日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

遠藤憲一特集

コワモテでおちゃめな“ギャップ”が女性に人気

連ドラ3本演じ分け 最も使いたい俳優・遠藤憲一は硬軟両用


下馬評では今期の連ドラで最も期待値が低かったにもかかわらず、初回視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した遠藤憲一(54)主演の「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系)。同時間帯に放映されている深田恭子主演の「ダメな私に恋してください」を上回り大健闘した。ところが、2話目以降は6%前後を行ったり来たりと低迷している。 それでも主演のエンケンこと遠藤憲一に対する女性視聴者からの評判…

「ちゃんぽん食べたか」とはまるで別人

ドラマ「民王」の見どころは遠藤憲一と菅田将暉の“父子怪演”


話は何とも破天荒で、時の総理大臣・武藤泰山(遠藤憲一)と、そのバカ息子・翔(菅田将暉)の体が、突然入れ替わってしまうのだ。 2人は周囲に悟られないようごまかしながら、回復を待とうとする。だが、泰山の姿形となった翔は秘書官が書いた答弁を棒読み。しかも、まともに漢字が読めないため、野党からも失笑を買う。一方、見た目は翔だが傲岸無礼なままの泰山も、就活で訪れた会社で面接官を罵倒し、説教までしてしまう。…

エンケンの需要は高まるばかり

今度はチョコボールCM 遠藤憲一が「仕事を断らない」理由


1日、「チョコボール」の新CM発表会に登場した遠藤憲一(54)。子供のお菓子というイメージが強いチョコボールからのオファーだったが「CMを見ればわかりますけど、子供に全く媚びてません」と胸を張った。 芸歴37年のベテラン俳優ながら、イベントではちゃめっ気全開。遠藤の仮面をつけた10人と写真撮影した際には一列に並ぶ仮面男を集めて「下に2人しゃがんで、他の人はもっと詰めて」と自ら配置を指示。めった…

時代劇も恋愛コメディーもOK

遠藤憲一、寺島進、大杉漣…連ドラ熟年三羽ガラスの共通点


今や欠かせない売れっ子ならぬ“売れ熟年ベスト3”といえば、まずは遠藤憲一(54)。 ここ数年、連ドラで見ない時はないほど出ずっぱり。今クールも「逃げる女」「真田丸」(ともにNHK)、「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系)と3つも! 「お義父さん――」は主役で、28歳年下の彼女と結婚するため、彼女の父(同じ51歳)と張り合う冴えない中年サラリーマン役だ。「お義父さん!」と父に詰め寄り、「お義父さ…

悩みは「目が真っ赤になること」

撮影中ドラマ5本…最も多忙な俳優・遠藤憲一が“覚悟”語る


いま最も多忙で幅広い役柄をこなす俳優、遠藤憲一(54)。ドラマで見ないクールはないが、この現状についてどう思っているのだろうか。 ■今の時代はやるか、やらないか 「大変ありがたい話ですが、正直に言えば、9割がた苦しい(笑い)。楽な方、のんびりな方にいけたらそうありたいけれど、今の時代はそうじゃない。やるか、やらないか。で、自分はやる方を選んだ。体力的にどうなっちゃうんだろうと思う時もありますが、…

朝ドラ「ごちそうさん」では杏の長男役

遠藤憲一とダブル主演 若手俳優・菅田将暉ってどんな役者?


人気絶頂の脇役・遠藤憲一(53)が久々に連ドラで主演を張るというので話題になっている。注目のドラマは7月から始まる「民王」(テレビ朝日系)。 原作は「半沢直樹」をヒットさせた作家の池井戸潤氏だというから、高視聴率は約束されたようなものだが、リリースをよく見ると「ダブル主演」となっている。実力派エンケンとガップリ四つで組むのは菅田将暉(22)という若手俳優。失礼ながら、あまり聞いたことないけど、ど…

目力と強面を逆手に/(C)日刊ゲンダイ

仕事選ばず露出急増…遠藤憲一が第2の竹中直人になる日


出ずっぱりといえば、遠藤憲一(53)。個性派俳優というにふさわしい“目力”の持ち主だ。 現在放送中のTBS系の連ドラ「家族狩り」では準主役の刑事役で、ドラマ、映画、CMで見ない日はない。 「遠藤が本格的に注目されるようになったのは、テレ東の連ドラ『湯けむりスナイパー』で主演した09年前後、40代後半からと超遅咲きです。本人に言わせるとまだ咲いていないそうですが、売れない時代が長かったせいもあって…

10月から新シリーズ放送/(C)日刊ゲンダイ

高畑淳子がブログで伝えた 米倉涼子「ドクターX」撮影現場


また、意外な一面を暴露されたのは遠藤憲一。 「遠藤憲一さんは、手術手袋が一人色が違う程、手に汗をかいてました。だから、手袋ビシャビシャです」と尋常でない汗の量にビックリ。手術用手袋をはめて汗びっしょりの遠藤の写真までアップしている。「ドクターX」は撮影現場も楽しそう。…

「パート3」も…?/(C)日刊ゲンダイ

「ドクターX」プロデューサー「続編、映画化いたしません」


それを体現しているのが遠藤憲一演じる海老名教授だという。 「このドラマで私が一番愛しているキャラクターは、遠藤憲一さん演じる海老名教授。下からは突き上げられ、上からは脅される中間管理職です。組織の中で生きるには、自分を殺さなければならない瞬間が必ずある。でも、海老名教授が「御意」と自分を殺しながらも画面からユーモアや愛嬌がにじみ出たのは、遠藤さんという素晴らしい役者のおかげです。普段のビシッとし…

CM起用社数12社と絶好調

声のコンプレックス克服し…山本美月が狙う“”1番手”昇格


「吉田羊との熱愛騒動が視聴率に影響している」とささやかれている主演の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)や、「つまんないと言われたら俳優業を引退する」と公約してしまった遠藤憲一には焦りが見られるが、ヒロインの山本美月はなぜか元気いっぱいだという。 「これまでも主役ではなく“2番手”の位置につけて知名度を上げてきた山本は、今回もヒロインという役柄ではあってもあくまで2番手。視聴率の責任を負うこと…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事