日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

内田篤人 特集

内田 篤人(うちだ あつと) 1988年静岡県生まれ。ドイツのブンデスリーガ・シャルケ04所属のサッカー選手。2006年にJリーグ・鹿島アントラーズに入団。08年オフには鹿島と4年半の長期契約を結ぶ。10年6月にはFIFAワールドカップ・南アフリカ大会に日本代表として選出されるが、体調不良などの影響で試合への出場はかなわず。10年7月1日に移籍金推定1億5000万円でドイツのブンデスリーガ・シャルケ04へ3年契約で完全移籍。14年6月にはFIFAワールドカップ・ブラジル大会に日本代表として選出され、予選リーグの全試合にスタメンフル出場を果たした。14年10月、シャルケと18年6月までの契約を新たに結んだ。
女性の「ウッチ―ファン」はガッカリ?

内田篤人の“正念場” 結婚発表で私生活充実も長引く右膝痛

サッカー日本代表DFの内田篤人(27、独シャルケ)が25日、マネジメント事務所のサイトで一般女性との結婚を報告した。相手の名前などは明かさなかったが、地元静岡で知り合い、長く交際を続けてきたという。 内田はサッカー界一のモテ男。ドイツにまで女性ファンが押しかけ、女性誌が内田を取り上げると、売り上げが伸びるほどだという。 良き伴侶を得てさらなる躍進を期待したいところだ…

None

シャルケ大健闘もCL敗退 内田篤人は途中出場で存在感示す

日本代表DF内田篤人の欧州CLが終わった。所属するシャルケが、アウェーでのレアル・マドリード戦(日本時間11日早朝キックオフ)を4―3で試合には勝利したが、2試合合計4―5のスコアでベスト8入りを逃した。 試合自体は、シャルケが番狂わせを起こしたと言っていい。しかし際立ったのは、レアルの大黒柱FWクリスティアーノ・ロナウドの勝負強さだった。 シャルケが前半20分に先…

代表復帰はしたものの…/(C)日刊ゲンダイ

シャルケはホームで惨敗 今や内田篤人は欧州では“タダの人”

日本代表DF内田篤人(26)が、欧州CLチェルシー戦(日本時間26日午前4時45分開始)惨敗の“戦犯”となってしまった。 開始早々、内田が攻め上がってポッカリと空いた左サイドを狙われ、ドリブルで突破したチェルシーFWジエゴ・コスタが強烈シュート。これが左CKとなり、チェルシー主将DFテリーがヘディング一発。いきなりの失点に毒気を抜かれたシャルケの選手は浮足立ち、ウィ…

孤軍奮闘した内田 (C)真野慎也/JMPA

内田篤人、アーセナル入り秒読みか…「代表引退」示唆の裏で

各選手が評価を軒並み下げる中、一人だけアップさせた選手が、右SBで孤軍奮闘した内田篤人(26)である。 1次リーグ3試合とも攻守にわたって精力的に動き回り、ドイツやイタリアの専門紙から「世界トップ級の存在感を見せた」と評価されて高ポイントを付けられた。 「W杯前にイングランドの名門クラブへの移籍話が取り沙汰された。これが一気にまとまりそうな状況です」と話すのは欧州サ…

飛び交う「ウッチー!」の歓声/(C)日刊ゲンダイ

内田篤人の代表入り 一番喜んでいるのはメディア関係者?

FW岡崎慎司、大迫勇也、香川真司、清武弘嗣、MF長谷部誠、DF内田篤人、吉田麻也、酒井高徳、酒井宏樹の9選手が1時間半、フィジカル中心の練習メニューをこなした。 練習後にはバックスタンドに詰め掛けたファンにサイン、写真撮影のサービス。選手の中で一番騒がれていたのが、ビジュアル的に人気ナンバーワンの内田である。私服に着替えて練習場を立ち去る時も「ウッチー!」と歓声が飛…

None

屈辱完敗も…シャルケ内田に「低迷ザック・ジャパンの救世主」の声

しかし、自分自身の成長が日本代表のレベルアップにつながると思えば、内田篤人にとっては大収穫だったといえるだろう。 欧州CLグループE組でシャルケ(ドイツ)の相手は、一昨季CL、昨季ELを制覇したチェルシー(イングランド)。オフに名将モウリーニョを引き入れ、持ち前の堅守速攻&絶妙セットプレーに磨きをかけた。その術中にシャルケはハマった。 前半5分に左CKの流れからFW…

ザルツブルグFW南野(右)と握手する内田

ハリルJにも朗報 シャルケ内田が1年9カ月ぶり戦列復帰

右膝の大ケガで長期離脱中だったシャルケ(ドイツ)所属の日本代表DF内田篤人(28)が、日本時間9日午前5時キックオフの欧州リーグ(EL)のザルツブルク(オーストリア)戦に交代出場。1年9カ月ぶりの戦列復帰を果たした。 0―1で迎えた83分だった。投入された内田は攻守にキレのある動きを見せ、右タッチライン際をスピーディーに駆け上がるシーンもあった。 88分には、ザルツ…

試合前に熊本地震の募金活動を行った巨人坂本(左)ら

わりいことをした罪滅ぼしに募金箱を持ったやつぁ、一人もおるまいな?

東日本大震災が発生してすぐ、はるかヨーロッパのプロサッカーチーム「シャルケ」に所属してピッチを駆け回っていたDF内田篤人が、被災地を励ます言葉を手書きした自分のユニホームを中継カメラに示して見せた。「いつもあなた方と一緒だよ」というメッセージ。なにをイキがりやがって、と思ったやつはいない。スポーツ選手の被災者への純粋な心根が、よく分かった例。 被災地出身の選手だった…

実績は申し分なしのマガト氏

J1鳥栖新監督は“鬼軍曹”マガト氏 選手は早くも戦々恐々

シャルケ監督時代には、左腕骨折の疑いで戦列を離れた内田篤人に対し、『ランニングくらいはできるだろう』と言って内田を呆れさせた。また、ボルフスブルクでは、あのおとなしい長谷部が理不尽さにキレて、ピッチから何度も怒鳴り返そうとしたそうです。選手たちもそんな噂を耳にしているから、ぶっ壊されるんじゃないかと、相当ビビっているようです」 ハードワークがチームカラーの鳥栖だが、…

O型の松井秀喜(写真)は病気に強かった?

インフル“最弱”はB型 「かかる病気」は血液型と誕生月でわかる

サッカー界に目を移してみても、海外経験者は中田英寿(38)に始まり、川島永嗣(32)、長谷部誠(31)、長友佑都(29)、内田篤人(27)、吉田麻也(27)、岡崎慎司(29)、清武弘嗣(25)、大迫勇也(25)とO型ばかりだ。 米コロンビア大医療センターが約170万人の患者データをもとにまとめた論文によると、誕生月も病気のリスク要因となる。 妊婦や新生児の健康状態…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事