日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

江利チエ特集

海外にいることが多かった/(C)AP

高倉健さん 私生活が“神秘のベール”に包まれていたワケ


71年に江利チエミさんと離婚後はずっと独身。自宅は世田谷区内にあったが、健さんのプライベートを知る人はごく親しい人間以外、ほとんど存在しない。それは「高倉健といえば、映画のスクリーンの中で見せる姿が彼のすべてといっても過言ではない。神秘のベールに包まれた映画界の巨星」(映画ジャーナリスト・大高宏雄氏)であることを自覚するがゆえの美意識も大きかったはずだ。 もっとも、前出の編集者のエピソードのよ…

「崑ちゃん ボクの昭和青春譜」大村崑著


佐々十郎、芦屋雁之助、小雁、森繁久弥、伴淳三郎、藤山寛美、由利徹、渥美清、トニー谷、江利チエミと高倉健、美空ひばり母娘……。みな、ひとクセあるつわものばかり。確執もあれば和解もあった。笑いも涙もあった。多くは故人となってしまったが、崑ちゃんの語り口が、その素顔を生き生きと蘇らせた。(文藝春秋 1400円+税)…

江利チエミと離婚後は生涯独身を通してきた

養女のTさんが言葉を選びながら語り始めた


健さんは1971年に歌手の江利チエミと離婚して以降、生涯独身を通してきた。はたしてTさんとはどんな女性なのか。取材を進めていると意外なところから声がかかった。なんと文藝春秋の出版部からだった。聞けば、内々にTさん監修で追悼本を制作中だという。私が各方面に取材していることがわかり、そして交渉の結果、ついに彼女の話が聞けることとなったのだ。 凛としたたたずまいのTさんが、高倉健“最後の日々”を、言…

文藝春秋より高倉健さんの「最後の手記」

「健さんの養女はTさんという50歳の元女優ですよ」


児島美ゆきも週刊現代で交際の過去を告白してましたね」 江利チエミと離婚以降、女性との噂はあったが、それだけだとインパクトはない。 「うーん、本当かどうか知らないけれど、健さんがその彼女を養女にしたっていう噂があるんだよね」 “養女”という言葉に私は反応した。 「養女ですか! それは興味深いですね」 健さんを知る関係者から多くの証言をもらい、また健さんの肉声インタビューをチェックし、さらに映画など…

高倉健さん

「健さんの遺骨はどこにあるのか…」編集部の会議ではその話題が繰り返されていた


「(前妻の)江利チエミさんが亡くなったとき、健さんは僕を連れて彼女の自宅に向かったんです。誰からも気づかれないよう、健さんは建物の裏側にこっそり回って、ご遺体に向かって線香をあげ、静かに手を合わせてお祈りしました。ずーっとそのまま1時間です。その後ふたりで比叡山の飯室堂の滝に打たれに行きました。2月の寒い季節ですよ。ガチガチ震えながら、僕は健さんの滝行に付き合いました。不動明王真言を唱えて、健…

有線放送で根強い人気の理由


来週15日にリリースされるアルバム「盛り場 海峡」では「酒場にて/江利チエミ」「東京ブルース/西田佐知子」など演歌・歌謡曲の名曲カバーにチャレンジ。実はお酒はあまり飲めないという藤田。そんな彼女が酒場の女性を演じるからこそ醸し出される色香が新鮮なのだ。…

歌手の井手麻理子さん

井手麻理子さん変えたカレン・カーペンターの歌との出合い


■5月13日、「I Get request」シリーズ第3弾アルバム「MARIKO Sings CHIEMI ERI~井手麻理子 江利チエミを歌う~」をリリース。7月13日、「ビルボードライブ東京」でライブ開催。…

(C)AP

聞きどころは健さんが腹からしゃべる英語力


永島は江利チエミのマネジメントをしていたことがあり、高倉とも親交があった。 「健さんの英語は発声がいいんだ。腹式呼吸でちゃんと発声している。外国のプロデューサーが彼をキャスティングするのはアメリカ人にとって聞きやすい音を出すことができるからだ。耳のいいミュージシャンと同じだよ、健さんの英語はね」 永島から、その話を聞いた時、「なるほど、そんなものか」と思ったけれど、確かに、本人と相対して、声を…

健さんが眠ることになる鎌倉市内のお墓/(C)日刊ゲンダイ

ファンの聖地に 高倉健さんが鎌倉に生前建てた「お墓」の全容


水子地蔵は元妻の江利チエミさんが流産してしまった赤ちゃんの供養のためです。お墓の存在はほとんど知られていませんでしたが、訃報に際し、一部マスコミが霊園名を実名で報じたため、多くの人が知るところになった」(芸能関係者) 健さんの生きざまに惚れ込んで救われたファンの聖地になるかもしれない。…

健さんの素顔を語った板東英二/(C)日刊ゲンダイ

高倉健さん死去に板東英二「あの人は寡黙でもなんでもない」


(元妻の)江利チエミさんとの話や東映から脱走した話。やんちゃした話とか。健さんがヤクザ映画に出ていた頃、愛媛の松山へロケに行ったら黒服100人くらいがずらっと一列に並んで『ごくろうさまです!』と言ってきた。『仕事で(ヤクザ役を)やってるんで』と言うと翌日、白のトレパンにシャツ姿の人が100人。そういうことじゃないんだよ! とか……そんなこと延々と話してるんです。ユーモアや洒落が通じて、本当にいい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事