日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

朴セリ特集

韓国ゴルフブームを起こした朴セリ

韓国ゴルフの光と影

“朴セリキッズ”が世界中で活躍 女子ゴルフは第3次ブーム

初日のラウンド終了後に朴セリ(39)の現役引退式が行われた。 朴セリは1998年の経済危機で意気消沈していた国民に「我々もやればできる」と勇気を与え、「韓国のジャンヌダルク」と呼ばれた国民的なヒロインだ。 式典にはリオ五輪金メダリストの朴仁妃(28)やキム・インキョン(28)などのいわゆる1988年生まれの「パクセリキッズ」らが出席して花束を贈り、お互いに熱い抱擁を…

None

韓国人プロに勝てない日本人 「アマ時代のコーチで差」の指摘

■父親に教わった朴セリは渡米後プロコーチに師事 宮里藍は今、パットに悩んでいる。それもパッティングをちゃんとしたコーチに見てもらっていなかったからだ。名コーチといわれるデーブ・ストックトンに師事すればパットも復調するに違いない。 今回の全米女子オープンで見ていると、横峯さくらはアイアンを上からガツンとぶつけるような打ち方をして、ヘッドがうまく抜けないショットがいく…

韓国ではスカート丈がもっとも短かったキム・ハヌル

韓国ゴルフの光と影

「キレイになれば支援」スポンサーは女子プロを使い捨て

あの韓国民を興奮させた朴セリも、不振に陥るとスポンサーは契約を解除しました。韓国人は冷徹でビジネスライクですよ」 スポンサーが女子プロを食いものにしている実態がよくわかる。 (ジャーナリスト・太刀川正樹)…

アン・ソンジュ

女子プロ “辛口”ファッション診断

アン・ソンジュ(29歳・ツアー22勝)

アンが小6の時、朴セリの全米女子オープン勝利で韓国内に巻き起こったゴルフブームをきっかけにゴルフを始める。韓国ナショナルチームでは申ジエらと一緒に腕を磨いた。韓国ツアー7勝を挙げて、10年から日本ツアーフル参戦、韓国選手として初の賞金女王になり、翌11年もタイトル連覇。ベタ足のインパクトでショット、パットの正確性が光る。好みの男性は石川遼。事務所スタッフに「勝ったら…

イ・ボミ

イ・ボミ(27歳 日本ツアー14勝)

朴セリの米ツアーでの活躍に触発されて、プロを目指す。07年プロ転向、10年には3勝を挙げて韓国ツアー賞金女王に輝く。韓国でのニックネームはスマイルキャンディー。QTを受けて翌11年から日本ツアーに参戦、初年度は賞金ランク40位でシード権獲得。2年目(12年)は3勝をマークしてランク2位。3年目(13年)2勝、ランク7位。昨年は3勝、ランク3位と安定感が光る。今季は、…

ダイナミックなドライバー飛距離が武器の渡邉彩香

今季2勝の渡邉彩香も実践 一流プロは脱・親指導で強くなる

かつて朴セリがアメリカに渡ったとき、それまでつきっきりで教えていた父親が「世界一になるには世界一のコーチに教わらなければならない」と言ってデビッド・レッドベターにすべてを託し、全米オープンと全米プロを制覇した話を自伝で読んだことがある。 石井が渡邉に最初に言い渡したのは「フックボール禁止令」だった。 「フックは一発も打ってはいけない、それができなければ教えない。コ…

賞金2億円突破が目前のイ・ボミ

韓国人プロはなぜ勝負強いのか

朴セリの場合は父親がスパルタ教育で毎日練習に出かける前に自宅アパートの20階から1階までを20回往復させたという伝説もあります。 ジュニア選手はゴルフ専門高校でゴルフ漬けの毎日を送ることもあります。例えば全羅南道にあるハムピョンゴルフ高校の場合には寄宿舎で寝泊まりして、朝から晩までゴルフだけの3年間を送ります。 そして国家代表・常備軍メンバーは毎年1月、済州島に集…

None

朴仁妃メジャー7勝目 日本女子プロは韓国人になぜ勝てず?

韓国人プロは98年の全米女子オープン、全米女子プロに勝った朴セリ以来、実にメジャー23勝も挙げている。 日本人プロが韓国人プロに勝てないのは、何も米ツアーだけの話ではない。国内ツアーも賞金ランクトップ10のうち4人が韓国勢で、1位がイ・ボミ、3位に申ジエが入っている。賞金女王タイトルも2010年から4度も韓国人プロだった。 日本女子プロゴルフ協会が発足したのは196…

イ・ボミ

イ・ボミ(26歳・ツアー10勝)

朴セリの米ツアーでの活躍に触発されて、プロを目指す。07年プロ転向、10年には3勝を挙げて韓国ツアー賞金女王に輝く。韓国でのニックネームはスマイルキャンディー。QTを受けて翌11年から日本ツアーに参戦、初年度は賞金ランク40位でシード権獲得。2年目(12年)は3勝をマークしてランク2位。3年目(13年)2勝、ランク7位。昨年は3勝、ランク3位と安定感が光る。今季は、…

イ・ボミ

イ・ボミ(26歳・ツアー9勝)

朴セリの米ツアーでの活躍に触発されて、プロを目指す。07年プロ転向、10年には3勝を挙げて韓国ツアー賞金女王に輝く。韓国でのニックネームは、プレー中の笑顔からスマイルキャンディー。QTを受けて翌11年から日本ツアーに参戦、初年度は賞金ランク40位でシード権獲得。 2年目(12年)は3勝をマークして賞金ランク2位。3年目(13年)2勝でランク7位。昨年は3勝、賞金ラン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事