日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

黒木瞳特集

映画「嫌な女」で監督初挑戦

黒木瞳 初メガホンで痛感「監督というのは地味な作業」


23日、黒木瞳(55)が東京・日本外国特派員協会で、監督に初挑戦した映画「嫌な女」の記者会見に出席。「この年齢でやったことのないことをできたことにワクワクしました」と初メガホンの感想を語った。 現在、すでに女優として同作品のドラマ版の撮影に入っているというが、「この映画で8カ月ほど(女優として)撮影をしなかったけれど、戻ったときに現場で『監督』って聞こえて、ふっと振り向いた自分が怖かったです」と…

充実ぶりが光る黒木瞳

仕事の裏で夫婦関係は 黒木瞳の意外なプライベートと評判


黒木瞳(55)の初監督作品「嫌な女」(松竹、6月25日公開)が早くも評判になっている。 「関係者向け試写の評判は上々。正直、女優さんの余技だと思って期待してませんでしたがデキは素晴らしい。これが初監督作とは思えないほど」(映画関係者) 「嫌な女」は桂望実の同名ベストセラー小説に惚れ込んだ黒木の熱望で映画化が決定。人と打ち解けられず友達もいない生真面目な弁護士・石田徹子(吉田羊)と派手好きで社交的…

本人は出演せず

「嫌な女」でメガホンの黒木瞳はわがままを封印できるのか


黒木瞳が映画監督を手がける。作品は桂望実原作「嫌な女」の映画化で、対照的な性格の持ち主である2人の女性を描く。8月1日からクランクインだそうだ。 有名女優が監督業をやるのはレアケース。田中絹代が53年に「恋文」で監督デビュー、計6本を演出した。近年では桃井かおりが「無花果の顔」を監督したくらい。松田優作や役所広司など男優の監督作は結構あるのに女優の監督作の少なさは意外な気もする。 「嫌な女」は黒…

福岡県出身/(C)日刊ゲンダイ

大河で正統派回帰の黒木瞳 記念受験で宝塚入りした優等生


【女優の偏差値】黒木瞳 60 最近、コミカル路線に移行したかと思ったら、今年はNHK大河「軍師官兵衛」で正統派の演技を見せる。もちろん宝塚音楽学校出身。宝塚は筆記試験がないから、偏差値は分からないが、出身高校の県立八女高校(福岡)は偏差値60だった。 福岡県といえば、孫正義やホリエモンの出た久留米大付設(偏差値74)と、ヤマタク、宇能鴻一郎らを輩出した修猷館高校(同72)のツートップがブッ千切り…

相変わらずの売れっ子ぶり

引っ張りだこの吉田羊 ジャニーズ7連泊後も干されぬ理由


女優の吉田羊が木村佳乃とダブル主演した映画「嫌な女」(黒木瞳監督)の公開が25日に控えるが、もっぱらメディア露出によるPRは黒木監督の役目となっている。 「吉田は4月にHey!Say!JUMPの中島裕翔との“7連泊愛”が報じられ、いまだに公の場でそのことについて触れていない。そのため、インタビュー取材などは媒体をかなり選別。代わりに黒木監督自らがPR活動を積極的に行う戦略になった」(映画関係者)…

2010年二期会のオペラ『魔笛』の公演に出演した時

俳優・寺田農さん 俳優の可能性を引き出した恩人への感謝


6月25日公開、黒木瞳初監督映画「嫌な女」に出演。…

監督と主役を兼ねる水谷豊

水谷豊が監督 映画「TAP THE LAST SHOW」の不安と期待


佐分利信や田中絹代の昔から、松田優作、桃井かおり、役所広司、今年なら黒木瞳。映画にこだわりをもつ俳優たちが挑戦し続けてきた。しかし、すべての人が興行で成功できるほど監督業は甘くはない。 “俳優監督”の作品が興行で難しいのは映画へのこだわりが強すぎて、その結果、凝りに凝った中身が観客を選んでしまうことが多いからだ。中身がわかりづらい場合もある。 だから、監督の水谷に期待したいのは単純に言って、はっ…

名だたる演出家と仕事をしてきた

舞台演出に挑戦 小泉今日子の“手腕”に演劇評論家が太鼓判


このところ、吉永小百合(71)は「ふしぎな岬の物語」で初プロデュース、黒木瞳(55)が「嫌な女」で初監督を務めるなど、女優の“異業種挑戦”が花盛りだが、いずれも、もともとは演技育ちの人たち。それを「歌手出身」の小泉で大丈夫かというわけだ。 過去に「高き彼物」(09年、本多劇場)と「頭痛肩こり樋口一葉」(13年、紀伊國屋サザンシアター)という小泉主演の舞台を2つ見ている演劇ジャーナリストの山田勝…

またまた金持ちをゲットか

資産2000億円の会社社長と熱愛 紗栄子の「魔性」を多角分析


同じ星の有名人には黒木瞳、真木よう子、高岡早紀らがいる。 ▽紗栄子のプロフィール 【生年月日】1986年11月16日 【出身】宮崎県宮崎市 【学歴】堀越高校卒、早大人間科学部通信教育課程3年時中退 【職歴】モデル、女優(活動期間2001年~) 【結婚歴】バツイチ(07年11月~12年1月離婚成立)、2児の母 【身長】157センチ【血液型】O型…

“ファン食い”を公言していた

ストーカー被害に同情の声なし 「ウーマン」村本の自業自得


黒木瞳を若くした感じで、『ちょっと家に来なさい、説教してやる』と言って、その日に結ばれました。その後、僕が週5で連絡する勢いになって今、音信不通です」というエピソードを披露。 芸人の間では禁断の“ファン食い”を公言していただけに、今度のストーカーも「“お持ち帰り”の被害者では?」という声が湧き上がったのも当然だろう。 吉本興業関係者は「今回ばかりは過去に付き合っていたり、関係を持った人ではない」…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事