日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田中賢介特集

米国では全くダメだった田中賢介/(C)日刊ゲンダイ

田中賢介「2年3億円」出戻りで日ハムにくすぶりだす“火種”


日本ハムが16日、前レンジャーズ3Aの田中賢介(33)の獲得を発表したからだ。 驚くのは、2年総額3億円プラス出来高の好待遇より何より、「ドラフト」と「育成」を2本柱にするチームが一度は放出したベテランを戻したことだ。 田中は日ハムと交わしていた3年契約の2年目を終えた12年オフに海外FA権を行使。ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。メジャー挑戦を表明した会見で田中は、涙ながらに「球団は『いつで…

日ハム時代の田中賢介/(C)日刊ゲンダイ

元メジャー田中賢介が日ハム復帰へ 懸念される“玉突き人事”


一昨年オフ、海外FA権を行使して米球界に挑戦した田中賢介野手(33、前レンジャーズマイナー)のことだ。 日本ハムは「3年に1度リーグ優勝する」というスタンス。昨年は最下位に沈み、今年は3位だったものの、CSではオリックスを下し、優勝したソフトバンクと五分に渡り合った。 大谷(20)、近藤(21)、中島(23)ら若手の成長も著しく、田中の加入で打線の厚みが増せば、来季は本気で優勝を狙えると、フロ…

主力流出の“元凶”と言われる田中賢介/(C)日刊ゲンダイ

田中賢介復帰画策の余波? 日ハム大引、小谷野に移籍の可能性


西川には神経を使う

ソフトバンクに肉薄する日本ハムはいやらしいチームです


西川、中島、田中賢介ら、足の速い選手が多いだろ。ランナーに出すと、投手は打者との勝負に集中できない。余計な気を使うことになる。それに打線には粘りがある。粘りというのは、凡打になっても、2ストライクからカットして球数を投げさせたりする。やっかいな打線だね」 捕手の細川も「バカスカ打たれた感じはしないが……」と言って、こう続けます。 「日本ハム打線は、ここぞという時の集中力がある。連打、連打で点を取…

None

故障者続出でも日本人投手の需要は高い


ダルビッシュ有、藤川球児、和田毅らが相次いでトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受け、黒田博樹、松坂大輔、田中賢介らは日本球界に復帰した。MLB公認エージェントたちは、プロ野球界をどのような視点で見ているのだろうか。 「たまたま今年は移籍したアスリートがいなかっただけで、いまなお、日本球界はトップアスリートの宝庫だよ。現に日本に10人近くいるMLB球団のスカウト陣は、開幕から各地のプロ野球を丁寧…

None

ジャイアンツの青木に対する掛け値なしの評価


日本人初のメジャーリーガーとなった村上雅則氏を筆頭に、新庄剛志氏、藪恵壹氏、田中賢介、青木と日本人選手との契約に積極的な球団は、彼らの存在がチケットセールスにも好影響を及ぼすことを知っている。 青木は無理をする必要はない。目に見えない病の脳振とうは、コンタクトスポーツの代名詞ともいえるアメリカンフットボールの世界では後遺症に悩まされ、キャリアを断たれる選手も少なくない。世界レベルの巧みなバットコ…

None

故障相次ぐも揺るがず 米スカウト「日本人投手」高評価の理由


ダルビッシュ有、藤川球児、和田毅らが相次いでトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受け、黒田博樹、松坂大輔、田中賢介らは日本球界に復帰した。MLB公認エージェントたちは、プロ野球界をどのような視点で見ているのだろうか。 「たまたま今年は移籍したアスリートがいなかっただけで、いまなお、日本球界はトップアスリートの宝庫だよ。現に日本に10人近くいるMLB球団のスカウト陣は、開幕から各地のプロ野球を丁寧…

中田翔(左)と陽岱鋼

日ハム頭痛の種? 陽岱鋼vs中田翔「年俸2億円」バトル


2人をチームの最高給取りにしたオフの契約更改も意識して同額にしたうえ、2人と何度か下交渉してモメないようにしたらしい」 かつてキャプテンを務めた田中賢介(33)が3年ぶりにチームに復帰したものの、ブランクがあるし、そもそも強力なリーダーシップを発揮するタイプでもない。 最高年俸の2人がギクシャクするようなら空中分解まであるという気もするが、「中田は陽ほど相手を意識してないし、自分こそナンバーワン…

ロイヤルズ時代の不可解な起用ともおさらば?/(C)AP

環境は申し分なし…青木は「ジ軍入り」で大正解 これだけの理由


かつては新庄剛志や田中賢介(現日本ハム)らが在籍。現地には日系人も多く、ファンの声援も比較的温かい。泥にまみれるのをいとわないタイプの青木は地元メディアやファンとも良好な関係を築けるはず」とは、前出の関係者だ。…

怒りのFA宣言をした大引啓次/(C)日刊ゲンダイ

日ハム大引 「ブチ切れFA宣言」の裏にある首脳陣との“確執”


ダメを押したのは、田中賢介(33=元レンジャーズマイナー)の補強による玉突き人事だ。 田中が二塁に入ることによって、二塁手の中島が遊撃へ。大引は三塁に押し出され、小谷野(34)や近藤(21)との競争を強いられる。大引はクビをかしげながら、知人に「若手を含め内野手が多過ぎる。僕は必要とされているのか?」と話していたという。「栗山監督は(田中)賢介とツーカーの間柄。その守備力を高く評価していて、ほ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事