日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中原英臣特集

None

中原英臣 任天堂・岩田聡社長は人間ドックを受けていたのに手遅れだったのはなぜですか?


山野医療専門学校副校長で医学博士の中原英臣氏に聞いた。 健康診断を受けても直後に亡くなってしまうのはなぜですか? 「健康診断は、受けた日の“日記”のようなものです。あくまで、今日の健康状態が分かるに過ぎない。そもそも厚生労働科学研究班が、『最新の科学的知見に基づいた保健事業に係る調査研究』で、主要24項目のうち、心電図測定や胸部Ⅹ線など16項目は、医学的根拠が乏しいことを認めています。胸部Ⅹ線は…

4日、リオの海でセーリングの練習をする米国男子チーム

致死率50%! リオで蔓延「スーパーバクテリア」の恐怖


山野医療専門学校副校長の中原英臣氏(ウイルス学)がこう言う。 「スーパーバクテリアは抗生物質が効かない細菌のことを指し、現代の医学では治療方法がないのが特徴です。水以外にもいろいろな場所に潜んでいます。かかると肺炎などの症状を起こし、体の弱いお年寄りや子どもがかかれば、かなり危険です」 セーリングのドイツ代表、エリック・ハイル選手は、2015年にグアナバラ湾で練習中、このスーパーバクテリアに感染…

「ウイルス感染から身を守る方法」中原英臣著


(河出書房新社 1400円)…

「こんな健康法はおやめなさい」中原英臣著


(PHP研究所 1300円)…

写真はイメージ

患者数は10年で5割増 ゆとり世代で「突然死」急増のナゼ


ただ近年、ストレス要因を中心とした20代の発症例は増えています」(山野医療専門学校副校長で医学博士の中原英臣氏) 年間7万人が死亡する脳梗塞のうち、若年性は約1割。若年性の患者数はこの10年で5割も増えている。 20代半ば~後半のゆとり世代がなぜ突然死するのか。心理学博士の鈴木丈織氏が言う。 「ゆとり世代の特徴として、親に甘やかされてきたこと、学校の規則も緩く伸び伸び育てられてきました。ストレス…

公立学校の教室を燻蒸する市役所職員(ホンジュラス)

WHO緊急事態宣言も対策なし 「ジカ熱」日本上陸のXデー


今のところ国内で感染した例はないというが、新渡戸文化短大名誉学長の中原英臣氏(ウイルス学)は「今後日本に上陸する危険性は高い」とこう続ける。 「流行地のブラジルでは8月にリオ五輪が開催され、日本からも渡航者が増える。現地で蚊に刺されないように注意する必要がありますが、その一方で来日する外国人観光客も年々増えています。“水際”でどこまで食い止められるか」 ■セックスでも感染の恐れ ジカ熱の主な症状…

大寒波だから危ない

室内寒暖差で突然死も 中高年の“一番風呂”は冬こそ避ける


山野医療専門学校副校長で医学博士の中原英臣氏は言う。 「室内の寒暖差が突然死の原因になります。部屋は暖かいのに冷たい風呂場に移動し、裸になる。血圧が急上昇し、脳出血などを起こすのです。北海道や、青森県のような東北地方は外気が冷たい分、部屋全体を暖めているため、住宅内の温度が均一で、むしろ事故が起こりにくいのです」 死者数は別表(3)で分かるように50代と60代で4倍近く違う。60代以上の高齢者…

白髪がサマになる吉川晃司(左)と緒形拳

“白髪フェチ”女性増 「あえてロマンスグレー」なぜモテる


化学薬品の入っているカラーリング剤は使用を避けるか、価格が高くても、添加物の入っていない天然由来のカラーリング剤を選ぶことです」(山野医療専門学校副校長で医学博士の中原英臣氏) やはり、自然の摂理に任せるのが一番らしい。…

None

4次感染まで…日本人1号に備え「MERS」関連銘柄に思惑買い


その期間に感染者が日本の空港の検疫所をすり抜けて、国内で発症する可能性は十分あると思います」(山野医療専門学校副校長の中原英臣氏=ウイルス学) “日本初上陸”に備えた動きも活発化している。例えば、愛知県豊橋市のメッシュ製品の製造会社「くればぁ」が作る約1万円の超高級マスクが、飛ぶように売れている。 「6月10日までの2週間に10万枚売れました。昨年の今ごろは1日1000枚弱だった生産数が、現在は…

ブロック崩しゲームの記録保持者でも…

大山のぶ代さんは認知症に…脳トレゲーム「予防効果」なし?


医学界でも、この数年で否定の動きが出ています」 新渡戸文化短大学長の中原英臣氏(医学博士)も同意見だ。 「脳トレすれば、認知症予防になるというのは、現時点で、医学的根拠がありません。10年にロンドン大などが1万人以上を対象にした実験で『健康な人の認知能力を高める効果は期待できない』とネイチャー誌で発表しているし、医学的に、脳トレで予防や進行を抑える効果は認められていません。そもそもアルツハイマー…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事