日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

澤田秀雄特集

ハウステンボスは再建できたが

HIS東京五輪までに「1兆円企業」の道筋つけられるか


たとえ澤田秀雄が“カリスマ”で、創業者の社長復帰が珍しい話でもないといっても、12年ぶりはいかにも長い。業績の停滞を理由に2005年に復帰したユニクロの柳井正も、ブランクはたったの3年だ。 「澤田さんがソフトバンクの孫正義氏、パソナグループの南部靖之氏とともにベンチャー三銃士と呼ばれたのは、90年代後半です。最近の若手社員にとっては、大げさですが“歴史上”の人物で、それに12年も経てば社内も変わ…

創業者の澤田秀雄

HIS起業家の血が騒いで創業者が12年ぶり社長復帰


「後づけの理由はいろいろあるでしょうが、結局は、起業家の血が騒いだということだと思いますよ」(幹部社員) 今月1日付で12年ぶりに社長に復帰し、経営体制を刷新した創業者の澤田秀雄(65)。2008年に40歳の若さで社長に抜擢された平林朗(48)は代表権のない副会長に就いた。唐突感は否めないが、いったん会長に退いた創業者が返り咲くケースは、珍しい話でもない。 2005年のユニクロの柳井正をはじめ、…

平林氏は名物社長だったが

突然の社長交代 HIS創業者・澤田氏の再登板は吉と出るか


後任の社長は、創業者である澤田秀雄会長(65)が兼務する。澤田氏は新設の最高経営責任者(CEO)にも就任する。本業の旅行業以外に、ホテルや電力小売り、テーマパークなど事業範囲の拡大が進んでいることから、経営判断を迅速化する狙いだ。 HIS広報担当は「トップは、旅行会社というよりあらゆる領域を見なくてはならない。平林は、新たに設置されるM&A本部の本部長、グローバルオンライン事業やホテル事業にも関…

スカイマークはANAの支援を受け再出発

「ANA」×「スカイマーク」支援する側とされる側の違い


一方、スカイマークはH.I.Sの澤田秀雄社長(当時)らの出資によって1996年に設立。エアバスA380を導入しようとしたところから始まるトラブルにより経営に行き詰まり、15年1月に民事再生法の適用を申請しました。新生スカイマークとして、4月から阪神タイガースのロゴを機体側面にあしらった「タイガースジェット」を運航しています。 初任給(総合職事務・技術)は、ANAの大卒が21万2000円、スカイ…

目がくらむ/(C)日刊ゲンダイ

起業家ズラリ…巨額配当で潤う「日本の大金持ちリスト」


1億~2億円には、HISの澤田秀雄会長やマネックスグループの松本大社長、そしてパソナグループの南部靖之代表ら、一時代を築いた起業家がズラリと並んだ。 ■税金対策で2%台に 「3%以上を保有する大株主は配当金にかかる税金が違います。3%以下であれば分離課税(約20%)ですが、3%以上は所得を合算する総合課税(累進課税)になります。だから保有比率を2%台に抑える創業一族は多いようです」(株式評論家の…

大阪本社にも接待施設(右は南部代表)/(C)日刊ゲンダイ

ASKA事件が暴く 安倍首相と派遣規制緩和の闇(上)


70年代に『ベンチャー三銃士』と称されたソフトバンクの孫正義氏、エイチ・アイ・エスの澤田秀雄氏とも交流があるし、南部代表はとにかく人脈が広い」(経済ジャーナリスト・有森隆氏) そして、南部代表とほとんど人脈が重なっている人物がいる。安倍晋三首相、その人だ。ASKAの覚醒剤事件は現職首相にまでつながるのだ。(つづく)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事