日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

安倍昭恵特集

好意的なコメントが多く寄せられている

安倍昭恵夫人が大マジメにブチ上げた“大麻解禁論”の中身


首相夫人の安倍昭恵氏(53)が発売中の週刊誌「SPA!」で、大麻解禁論をブチ上げ、物議を醸している。 大麻解禁といっても、アッキー夫人はドラッグの蔓延に手を貸そうとしているわけではない。記事によると、植物としての大麻が葉、茎、芯、種など全部分を有効活用できることに注目。日本ではまだ認められていないが医療大麻の活用にも期待している。 過疎・高齢化に悩む鳥取県智頭町が「町おこし」の一環として、伝統的…

昭恵夫人と布袋寅泰

安倍昭恵夫人にダブル不倫疑惑浮上 布袋寅泰と“深夜のキス”


沖縄・東村高江でヘリパッド建設反対を訴える住民ら

現地リポート 沖縄・高江ヘリパッド強行“無法地帯”の実情


今月6日には安倍昭恵首相夫人が視察に訪れた。現地からのリポート。 「法治国家なら法的に私たちを連れ出せ!」 沖縄平和運動センターの山城博治議長は県内外から数多く集まった有志の市民らを前に声を枯らし、訴えた。そして、弁護士の小口幸人氏がマイクを引き継ぎ、抗議行動の正当性を解説した。 高江では、警察が法的根拠なく県道を封鎖。機動隊600人の暴力により、座り込みする市民は肋骨を粉砕し、このままでは死人…

必死の応援演説(左)と気勢を上げる野党陣営

【福島】自民“現役大臣”落選危機で野党にネガキャン攻撃


安倍昭恵夫人まで投入し、公示日に駆けつけた安倍首相は7日にも街頭演説する予定だ。 6月28日、二本松市民交流センターは悲愴感に包まれていた。法務大臣・岩城光英の個人演説会。135席が用意されたが、空席が目立ち、8割程度しか埋まっていない。とても現職大臣の演説会とは思えない。 この日の応援弁士は、外務大臣の岸田文雄と、地元選出の森まさこと根本匠。彼らも状況が分かっているのだろう。 岸田が「大変激し…

最多得票は作家の伊藤洋介氏

出来レースか 自民党「オープンエントリー」の怪しい内幕


トップの伊藤さんは安倍昭恵夫人のお気に入りといわれています。昭恵夫人が勤めていた森永製菓と関係があり、早い段階で『当確』が出ていました。2013年の参院選にも出馬していて、昭恵夫人が応援していました」 実は2位以下の候補者もいわく付きだった。 「3位だった元衆院議員の松田学氏は『メールアドレスを金で買った』『反社会勢力と近い』との怪文書がバラまかれる始末でした。4位の柳沢亜紀区議も、もともと旧民…

「きぼうのいえ」の施設長の山本雅基氏

ホームレスの看取りに年間3650万円。きぼうはありますか?


内々に行政トップからアドバイスを得たり、アッキーこと安倍昭恵が4回も訪れたというし、山本の計画には各界の著名、実力者たちが力を貸してくれているという。「きぼうのいえ」はテレビのドキュメンタリーや「大いなる看取り」(中村智志著)といった本にもなっている。 ■元医師会会長が特別顧問 「ある有名な弁護士も名乗りを上げてくださいました。『私は悪徳弁護士ですが、カトリックに入信し、少しは世の中に恩返ししな…

世界的経済誌の長者番付にも名を連ねる孫正義氏

日本のスラム街を、福祉タウンにしませんか?


そのときに孫さんの奥さんもいて、『あなたのご主人に見せて』と向けてくださったと」 ちなみにアッキーこと安倍昭恵はそのシスターの教え子でもあり、「きぼうのいえ」を4度訪れるなどして、山本の活動に賛同しているという。 「孫さんも在日韓国人という、日本でのマイノリティーご出身で、『リヤカーを引いて育った』などと幼少期の苦労も経験されている。そうしたことから、福祉事業にも関心がおありになるのかもしれませ…

本当の関係は…

キス報道だけじゃない 安倍首相&昭恵夫人の「仮面夫婦」生活


8月下旬、東京・南青山のバーで深夜、歌手の布袋寅泰(53)の首筋にキスしていたと報じられたアッキーこと、安倍昭恵・首相夫人。ま、首相夫人だからといって、品行方正を求めるわけじゃないが、気になるのは、安倍首相と昭恵夫人の“本当の関係”だ。昭恵夫人の武勇伝は他にもあるし、そもそも夫とは考え方がまるで違う。典型的な仮面夫婦で、よくぞ、一緒にいられるものだとみられている。ジャーナリストの横田一氏は今回の…

「力を合わせて」/(昭恵夫人のフェイスブックより)

昭恵夫人 ストーカー被害のミス世界一に“全面協力”の波紋


安倍昭恵夫人にお会いし、今までの一連のことを話しました〉〈今回のことを受けて、昭恵夫人もおかしいと思う点は多くあるようで、全面協力すると言って頂けました〉 アッキーも自身のフェイスブックに写真をアップし、〈昨年のミスインターナショナル、吉松育美さんと。マスコミの皆さん、特定秘密保護法の批判をするのなら、彼女のことをきちんと報道して下さい。全ての女性のために吉松さんと力を合わせていきたいと思います…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事