日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

武田久特集

ついにストッパーから外され…/(C)日刊ゲンダイ

守護神剥奪され“便利屋”に 復帰した日ハム武田久の「大誤算」


インフルエンザなどで登録抹消されていた日本ハムの武田久(35)が、29日の西武戦から一軍復帰。二軍落ちする前は5試合で1敗1セーブ、防御率4.15と、ストッパーとしては不甲斐ない成績だった。雪辱を果たすべく再昇格した武田を待っていたのは、まさかの抑え剥奪である。 栗山監督は試合前、こう話していた。 「投手にとって一番難しい場面はどこか。大体、(立ち上がりの)初回か九回なんだけど、ウチはそれが五回…

「僕らが生きているのは勝負の世界」と武田久

日ハム武田久が若手の風潮に持論「他球団の選手とは一線を」


他球団の選手と付き合うのは構いませんが、ある程度のラインを設けて、一線を越えない方がいいと思います」…

一軍復帰も大炎上の武田久(右)/(C)日刊ゲンダイ

いきなり3連打浴び…日ハム武田「敗戦処理」降格もある!?


今季で2年契約の最終年を迎える日本ハムの武田久(35)。去る2日の西武戦、3点リードの九回に登板するも、いきなり3連打を浴びてサヨナラ負けのきっかけをつくった。 これまで長らく不動の守護神だったが、今季はインフルエンザと不調で2度の二軍落ち。 武田に代わって抑えを任されていた増井が不調で登録抹消されると、2カ月の二軍生活を経てようやく一軍へ。久々にカムバックした直後の大炎上だ。 「抑えが誰という…

4000万円ダウンで保留した陽岱鋼

「ビックリ」と減俸保留 強気のハム陽岱鋼に中田翔の影


それだけに陽は『差がつくのは仕方ないにせよ、球団もオレのことはムゲにはしないはずだ』と、勝手に思い込んでいたのだろう」 同日、契約更改を行った武田久は、減額制限を超える6200万円減の年俸1800万円を提示された。今季一軍登板はゼロ。年俸2億4000万円をもらっていた14年シーズンからわずか2年で10分の1以下になったが、「(契約してもらえて)感謝しかない」と一発サインだ。 陽の保留に選手が驚い…

None

負け癖ついたオリを完全には変えられなかった


投手(武田久)に重圧がかかるし、四球もある。初球から難しいボールに手を出す意味がわからん。満塁サヨナラホームランでも打つ気でいたのか。T―岡田の打撃は未熟なチームを象徴する一幕だった。…

現役引退を表明した谷繁(左)と去就が注目される山本昌

「日本は人情主義が行き過ぎ」 識者がプロ野球の“弊害”指摘


中日・岩瀬(40=3億円)、山本昌(50=4000万円)、広島・栗原(33=3360万円)、ソフトバンク・松中(41=3500万円)、西武・西口(42=2500万円)、日本ハム・武田久(36=8000万円)あたりは、昨季も今季もほとんど一軍で活躍していないにもかかわらずだ。 そんな彼らが生き残ることができるのは、各球団が実績のある選手に甘いから。結果がすべての世界のはずなのに、功労者だから、フ…

新外国人のカーター投手/(C)日刊ゲンダイ

5割復帰の原動力 日ハムリリーフ陣の不安は夏場の「酷使」


カーターを獲得したのは開幕時の守護神・武田久の穴を埋めるためらしいから、このまま状態が良ければクロッタと並んでセットアッパーに昇格する可能性もある。 不安はリリーフ陣の酷使か。何しろ栗山監督は先発に見切りをつけるのが早い。序盤に2~3点取られると、たまらずブルペンに連絡を入れ、リリーフに準備をさせるという。一部リリーフ陣からは不満の声も上がっているらしい。 まだ、開幕して1カ月半。これから暑い夏…

頼りは大谷だけなのはわかるが…/(C)日刊ゲンダイ

2勝目挙げた日ハム大谷 体調戻るまで「投手専念」のススメ


日本ハムの投手陣は現在、エース格の吉川が不調、守護神の武田久がインフルエンザを患い、共に抹消中。武田勝もいまだ勝ち星がなく、「投壊状態」が続く。その中で、きっちり試合をつくる大谷の存在は際立つ。今後、投手陣の軸となるべきなのは、この日の投球からも改めてハッキリしたはずである。 栗山監督もできれば投手陣の柱として起用したいと考えているものの、大谷本人の体に問題があった。昨秋から登板後に背中の筋肉…

李大浩はゴネてオリックス退団/(C)日刊ゲンダイ

韓国人選手に振り回されっぱなしの日本プロ野球


日本では、岩瀬(今季3億7000万円)、武田久(2億4000万円)、かつての藤川(12年は4億円)のように、力のある抑えは高年俸をもらう。呉はスピンの利いた150キロ超の直球に縦のスライダーとカーブが武器。起亜タイガースの宣銅烈監督も、『直球だけなら藤川より上』と言っている。2年7億円以上の価値があるとみている」 阪神は2年総額6億円程度の条件を考えているようだが、どこまで譲歩できるか……。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事