日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

陣内貴美子特集

母・加代子さんは陣内貴美子と何度も対戦

母はバドミントンの全国大会で陣内貴美子と対戦


このとき敗れた相手は後に92年のバルセロナ五輪に出場した陣内貴美子(51)のいた熊本県だった。全国大会決勝も含め、同学年だった陣内とはこの後も何度か対戦することになる。 卒業後はインターハイの常連だった神奈川県立横浜立野高校へ進学した。…

湯島の「三代目なばや」/(C)日刊ゲンダイ

キャスター陣内貴美子の“勝ち飯” 800円の絶品「とりめし重」


元バドミントン選手でスポーツキャスターの陣内貴美子(49)は元プロ野球選手の金石昭人と結婚、鉄板焼き店を経営していることでも知られるが、現役時代に通っていたのが湯島にある「三代目なばや」。場所は地下鉄湯島駅から徒歩2分ほど。大通りから1本入った静かな路地裏に店を構える、下町風情たっぷりの焼き鳥屋だ。 3代前から飲食店を営んでおり、今の店主がこの地に店を構えたのは昭和56年。以来、夫婦2人で切り盛…

左上から時計回りに、潮田玲子、岩崎恭子、高橋尚子、山口香

潮田玲子、岩崎恭子…リオを飾った美人解説者たちの競艶


こうした人たちが最も憧れるポジションを得ている人といったら陣内貴美子(52)かもしれない。 「なにしろ、解説者を超えて夕方のニュースキャスターまで務めてますからね。落ち着いた話し方は他のアナウンサーと比べてもまったく遜色ありません。今後は陣内さんのような生き方が美人解説者たちの“お手本”になるんじゃないでしょうか」(前出の中森氏) いつになるか分からないが卓球の福原愛(27)が引退したとすると…

独占インタビューなど充実の内容です

【3/18緊急発売】日本ハム大谷翔平特集号「二刀流の血脈」


(※郵送でのお申し込みは道外でも受け付けております) ◆翔平の由来は源義経だった ◆足と肩には自信があった父 ◆バドミントンで陣内貴美子と何度も対戦した母 ◆菊池雄星を超えるために選んだ花巻東 ◆日本ハム入団の真相 ◆ダルビッシュを超える心技体 大谷選手の両親や恩師らが語る、投打のスター誕生の秘話がぎっしり詰まったタブロイド判の1冊です。…

金田正一氏(左)と金石昭人氏

野球へ導いてくれた…金石昭人語る伯父・金田正一への恩義


2000年、元バドミントン選手の陣内貴美子と結婚。品川区上大崎の寿司「かねいし」と鉄板・お好み焼きの計3店を経営。…

小椋久美子(左)と潮田玲子の評判は好対照/(C)日刊ゲンダイ

順風の潮田玲子とは好対照 タレント小椋久美子の“前途多難”


TBSは、同じバドミントン出身でありながら、今や誰もその経歴を知らないくらいキャスターとして大成した「news every.」(日本テレビ系)の陣内貴美子(50)のように育てるつもりかもしれない。場慣れすればメーンキャスターまで上り詰め、裏番組の陣内と元バドミントン・キャスター対決を演じてくれるかも。 今週は、その潮田とオグシオを組んでいた小椋久美子(31)もテレビ出演していた。28日夜の「解…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事