日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小田和正特集

小田和正はファンを裏切ってしまった?/(C)日刊ゲンダイ

新収録は2曲…小田和正「クリスマスの約束」に不満の声噴出


25日深夜に放送された毎年恒例の小田和正(67)ライブ特番「クリスマスの約束」(TBS系)の内容に、ファンから不満の声が噴出している。 2時間の同番組中、新収録曲はオープニングの井上陽水「最後のニュース」とエンディングのチャールズ・チャップリン「スマイル」の2曲のみ。それ以外は過去の放送の名場面を集めた「総集編」に等しい構成だったからだ。 「クリスマスの約束」は、小田和正をメーンアーティストに毎…

ついに「レリゴー」を初披露するのか/(C)日刊ゲンダイ

ついに「レリゴー」披露? 松たか子が小田和正ライブ特番出演


小田和正(67)が毎年恒例で行う音楽番組「クリスマスの約束2014」(TBS系、25日深夜放送)のゲストアーティストとして、松たか子(37)が出演する。 先月27日に第1子妊娠を発表。「第65回NHK紅白歌合戦」の出演は実現しなかっただけに、今年大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」日本語吹き替え版で主人公・エルサ役として歌った劇中歌「Let It Go~ありのままで~」が聞けるのではと…

昔を振り返る松尾一彦さん/(C)日刊ゲンダイ

元「オフコース」松尾一彦さんが明かす“解散の本当の真相”


そんなとき、バンド仲間だった大間(ジロー)が時々ドラムを叩きに行ってたオフコースから、“松尾、ハーモニカ吹けるよな?”と声がかかったのが最初」 76年、大間、清水仁とともに、小田和正と鈴木康博の2人組だったオフコースに加わった。 「ハーモニカで先が広がるとは思ってもいなかった、ハハハ。ハーモニカ以外にもコーラス、ギター、キーボードと要するに“何でも屋”みたいな立ち位置だったね」 ■「メンバーも知…

ドラクエⅣ(左)とスーパーマリオがヒットした

金銭感覚にシビアな「割り勘世代」は“お一人さま”が好き


」、小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」など大ヒットが続いた。カラオケブームの到来である。 「40歳前後の先輩と飲むと2次会は必ずカラオケ! 立ち上がって、得意げに振り付けなんかして。一度握ったマイクは離さないタイプが多いし、温度差があります」(20代後半の会社員) 一方で、中学から高校時代にかけてバブルが崩壊する。親がリストラに遭い、欲しいものは我慢させられた。 「一言で言えば中学生を境にど…

昨年は66カ所で公演をこなした

歌で被災地支援 八神純子さん「3・11」から2カ月後の一枚


その間の3月6日には福島でボブ・ジェームスや小田和正らとライブ出演予定だ。 なお、先月発売のオリジナルアルバム「There you are」には、被災地での活動から生まれた曲がぎっしり詰まっているそうだ。…

日本音楽会への影響力を再認識


86年、ソロに転身した鈴木雅之は、小田和正、槇原敬之ら一見畑違いの、むしろ叙情的な持ち味の作家たちの曲を取り上げながらも、変わらず黒くファンキーな魅力を発散し続けた。菊池桃子とデュエットしようが森山直太朗をカバーしようが、彼が歌うとどんな曲でも一気にソウルフルに変身した。声の出し方。息づかい。すべてに地元である東京・大森のストリートで鍛え上げられた独自の黒さがみなぎっていた。 そんな歩みを集大成…

良い歌を教えてくれるアメリカから来た息子たち


ジェフはLA育ちで、息子の友人として14年ほど前に出会って音楽を聴かせてもらい、2002年にサッカーW杯日韓共同開催が決まった時、アフガニスタンの少年たちにサッカーボールを贈るため、山本潤子、小田和正、長渕剛といったオールスターの参加で「翼をください」をレコーディング。ジェフに現場を任せたのだったが、ベテランプロデューサーの金子洋明氏に何度も叱り飛ばされながら、大変な苦労の末に完成させたのだっ…

6LDK、約3億5000万円なり/(C)日刊ゲンダイ

浜崎あゆみ「大豪邸」売却騒動…自らこだわり語っていた


“日本のビバリーヒルズ”ともいわれるこのエリアには、小田和正や松任谷正隆の実家もあり、かつて反町隆史・松嶋菜々子夫妻が住んでいたことも。浜崎の家は間取りが6LDK、建物面積は705平方メートル、土地面積は810平方メートル。1階から3階まで吹き抜けになったエントランスの入り口には、大理石でつくったあゆのトレードマークの「A」が刻まれている。さらに屋外プールやジャグジーバス、岩盤ヨガルーム、茶室を…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事