日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森村誠一特集

「雪煙」森村誠一著


(光文社 580円+税)…

森村誠一

角川春樹さんから「作家の証明書になる作品を」と突然依頼された森村誠一氏


「狙撃者の悲歌」森村誠一著


(祥伝社 620円+税)…

「深海の人魚」森村誠一著


(幻冬舎 1700円)…

「迷子の日本国憲法ただ一つの国から、ただの国へ」森村誠一編著


(徳間書店 1000円)…

「死刑台の舞踏」森村誠一著


(祥伝社 600円)…

None

「健康に生きる覚悟」森村誠一著


(KADOKAWA 1000円)…

「夜行列車」森村誠一著


(光文社 500円)…

著者の小林哲夫氏

「シニア左翼とは何か」小林哲夫氏


ご意見番は大江健三郎、瀬戸内寂聴、澤地久枝、森村誠一など、反体制・反権力的な意見表明をしてきた知識人だ。 「それに対して、初参加組は、孫たちの将来を考えると、原発再稼働も安保法制も許せないと、60歳を超えて初めて参加した人たちです。1970年当時、大学生は同世代の20%、全共闘は多数派ではありませんでした。でも、戦後の民主主義教育を受けた人たちが危機感を抱いて初参加するほど、状況がひどいというこ…

(株)ポプラ社の奥村傳社長

【ポプラ社】奥村傳社長


作家シリーズは、大学生のころからの習慣みたいなもので、70年安保当時は高橋和巳、埴谷雄高、吉本隆明、五木寛之などに傾倒し、卒業後、新聞社に入り、勤め人となってからは城山三郎や高杉良、源氏鶏太などの企業小説、それから推理物では森村誠一といった具合に、一度ハマると、ずっとその作家の本ばかり読むんです。近年だと、池井戸潤がその対象。単行本で出た「下町ロケット」を読んで「これは面白い!」と感動。夢を追う…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事