日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

福原愛 特集

福原 愛(ふくはら あい)1988年11月1日宮城県生まれ。女子卓球選手。全日本空輸に所属。夫は台湾の男性卓球選手・江宏傑。幼少のころから卓球選手として多数の試合に出場していたほか、たびたびテレビにも出演。芸能人との試合中に形勢が不利になるとすぐに泣き出すその姿から、「泣き虫・愛ちゃん」の異名を取り、一躍注目される。1998年、10歳でプロ宣言を行い、ミキハウスに所属。2004年、アテネオリンピック出場。2005年、株式会社グランプリに移籍。2007年4月、早稲田大学スポーツ科学部に入学(2013年3月に中退)。同月、全日本空輸に移籍。2008年、北京オリンピックに出場し、日本選手団の開会式旗手を務める。2012年、ロンドンオリンピックの団体戦で日本卓球史上初となる銀メダルを獲得。16年、リオ五輪の団体戦で銅メダルを獲得。2016年9月、台湾の男性卓球選手・江宏傑と入籍。
前日練習では笑顔の福原愛

卓球・福原愛 リオ五輪「第4シード」確保へ試練の荻村杯

前日練習の会場(東京体育館)に姿を見せた福原愛(27)が、約2時間半の調整後に見せたのが写真のこの表情。満面の笑みからは、台湾の卓球選手との恋愛がうまくいっていることが想像できるが、笑ってばかりもいられない。 現在の世界ランキングは、石川佳純(23)が4位で五輪シングルスでは第2シード、同7位の福原愛は第5シードの位置にいる。石川は第2シードを確定させれば同2位で第…

中国でファン急増/(C)日刊ゲンダイ

実力、人気とも福原愛超え 石川佳純が中国でモテモテ

中国では、国内スーパーリーグに参戦し、中国語もペラペラの福原愛(25)の人気が高い。それがロンドン五輪シングルス準決勝と団体決勝で中国選手に敗れた石川のプレーを見て、男性ファンが急増したのだ。 昨年3月、中国・広州で行われた団体戦のワールドチームクラシックで石川が流暢(りゅうちょう)な中国語でインタビューに答えたことも話題になり、さらにファンが増えたという。現地記者…

結婚会見で指輪を見せる2人

ドイツで新婚生活の福原愛&江宏傑 元旦に台北で披露宴

複数の台湾メディアが報じたところによれば、ロンドン、リオ両五輪団体メダリストの福原愛(28)と台湾代表の江宏傑(27)が来年1月1日に台北市内で行うという。披露宴の前には2人揃って記者会見を開き、今後の将来設計などについても明らかにする。 休養中の福原は来年1月の全日本選手権も欠場。2人は現在、ドイツで新婚生活を送っているという。…

左手薬指にはめた結婚指輪を披露

福原愛 着物姿で夫をお披露目「変わらず応援してくれる」

卓球の福原愛(27)が21日午前11時から都内のホテルで記者会見を開き、夫で台湾人選手の江宏傑(27)と共に結婚を報告した。 中国、台湾でも大人気の福原の結婚報告を取材するために集まった中国メディアなど報道陣約200人を前に、振り袖姿で登場した福原は「9月1日に結婚させていただきましたことをご報告させていただきます」。そして夫の江を呼び、紹介した。 福原は江の魅力に…

愛ちゃんはついに人妻に

福原愛が台湾の“卓球王子”と結婚 今後も現役続行の意向

リオ五輪卓球女子団体銅メダルの福原愛(27)が卓球台湾代表の江宏傑(27)と入籍していたことが分かった。 8日の日刊スポーツによると、福原と江は今月上旬、東京都内の区役所に婚姻届を提出した。当面は別々に暮らし、国籍も2人とも変更せず、姓名も別称のままだ。妊娠はしていないという。 交際が始まったのは2015年春。前年末に福原が腰痛で長期欠場した際、江がSNSを通じて“…

畠山愛理(左)と吉田沙保里

吉田沙保里、福原愛…4年後は“リオ世代タレント”大混戦

たとえば福原愛(27)。幼少期からテレビに出演するベテランでタレントとしてのキャリアは十分。4年後については言葉を濁しており、今後はコーチを務めながらタレント活動する可能性もある。 ほかにも、ロンドン五輪で金メダル獲得後、天然発言が注目された柔道57キロ級の松本薫(28=リオは銅)や父子で活躍してきたウエートリフティング48キロ級の銅メダリスト、三宅宏美(30)な…

会見した石川、福原、伊藤

団体銅の福原愛 4年後に言葉濁す「まずはゆっくり休む」

リオ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛(27)、石川佳純(23)、伊藤美誠(15)の3人がリオ市内で会見を開いた。 チーム最年長で主将の福原は「昨日は試合が終わってからずっと夢なんじゃないかという思いが強かったけど、だんだん実感が湧いてきた」と笑顔。一方、最年少の伊藤は「メダルを取ることが目標だったので、首にかけてもらってうれしい。(日本に)帰ったらお肉…

このまま結婚に一直線

リオでもラブラブ 福原愛と台湾人の恋人に“格差婚”の障害

卓球女子日本代表の福原愛(27)。やはり卓球選手で、台湾代表の「ジャン君」こと江宏傑(27)との交際でも注目を集め、五輪真っただ中のリオでは競技場の外で“恋の熱戦”を繰り広げている。 開会式で福原は入場行進で笑顔を振りまいた後、噂の恋人とツーショットの記念写真を撮り、練習場では隣り合わせのコートで汗を流す。その視線が恋人に向かう瞬間を狙ってカメラの放列ができていた…

すっかり頼もしくなった福原愛

メダル狙う福原愛 “総決算の舞台”で見せるキャプテンシー

4度目の五輪出場となる福原愛(27=世界ランク8位・第6シード)は、同4位で第2シードのフェン・ティアンウェイ(29=シンガポール)に4-0。3試合連続のストレート勝ちで準決勝進出を決めた。五輪のベスト4進出は自身初だ。 絶対に負けるわけにはいかない相手だった。 通算対戦成績3勝14敗。もっか5連敗中と苦手なフェンは、ロンドン大会の3位決定戦で石川佳純(23)を破っ…

北朝鮮のカットマンを攻略

福原愛 北朝鮮にストレート勝ちでベスト8の“ノルマ達成”

アテネから4大会連続出場の福原愛(27)がリオ五輪卓球シングルス4回戦で北朝鮮のエース、リ・ミョンスン(24)をストレートで下して2大会連続のベスト8進出を決めた。 相手は世界で三本の指に入るカットマン。過去の対戦で負けたことがあり、日本のエース石川佳純が初戦で北朝鮮のカットマンに敗れていただけに嫌なムードがあった。 しかし第1ゲームからフォアハンド、バックハンドで…

練習中の福原愛

香港選手に初戦敗退…福原愛に囁かれる“リオ五輪の花道”

リオ五輪代表の福原愛(27)、石川佳純(23)、伊藤美誠(15)が揃って出場するも、いずれも2回戦までに姿を消した。 問題はランクによって振り分けられるリオ五輪でのシード権だ。第1シードから第4シードまでの選手は、準決勝まで直接対戦することはない。現在、石川は世界ランク4位、福原は同7位。しかし、五輪のシングルスに出場できるのは各国2人まで。世界ランクの上位には中国…

恋人と仲良く“敗退”…

恋人敗退ショック? 福原愛が卓球リオ単予選で格下に黒星

福原愛(27=同6位)は、地元香港の李皓晴(同22位)と対戦。3-4で負けたが、それもそのはずだ。 この大会でにわかに注目を集めることになった恋人の江宏傑(27=台湾・同72位)が、水谷隼(26=同7位)相手に善戦したものの2-4で敗れたからだ。規定により、リオ五輪出場は間違いない福原は、五輪が終われば結婚するともいわれている。 「また課題が見つかったという感じ。も…

リオ五輪代表を狙う福原愛

リオ五輪狙う女子卓球・福原愛 “佳純超え”かけてWTへ

卓球女子の福原愛(26)が17日、ワールドツアー(WT)のブルガリア・オープン(19日開幕)に向けて成田を発った。 卓球のリオ五輪代表候補は、9月に発表される世界ランクで決まる。男女とも、世界ランクの日本人上位2人は個人戦代表となり、来年4月のアジア大陸予選で11枠を懸けて戦う。 もう一人の団体戦要員は、過去の実績などを考慮して強化本部が決める。 福原は現在世界ラン…

中国の丁寧を破りガッツポーズ/(C)AP

世界2位から大金星の福原愛 新コーチでフォアハンド進化

アジア大会の女子卓球団体決勝は、日本が中国に1―3で敗れて銀メダルに終わったが、1番手に登場した世界ランク14位福原愛は、同2位の丁寧を3-1で破り、今大会1試合も落としていなかった王国から初めて1勝をもぎとった。 丁寧は170センチの長身サウスポーでロンドン五輪シングルスの銀メダリスト。福原はこれまで5戦して全敗の強敵だが、この日は得意のバックハンドに比べると「か…

福原愛(左)と浅田真央で明暗はっきり

浅田真央は全日本惨敗12位 “天才少女”愛と明暗はっきり

■福原はメダル2個とイケメンをゲット ジュニア時代から国民に愛されてきたアスリートといえば、卓球の福原愛(28)もそうだ。3歳からラケットを握り、泣きながら厳しい練習をこなす姿がテレビで取り上げられた「泣き虫愛ちゃん」は、すぐにお茶の間の人気者になった。 「ともに嫌みのないキャラクターの2人は、競技中継では数字(視聴率)の取れる選手ですが、今では明暗クッキリです」…

村上恭和監督

リオ女子卓球団体“誤算の真相”

独戦1番手・伊藤美誠まさかの大逆転負けが痛手に

直後にキャプテンの福原愛(27)は苦しかった胸の内を吐露して泣いた。その団体戦や、エース石川佳純(23)が初戦負けを喫したシングルスなどの舞台裏を、女子日本代表監督だった村上恭和氏(58)に聞いた。 ■勝ちを計算していたダブルス ――悔しい思いをしたドイツ戦ですが、帰化した元中国選手が2人いました。 「ロンドン五輪後、ハン・イン(当時世界ランク7位)とシャン・シャオ…

惜しくも銀メダルの卓球女子

世界銀の卓球と明暗 “内弁慶”招いた男子マラソンの体たらく

例えば福原愛(27)は高校時代の06年に、中国で最もレベルの高いスーパーリーグに参加。4年後にも同リーグでプレーした。同じチームには、この日の第1試合でストレート負けした世界ランク1位の劉詩雯(24)が在籍しており、高度な技を盗んだ。 男子の水谷隼(26)は卓球協会の強化策で中学2年の時にドイツのブンデスリーガに参戦。中国スーパーリーグにも参戦し、北京五輪金メダル…

ダークホースの17歳

世界卓球トップ内定 “4人目”加藤美優が黄金世代を脅かす

女子シングルスでベスト32(5回戦)まで勝ち上がり、小学生での4勝は福原愛(28)の3勝を抜く史上最年少記録で注目された。15年シーズンから卓球ブンデスリーガのクラブに加入。今年は21歳以下の国際大会で3回優勝するなど、「黄金世代」にケンカを売るほどの実力をつけてきた。 加藤の世界ランキングは現在37位。ちなみに、各選手の同ランクは石川5位、伊藤9位、平野11位、浜…

(左から)世界ジュニア選手権女子団体で優勝した伊藤美誠、平野美宇、加藤美優、早田ひな

五輪候補に急浮上 「黄金世代」新ヒロイン早田ひなの実力

前卓球女子日本代表監督の村上恭和氏(現日本生命女子卓球部監督)によれば、「福原愛、石川佳純など、個別に才能のある選手はいたが、ここまで能力のある選手が揃った世代はない」という。よってこの3人は「黄金世代」と呼ばれているが、それぞれ持ち味が違う。 前出の村上氏が言う。 「美誠はアイデアが豊富で戦術家。美宇はミスが少なく安定感がありコースを突く。この2人や福原と石川の身…

メダリストは参加しないのか

愛も佳純も出場せず? 卓球新リーグに早くも囁かれる不安

日本卓球リーグは実業団の強豪チームが覇を競うが、そこにリオ五輪女子団体で銅メダルを獲得した福原愛(28)、石川佳純(23)、伊藤美誠(16)や、男子シングルスで初のメダルを獲得した水谷隼(27)の名前はない。つまり、日本卓球リーグは「プロリーグ」という位置付けながらトッププロが不在ということになる。 日本代表候補選手は国際大会を中心に転戦している。選手の最終目的は五…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事