日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

徳田毅特集

さらに増える可能性/(C)日刊ゲンダイ

ウソ炙り出し 猪瀬知事が突き付けられた「資料請求リスト」


都知事は、<徳田毅事務所から返してもらった>と言っていたが、10日になって<木村氏が受け取り郵送してきた>と説明を変えた。借用書をめぐっては、<本当に徳田議員に渡したものなのか指紋を照合しろ>という声がある。もしかすると偽装に関わった人物の指紋があったり、指紋がふき取られたりしているため、第三者も関与しているのだと答弁を改めたのかもしれない」(都政関係者) 貸金庫の開閉記録も注目だ。猪瀬は返金が…

発端は「政治とカネ」(辞職した徳田毅議員)/(C)日刊ゲンダイ

反自民で共闘 鹿児島2区補選は野党再編の起爆剤になるか


医療法人「徳洲会」グループの公職選挙法違反事件で、自民党の徳田毅議員が辞職したことに伴う補欠選挙だ。「自民党の暴走を止める」を旗印に、民主、維新、結い、生活の4党が共闘を決め、民主を離党して無所属の打越明司前衆院議員を推薦した。野党幹部のひとりは「勝てば野党再編に弾みがつく」と期待を寄せる。 衆参ねじれが解消し、消費税が上がって初めての国政選挙ということで、安倍政権にとっては一種の信任投票になる…

前回も自民は大苦戦/(C)日刊ゲンダイ

鹿児島2区に吹き荒れる安倍「TPP推進」への猛烈“逆風”


安倍政権がTPPで妥協すれば、固定票の“農協票”が非自民候補に流れるのは間違いない」(農業関係者) それでなくても、今回の補選は、政治とカネの問題で徳田毅衆院議員が辞職したことが発端で、「自民公認の金子万寿夫(67)には逆風」(地元記者)だ。民主党を離党した無所属の打越明司(55)は「政治とカネが最大の争点」と訴えている。 ■現地入りが裏目になる可能性も で、最後の週末の19日、安倍首相が金子の…

質問にはのらりくらり回答/(C)日刊ゲンダイ

猪瀬前知事は在宅起訴 徳田議員辞職で徳洲会事件幕引きか


「徳洲会」の選挙違反を受けて昨年11月に自民党を離党した徳田毅衆院議員(42)が、24日になって、ようやく議員辞職願を提出して会見した。事件の真相を聞こうと報道陣が詰めかけたが、時間はたったの15分間。それも「政治に対する不信を招き、おわび申し上げる」と深々と頭を下げた割には、記者の質問にはノラリクラリ。ほとんど何も説明しなかった。 だったら、何のための会見と議員辞職かといえば、「万が一」に備え…

とうとう「都落ち」/(C)日刊ゲンダイ

特捜部に証言も 辞職した猪瀬知事を追い詰める4人の“刺客”


最大のキーパーソンは、猪瀬の説明を根底から覆す可能性のある徳田毅衆院議員だろう。 「カネの授受の経緯、借用書の真偽など、すべてを知る最重要人物。カネを渡された側が知事辞職に追い込まれたのに、渡した側が何も事情を聴かれないということはあり得ません」(司法ジャーナリスト) ただ、毅議員は臨時国会を欠席し、雲隠れしたまま。メディアの取材にも応じていない。「おそらく特捜部は毅議員を囲い込んでいる」(元大…

「人生を変える手帳術」から

過去を徹底的に記録 猪瀬知事の「黒革の手帖」があった!


徳田毅」「5000万円」は囲んでいるはずだ。<書き込むときは鉛筆で、すぐに修正できるように>というポイントも挙げているものの、<持ち運びはノートのコピーを取ってかばんに>というから、誰かが消しゴムで修正していても、大丈夫。 もちろん、手帳は過去10年以上、すべて保管されているという。手帳を見れば、猪瀬知事が5000万円を受け取った前後の記録はすべて分かるはず。都議会は、猪瀬知事に手帳の提出を求…

きのうもこの表情/(C)日刊ゲンダイ

集中砲火で汗だく…猪瀬都知事の“精神状態”が危ない


10日は、「徳田毅氏が11月19日にお金を取りに来てくれと電話してきたので、妻に頼んでその日に貸金庫を借りた」と答弁。議員会館でカネを受け取ったのは翌日の11月20日だ。つまり、カネを保管するため、急きょ、貸金庫を準備していたことになる。そのうえ、これまでは受け取るまで金額を知らなかったかのような説明だったのに、「妻に5000万円だと言った。(貸金庫は)大きいサイズを注文した」と前言を翻した。 …

いつもの舌鋒はどこへやら/(C)日刊ゲンダイ

毒舌・テリー伊藤が猪瀬知事を擁護 理由は“カネ”だった


でも、徳田毅議員に返そうと思っていたのは事実だと思う」 「普通、政治家が金を借りる時に借用書を書いた政治家は見たことがない。こういうふうな取引は昔からずーっとあります。お金の貸し借りはチャラになっちゃうんです」 普段の舌鋒の鋭さはどこへやらだ。発言者はテリー伊藤(63)。猪瀬都知事が徳洲会から現金5000万円を受け取っていたことが発覚。慌てて借用書を公開した翌朝の情報番組「スッキリ!! 」(日本…

徳田氏と強い結び付きの森田健作千葉県知事/(C)日刊ゲンダイ

猪瀬直樹だけじゃない! 徳洲会に“世話”になった知事たち


当時のグループ機関紙「徳洲新聞」には〈選挙中は徳田秀子、徳田毅の両徳洲会理事をはじめ、自由連合鹿児島、奄美の両本部が総力を挙げて応援に走り回った〉と書かれている。 「特捜部が押収した虎雄氏のPCには伊藤知事への資金提供をうかがわせる情報が残っていたようです」(検察事情通) 徳洲会と知事たちの癒着は底なしだ。…

逃げ切るつもりか?/(C)日刊ゲンダイ

猪瀬知事「裏ガネ」疑惑 地検捜査タイムリミットは1カ月


それに5000万円を渡した徳田毅議員を贈賄で逮捕するとなると、国会議員には不逮捕特権があるため、臨時国会が12月6日に閉会したあとで、しかも来年1月の通常国会が始まるまでの短期間しかない。難しいですよ」(前出の事情通) 焦点は、12月中に特捜部が動くかどうかだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事