日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

奥田靖己特集

脱力グリップだからヘッドが走る

【奥田靖己】ゆるゆるグリップでヘッドに仕事をさせる


ゴルフファンの多くは、奥田靖己プロという名前を聞くとゴルフ誌によく取り上げられる“ゆるゆるグリップ”をすぐさま連想するでしょう。僕も、奥田プロのスイングを見ていて、いつも羨ましいと思うのは、ふわりと柔らかく握っているグリッププレッシャーです。 レギュラーツアー6勝、シニアツアー2勝の中でも、特に強烈な印象を残してくれたのは、琵琶湖CCで開催された1993年日本オープンでした。 通算3アンダーの単…

イラスト・ボギーマン

パットはアドレスに入ったら2秒以内に始動


「カップを見ながら素振りをして距離感を掴んだら、顔をボールに戻して時間をかけずに2秒以内で打つほうがいい」と、奥田靖己を取材したときに教わった。アドレスしてジーッとボールを見て時間をかけると、距離感が消えてしまうというのだ。カップを見ながら2、3回素振りをし、顔をボールに戻すと同時にテークバックする練習をするといい。…

イラスト・ボギーマン

バックスイングとダウンスイングは同じゆっくりテンポ


ダウンスイングを始めるとき誰かに見てもらい、クラブフェースのスコアリングライン(フェースの溝)が見えるぐらいのテンポで下ろしてくる」 奥田靖己を取材しながら、そう教わったことがある。…

イラスト・ボギーマン

ヘッドを振れば体は自然についてくる


クラブヘッドが振れれば体もついてくる」と、奥田靖己に教わった。 昔、小針春芳を取材したときも同じようなことを言われた。 「ヘッドのことだけ考えてスイングすると、体や腕の力が抜けてクラブがよく振れるようになる」 取材が終わった後、そう言って、実際にボールを打たされた。 かつて、「百万ドルのインストラクター」といわれ、アメリカで絶大の人気を誇ったボブ・トスキのゴルフスクールに入ったときも、「クラブを…

イラスト・ボギーマン

クラブは背中に向かってヘッドを回す


フォロースルーで左腕を伸ばそうとしないで左ひじをたたんでやるとヘッドを丸く振れる」 奥田靖己を取材したとき、そう言って、フィニッシュでクラブを背中にぶつけるつもりでヘッドを回し切る(振り切る)練習をさせられたことがある。 ボールに向かってクラブを振ってやろうとしないで、インパクトは通過点だと思って、フィニッシュをイメージしておいて背中に向かってヘッドを回してやること。一般アマチュアは目標に向かっ…

イラスト・ボギーマン

グリップ位置は体の中心からはずさない


シニアツアーで活躍している奥田靖己を取材したときにスライスの直し方について聞いてみると、「スライスして目標の右に曲がるのはヘッドが振れていないから。そのひと言に尽きる」と言われた。 では、どうしてヘッドが振れないのかというと、「インパクトで手を飛球方向にずらして、グリップエンドを体の前からはずしてしまっているからだ」と奥田。 だから、インサイドアウトでもなければアウトサイドインでもなく、インサ…

イラスト・ボギーマン

ボールを飛ばすときはクローズスタンス


けれども、シニアツアーで活躍している奥田靖己は右足をかなり後ろに引いたクローズスタンスで構えている。 といっても、フックボールを打つためにクローズに構えているのではない。どんなショットをするときでも奥田はクローズスタンスである。 彼にとっては、クローズスタンスが基本だというのだ。 ただし、スタンスはクローズに構えても上体は右に向けずに、やや開いて構えている。両足を結ぶラインは目標のかなり右を向い…

イラスト・ボギーマン

トップとフィニッシュは左右対称


左ひじにゆとりをもたせ、左腕は弓なりにたわませたほうがヘッドを丸く振れるのでヘッドスピードも出る」と言うのは奥田靖己。 「左腕を真っすぐ」とうるさくいわれているけれど、無理に伸ばそうとすると上体に力が入るだけ。ヘッドを丸く振ることができないのでヘッドは走らない(スピードが出ない)というのだ。 バックスイングするときは右肩を後ろに引くようにして、右ひじを曲げて(たたんで)右肩に向かって右手を上げて…

イラスト・ボギーマン

スイングは首の付け根を動かさずに体を回す


バックスイングするとき、「クラブヘッドを目で追うようにして見ると左肩がよく入る」と奥田靖己に教わったことがある。…

イラスト・ボギーマン

フォローする―は体の近くで左手を小さく使う


体の近くで左手を小さく使うほうがヘッドは大きく回る」と奥田靖己。 左手を小さく使ったほうが、ヘッドの運動量は大きくなるというのだ。 「左ひじを体の近くでたたんでやると、左手の外側を右手が振り抜けていくのでヘッドはよく回る」と、田原紘にはフォロースルーで左手(腕)を伸ばさないで短く使えと教わった。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事