日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

青木裕子特集

13年3月に結婚/(C)日刊ゲンダイ

ナイナイ矢部の浮気を暴露した妻・青木裕子のソロバン勘定


21日、元TBSでフリーアナウンサーの青木裕子(31)がフォトブック「母、妻、ときどき青木裕子」(講談社)の出版記念イベントを開催。今年3月に第1子となる長男を出産後、初の公の場となった青木は、夫の「ナインティナイン」矢部浩之(43)の「女性問題」をネタにするという“荒業”で報道陣を驚かせた。 冒頭の発言は著書の中で矢部と大ゲンカの末に家出したことがつづられているくだり。その詳細を問われると、「…

元ミス慶応の面々(左から)中野美奈子、青木裕子、竹内由恵アナ

不祥事で中止 なぜミス慶応から局アナが輩出されるのか?


局アナの登竜門とされていて、95年に與芝由三栄(NHK)、99年は中野美奈子(フジ)、00年は鈴江奈々(日テレ)、01年が青木裕子(TBS)、06年が竹内由恵(テレビ朝日)、12年が小沢陽子(フジ)、13年が宇内梨沙(TBS)といった具合。 局アナの競争率は「1万人に1人」ともいわれるが、ミス慶応の中には医師になったり、そのままタレントとして芸能界入りした人もいるから、女子アナ志望者に限ってみれ…

笹川友里アナ(本人のインスタグラムから)と太田雄貴選手

熱愛の笹川友里アナ “リオ五輪後に結婚”ならTBSは大弱り


エース候補として局内の期待も大きかっただけに、早くも笹川アナの後任探しが始まっているそうです」(マスコミ関係者) TBSには青木裕子(33)や枡田絵理奈(30)のように結婚を機にフリーへ転身した先輩もいる。発売中のファッション誌「JJ」では「いつかは結婚してママアナになることも夢」とも語っていた笹川アナ。ADから女子アナへの“下克上”を果たし、次に狙う「アスリート妻」というポジションも内定確実。…

テレビでは痴話喧嘩を披露も…/(C)日刊ゲンダイ

田中みな実&オリラジ藤森に「破局」情報…仕事優先で決断か


その2人とは田中と姉妹のように仲が良かった青木裕子アナと、ぶりっ子アナとして一世を風靡した小林麻耶アナだという。 「青木は退社後、ナイナイの矢部浩之と結婚して出産。いまは育児に専念しているため、フリーとしての実績はゼロ。今後、彼女が表舞台に復帰することは難しく専業主婦の道を歩むでしょう。小林は小林で、気が付けば唯一のレギュラー番組『バイキング』(フジテレビ系)で結婚できないイタい女のキャラクター…

ミスキャンパスコンテストの頃の古谷有美/(C)日刊ゲンダイ

TBS「スポーツの顔」古谷有美アナが放つ“小悪魔的”色気


過去には進藤晶子(42)、青木裕子(31)といった局の看板アナが担当していたポジションだけに期待の高さがうかがえる。 1浪して入学した上智大在学時にはミスソフィア(08年)に選ばれ、非帰国子女ながらTOEICは890点。5歳からクラシックバレエを習い、フルマラソンを5時間10分台で完走する。容姿端麗、文武両道にして、局の若手がさまざまな企画に挑戦する深夜バラエティー「女子アナの罰」のカラオケ対決…

日本シリーズでも活躍していたが…/(C)日刊ゲンダイ

女子アナたちの球場での意外な評判…現場で拾った“生の声”


かつて悪評ふんぷんだったのが「ナインティナイン」矢部浩之(42)の妻で元TBSアナの青木裕子(31)。 「スレンダーな体形なのでモデル系が好みの選手からは『かわいい』と言われていましたが、各チーム2時間はある練習時間中、ただボーッと突っ立っているだけ。そばを通った選手や監督に挨拶もせずに棒立ちで、チーム内からは『愛想が悪い』、報道陣からは『邪魔』と陰口を叩かれていた」(球界関係者) プロ野球選…

いまやデザイナー兼社長/(C)日刊ゲンダイ

グラビア復帰 大原かおりが語った仕事急減と激太り“秘話”


雛形あきこさんの次の世代で、青木裕子ちゃん、私と続く巨乳ブームの真っ最中で、その後もレギュラーが決まり、グラビアや写真集やイメージビデオの話もきた。写真集も売れて、事務所からは歩合でもらってたし、私は物欲がないのでお金は貯まりましたね。お父さんに車を買ってあげたり、家族旅行に使うくらいでした。 でも、太りやすい体質なのに食べるのが大好きで、ずーっと食べてたかった。チョコが大好き。ケチャップも好き…

「いいお付き合いをしたいですね」とお惚気/(C)日刊ゲンダイ

“濱口効果”でオファー急増! 南明奈のシタタカ人生設計


交際が順調にいって、2人に結婚の覚悟ができれば、矢部浩之と青木裕子アナの結婚報告のときのように、番組を使ってひとつのイベントにするかもしれません。もし結婚すれば、加藤浩次の嫁のように、芸能界から一線を引いたとしても『濱口の嫁』としてテレビに出ることができる。南にとってはオイシイ相手。以前、交際していた『Kis―My―Ft2』の玉森裕太とはジャニーズの看板が邪魔してうまくいかなかった。彼女も学習し…

女性にはめっぽう弱い/(C)日刊ゲンダイ

2人の「ひろゆき」に先越され…ナイナイ岡村に春は来る?


どんどん取り残されていく……」 相方の矢部浩之(42)は昨年、元TBSアナの青木裕子(31)と結婚。2人の“ひろゆき”に先を越されたとあって、焦りは加速している。 「今年は同棲がしたい。自分を変えていかなければと思っているけど……。無理なら、女性と海外旅行に行ってみたい」と目標を語ったが、「(恋愛すると)僕が勝手に運を吸い取られていると思ってしまう。運を吸い取られる恐怖もあって、こっちからいけな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事