日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

横山典特集

先週は大阪杯でV

【ニュージーランドT・阪神牝馬S】横山典、福永でGⅠ前日の資金稼ぎ


ここでは横山典、福永に注目したい。 まずはニュージーランドTの横山典。このレースは03年にエイシンツルギザン(7人)で初勝利。08年にサトノプログレス(6人)、10年にもサンライズプリンス(1人)と3勝をマークしている。 過去10年間では〈2204〉。半分は馬券になっているからファンには何とも心強い。 今年はショウナンライズと初コンビを組む。 前走のファルコンSは不良馬場に泣かされて⑧着に敗退…

【天皇賞】横山典の渾身騎乗 アンビシャス末脚一閃


横山典はゴールドシップ(14年宝塚記念、15年天皇賞・春)に代表される一筋縄ではいかない馬を、独特の感性と卓越した技術を駆使して勝利に導いてきた。今年の秋の盾でも、能力がありながら燃えやすい気性がネックのアンビシャスの手綱を取る。どのような思いを秘めて大舞台に臨むのか。その胸中を探った。 ――3走前の大阪杯のレース後、“ずっといい馬だと思っていたので、オファーが来て、結果を出せてうれしかった”と…

ゴール前きっちりキタサンブラックをかわした

【大阪杯】横山典 アンビシャスで見せた腕と意地 外国人からの乗り替わりで勝利


GⅡ大阪杯の横山典=アンビシャスのコンビである。 出走11頭中、5頭がGⅠウイナーだったのに対し、アンビシャスはGⅢ1勝のみ。それも3歳限定重賞で、タイトルの格だけで言えば“一枚落ち”の存在だ。 かつて松山が2度騎乗したことはあるものの、その他はルメール、M・デムーロが手綱を取っていた馬。それでも、毎日王冠は⑥着、天皇賞・秋も⑤着と馬券圏外、今年初戦の中山記念ではドゥラメンテが相手とはいえ、ゴー…

外から突き抜けた

【新潟記念】アデイインザライフがV。横山典はJRA全10場重賞制覇!


鞍上の横山典はJRA全10場重賞制覇を達成した。 3分の4馬身差の②着に1番人気アルバートドック。③着は9番人気ロンギングダンサーだった。 なお、配当は以下の通り。 単 勝⑰610円 複 勝⑰230円⑭210円⑫440円 枠 連⑦⑧1010円 馬 連⑭⑰1990円 馬 単⑰→⑭3700円 ワイド⑭⑰870円⑫⑰1820円⑫⑭2430円 3連複⑫⑭⑰1万2810円 3連単⑰⑭⑫5万9970円 (万…

松永幹調教師

【福島牝馬S】シャルール4連勝でヒロインへ


一番の注目は松永幹&横山典の〝同期コンビ〟が送り込むシャルールだ。 「前走後、ノリは〝ゲートを出れば(上のクラスでも)やれる〟と言ってました。福島にも乗りに来ることに」と、松永幹師が笑顔で話す。 前走の初音Sで横山典は3歳時の忘れな草賞③着以来の手綱を取った。スタートを決めると、手応え良く好位を追走。直線ではラスト1F手前で抜け出すと、2馬身突き放してゴールイン。 メンバー最速の3F33秒6で上…

ホープルSでは父ディープのように〝飛んだ〟

【共同通信杯】2戦2勝ハートレー鞍上は横山典に


なお、当初予定していたF・ベリーが先週、騎乗停止になったため、横山典と初コンビを組む。 スマートオーディンはGⅢ東スポ杯2歳Sで直線一気の差し切り勝ち。直線では内にささりながらも繰り出した上がり3Fは何と32秒9。他馬より0秒5以上も速く、決め手の違いをまざまざと見せつけた。同じコースで連勝を狙う。 他にはGⅢ京都2歳S②着リスペクトアース、サウジアラビアロイヤルC②着イモータル、京成杯③着メ…

None

【GⅢ新潟記念】レース後の談話


①着アデイインザライフ(横山典騎手) そっと行って最後はどれだけ伸びるかという競馬を。器用じゃないんで、エンジンがかかってから何の不利も受けなかったのも良かったね。この馬のリズムを守って思った通りに乗れた。暑かったけど我慢して走ってくれた。パワーアップしていたし、この後も順調にいってほしいね。 ②着アルバートドック(戸崎騎手) 正直、左回りがどうかなと思ってたし、小回り向きの印象もあったんです。…

横山典も期待しているスターオービット

奥平厩舎 今年は早くから2歳馬を投入


入厩してノリちゃん(横山典騎手)に乗ってもらったら〝いい馬だな〟って。ゲート試験は受かったし、放牧を挟んで秋の中山でデビューさせるつもり」と。 もちろん、即戦力の期待馬もいる。今週の土曜東京5R、芝千六に出走するスターオービットである。 イの一番に入厩し、ここまで順調な調整過程。横山典が3週連続で追い切りにまたがる熱の入れようだ。直前はウッドで5F68秒6―38秒5、1F13秒0。直線は仕上がり…

02年アローキャリー以来のVだ

【桜花賞】GⅠハンター池添を狙え!!


69勝と断トツの〝レジェンド〟武豊に、25勝の横山典、24勝の蛯名、岩田。そして、21勝の池添だ。 武豊は3812勝のJRA記録ホルダー。これをGⅠ勝利数で割るとおよそ55。つまり、55勝に1勝の割合でGⅠを勝っている計算になる。 ほかのジョッキーは横山典が約104、蛯名が100で、岩田は55。岩田の割合は武豊と同じ。 しかし、その上を行くのが池添である。 通算勝ち鞍964÷21=45・9。およ…

菊花賞は内からグイッと抜け出した

【有馬記念】キタサンブラック戴冠の可能性大


喧噪の後の最終レース、ハッピーエンドCを勝ったのが横山典騎乗のキタサンラブコールだった。紅白歌合戦を引退しても、しっかりと“トリ”を務め上げたのだ。 北村宏の負傷により、くしくもブラックの鞍上は横山典に。今年の“トリのステージ”は条件戦ではなく、GⅠ有馬記念である。 菊→有馬と連勝すれば一気に年度代表馬に選ばれる可能性も出てくる。サブちゃんとともに、キタサンブラックは「夢に向かって走る」ことにな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事