日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高梨沙羅特集

すっかり大人っぽくなった高梨沙羅

クッキリ二重の美人に成長 高梨沙羅の“変貌”にネット騒然


スキージャンプの国内開幕戦、30日のNHK杯に圧勝した高梨沙羅(20)のビジュアルに改めて注目が集まっているのだ。 この日の高梨は、1回目に134メートルの最長不倒をマーク。2回目も130メートルを飛び、2位に68・6点もの大差をつけた。写真は、控えめな笑みをたたえた表彰台でのひとコマである。 インターネットの大手検索サイトに「高梨沙羅」と入力すると、検索予測ワードの上位に「二重」「目」と出てく…

メークデビューは今年の春ごろ

高梨沙羅が“疑惑”に言及 メークは「見よう見真似で…」


「スッピンは絶対にできない!」 渋谷のギャルのような言葉の主は、スキージャンプの高梨沙羅(20)。31日、スポーツ用品メーカー・オークリー社との用具契約締結発表会見に、オールブラックのシックな衣装にピアスを着け、シルバーのネイルを輝かせて登場した。 「オークリーさんのゴーグルを着けてビックリしたのは、私のこのノッペリした顔にぴったり合うゴーグルがあるんだということです」 そう自虐的にコメントした…

W杯総合覇者として表彰された高梨沙羅

ジャンプ高梨沙羅 ライバル不在の“狭間”でW杯総合Vの真価


22日に凱旋帰国したノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(19)が満足そうに振り返った。高梨は今季のW杯で10連勝を含む17戦14勝で圧勝し、2季ぶりにタイトルを奪還。20日の表彰式(スロベニア)では、3度目のクリスタルトロフィーを手にしたが、今季の圧勝劇を「うのみ」にしてはいけない。 今年は五輪や世界選手権というビッグイベントがない、いわゆる「狭間」のシーズンだ。強豪選手たちは、故障を完…

高梨沙羅

“独走”で女王に返り咲き 高梨沙羅が3度目のW杯総合優勝


ノルディックスキー女子ジャンプのエース、高梨沙羅(19)が19日、フィンランドのラハティで行われたW杯で優勝し、今季12勝目を挙げて4戦を残した段階で3度目の個人総合優勝を決めた。写真(ゲッティ共同)はジャンプ台をバックに笑顔の高梨。高梨は今季ここまで14試合を戦い、10連勝を含む11勝を挙げ、W杯総合ランキングトップを独走し、第15戦に臨んだ。 高梨は1回目に96.5メートル、2回目に99.5…

今季は独走状態の高梨

W杯自身初の8連勝 敵なし高梨沙羅に心配なFISの“イジメ”


ノルディックスキー女子ジャンプW杯ノルウェー・オスロ大会(HS134メートル)が4日(日本時間5日)に行われ、高梨沙羅(19)が1回目に最長不倒の137.5メートル、2回目136メートルを飛んで合計305.8点で優勝。同大会3連覇を果たし、自身初の8連勝で今季9勝目をマーク。W杯通算39勝目とした。これで総合得点を980点に伸ばしてトップをキープ。2位に付けているダニエラ・イラシュコ(32)に…

2勝目に笑顔の高梨沙羅

女子W杯 高梨沙羅が「ジャンプ台記録」連続更新で2勝目


ノルディックスキー女子ジャンプのW杯(ロシア・ニジニタギル)は13日、個人第3戦(HS97メートル、K点90メートル)を行い、高梨沙羅(19)が1回目98メートル、2回目には最長不倒の99メートルを飛んで、いずれもトップの得点で合計257.1点で今季2勝目。1回目で更新したニジニタギルのジャンプ台記録を、2回目であっさりと塗り替えた。 12日の第2戦は2回目で失速して逆転負けで2位に終わった。こ…

昨シーズンは体重減に悩まされた

ジャンプW杯開幕Vの高梨沙羅 女王奪還へ唯一の不安は


日本のエース高梨沙羅(19)は95.5メートルと97.5メートルを飛び、251.7点でW杯通算31勝目を挙げた。 その高梨は13-14年シーズン以来2季ぶりの総合優勝を目指す。開幕を前に行われた3日の公式練習では94・5メートル、99メートルとヒルサイズ(100メートル)に迫る大飛躍を披露し、順調な仕上がりをアピールした。 日本代表本隊とは別に11月上旬に渡欧。フィンランドで雪上合宿を行い開幕に…

今季は何度表彰台に立てるか

合宿の手応え語るも ジャンプ高梨沙羅女王奪還は“視界不良”


ノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(19)。近日中にもオーストリアで合宿を行い、12月4日からのW杯初戦(ノルウェー・リレハンメル大会)に備える。現地では約2週間の雪上練習をこなすという。 高梨は昨季、スタミナ不足もあってシーズン中盤に失速。3年連続の総合優勝を逃した反省から今季は例年よりも1カ月以上早く始動し、雪上練習にも取り組んだ。 シーズン中は体重の増減が激しいため、身長と体重によっ…

女王奪還に意欲を燃やす高梨沙羅

“文武両道”のペース配分も順調 高梨沙羅「女王奪還」なるか


12月に開幕するW杯に向け、ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(19=写真)が合宿を公開した。 かつては「ジャンプの女王」の名をほしいままにしていた高梨も、日体大に入学した昨年から成績が下降。なにせ、本気で学業に取り組んでいるのだからそれも無理はない。遠征先でも夜が更けるまでノートと格闘する日々が続き、2連覇していたW杯総合優勝も昨季で途切れてしまった。 しかし、ようやく学業と競技の「ペ…

2年ぶりの女王奪還を狙う高梨沙羅

女王奪還は大丈夫? ジャンプ高梨沙羅が“文武両道”に拍車


今季は2年ぶりのW杯総合優勝を目指すノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(18)。女王の座の奪還をかけて臨むが、先行きは極めて不透明だ。 高梨は昨年、日体大に入学してから、シーズン中の遠征や合宿などで講義に出席できない時は同級生の協力を得て、リポートを欠かさずに提出するなど、競技と学業の両立を図っている。高梨は単に「大卒」の肩書を得るためだけでなく、本気で勉学に励んでいるという。 高梨が通う…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事