岡仁左衛門、尾上菊五郎など歌舞伎関係者をはじめ、麻生太郎財務大臣や贔屓筋など約600人。 ウエディングケーキは「6代目」にちなんで6段で、引き出物には「和光」のバウムクーヘン、この日の日付が入った「フランク・ミュラー」の皿、2人がハマっているという「水素発生器」の特注品(10万円相当)など5品が包…

妻の三田寛子は悩みが尽きない

息子とキャバ通いも 中村橋之助に見る歌舞伎界の“女遊び”


口上のネタにされるくらいで、とがめる幹部なんていやしません」 たしかに人間国宝の中村鴈治郎(現・坂田藤十郎)は70歳の時に19歳の舞妓との密会どころかバスローブの前をはだけ、下半身が露出した写真をスクープされたこともある。故中村勘三郎の艶聞はいわずもがな、故坂東三津五郎、現役では海老蔵、愛之助しかり――。歌舞伎役者に貞操観念を求めるのは八百屋で魚のようである。…

語り・中村芝雀(左)と聞き手・吉川潮

「若女形」をお家芸とする芝雀が襲名披露で演じるのは…


松本幸四郎、市川染五郎が「高麗屋」、中村吉右衛門が「播磨屋」、坂田藤十郎が「山城屋」、片岡仁左衛門が「松嶋屋」、市川海老蔵が「成田屋」、坂東玉三郎が「大和屋」、中村勘九郎、七之助が「中村屋」、澤村田之助が「紀伊国屋」。歌舞伎座で「中村屋!」「紀伊国屋!」と続いて声が掛かったら、屋号を知らない人が「どうして新宿のカレー屋と書店の名前を言うのか」と尋ねたという笑い話が残っている。 そして、中村芝雀は…

右から芝雀、父の雀右衛門、兄の友右衛門

まだ父の芸をなぞるので精いっぱいです


そして後々、先代も良かったけれど、5代目もいいねと言われるようになればいい」 心強いことに、「鎌倉三代記」には中村吉右衛門と尾上菊五郎が、「金閣寺」には松本幸四郎、片岡仁左衛門、坂田藤十郎といった人間国宝級の大物が脇を固めてくれる。さらに夜の部の口上では幹部俳優が総出で祝ってくれる。他の狂言にも中村梅玉、中村時蔵、中村橋之助、尾上松緑、中村鴈治郎、尾上菊之助、中村勘九郎など人気役者が多数出演する…

家賃3万5000円の警備会社の寮暮らし

元祖イケメン俳優・仲雅美さん 借金3億円に泣き今は警備員


ギャラなんてタダみたいなもんでも、自由にできるのがうれしいね」 日舞は5歳から始め、朝丘雪路公演「明治一代女」に出演し、坂田藤十郎、故坂東三津五郎らと共演したことも。 仲さんは高校3年の時、故遠藤実、作詞作曲の「しあわせ呼ぼう」で歌手デビュー。 「深夜番組で4回歌う機会があっただけ。正直、鳴かず飛ばずだったね。でも、たまたまその1回を見た木下恵介監督から連絡があったんだ」 71年、TBSドラマ「…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事